ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

「アディダス ブランドセンター 原宿」がオープン!

Photo by アディダス ジャパン株式会社

アディダスのサステナビリティを体感することのできる新たな直営店舗「アディダス ブランドセンター 原宿」が原宿にオープンしました。

すべての照明設備にLED照明を採用し、エネルギー最適化検証をおこなうなどエネルギー効率を上げているほか、ごみの徹底した分別管理や店舗開発工事時に発生する建設廃棄物のリサイクル推進など、環境に配慮した店舗設計が実現されています。

Photo by アディダス ジャパン株式会社

また、スニーカークリーニングサービス「SNEAKER SERVICE」や給水スポット、オリジナルボトルの販売サービス「ウォーターファウンテン & ウォーターボトル」といった国内店舗初となるサービスも展開しています。

店舗の特徴

国内店舗初!SNEAKER SERVICE

Photo by アディダス ジャパン株式会社

国内アディダス直営店では初めてとなる、スニーカークリーニングサービスが設置されています。シューズ表面クリーニングのような手軽なお手入れから、本格的なクリーニングまで頼むことができます。

Photo by アディダス ジャパン株式会社

■料金:
A. EXPRESS CLEAN:無料
B. BASIC CLEAN:2,200円(税込)
C. PREMIUM CLEAN:2,750円(税込)
※EXPRESS CLEANは表面のみの簡単なお手入れです。
※adiCLUBメンバーはPREMIUM CLEANを2,500円(税込)にてご利用いただけます。

ウォーターファウンテン & ウォーターボトルが設置

Photo by アディダス ジャパン株式会社

店舗内1Fには、無料で利用できる給水スポットと、オリジナルウォーターボトルの販売エリアが設置。

Photo by アディダス ジャパン株式会社

お買い物中やランニング時の給水などさまざまなシーンで利用することができます。

国内最大のアウトドア商品エリア

国内のアディダス店舗では最大級となる、43㎡の面積を備えたアウトドアエリアが展開。メンズ、ウィメンズのフットウェアやアパレルを中心に国内店舗最多となる50種類以上※の品ぞろえです。 ※店舗オープン時点

アディダス アプリと連動したスマートな買い物体験

また、アディダス公式スマートフォンアプリでは、インストアモード機能が追加。店内でアプリを起動し希望の商品を撮影すると、在庫状況をその場で確認することができます。

また、そのままアプリ上で試し履き依頼をすると、スタッフが希望のサイズを持ってきてくれます。

※本サービスはアディダス ブランドセンター 渋谷、RAYARD MIYASHITA PARK、アディダス ブランドコアストア 新宿・銀座・名古屋、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 新宿・原宿でも体験可能です。

アーティストコラボレーション

Photo by アディダス ジャパン株式会社

店内2Fは、拾った海洋ごみをアートへ昇華させる取り組みをおこなう「hi-dutch / Takahiro Hida」が、アディダスの商品をモチーフに、廃棄になったシューレース(靴紐)を彼特有の技法を用い独創的なアート作品へと仕上げています。

Photo by アディダス ジャパン株式会社

また、「plantica / TADAHISA OHKURI」がアディダス オリジナルスのアイコンとなるSUPERSTAR / STANSMITH / FORUMに着目し、それらで半永久的な陶器作品を作り上げました。店内B1Fでは、その陶器を花瓶に見立て、植物と融合させた、彼らならではのサステナブルな表現を楽しむこともできます。
Photos:12枚
ディダス ジャパン株式会社
アディダス ジャパン株式会社
アディダス ジャパン株式会社
アディダス ジャパン株式会社
アディダス ジャパン株式会社
アディダス ジャパン株式会社
hi-dutch / Takahiro Hida
plantica / TADAHISA OHKURI
アディダスとオールバーズのコラボレーションによる「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」
「アディダス ブランドセンター 原宿」オープニング記念ノベルティ
「アディダス ブランドセンター 原宿」
ディダス ジャパン株式会社
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ