ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

現役女子学生。macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生…もっとみる

「東京エディション虎ノ門」にてSHUN SUDOの個展‘Patio(パティオ)’が開催

Photo by china0515

2021年10月9日(土)~10月14日(木)、東京エディション虎ノ門にてアーティストのSHUN SUDOとコラボレーションし個展 ‘Patio(パティオ)’ が開催されています。開催を記念して、同ホテル31階のLobby Bar、レストランThe Blue Roomにて10月8日(金)~10月14日(木)の期間限定でコラボレーションメニューも提供されています。一人のアーティストが’パティオ’で描いた日本の秋を、 エディションがシンプルかつ洗練された食の体験として表現しています。

Photo by SHUN SUDO STUDIO

個展ではスペイン語で “庭” を意味する「パティオ(Patio)」をテーマに計の15点の作品がそろいます。ユニークさのなかに繊細さも感じられる、素敵な作品を楽しめます。

Patio パティオ

Photo by china0515

アルコールカクテル:2,200円/ゼロプルーフカクテル:1,400円(消費税・サービス料込)
パティオの作品をイメージしたコラボレーションカクテル(アルコールとノンアルコールの2種類)。ラズベリー、フレッシュハーブ、シトラスなどが織りなすフレーバーの奥行きとともに、爽やかなボタニカルの香りを纏ったウォッカベースの甘酸っぱいカクテルです。

Flower Berry Parfait フラワーベリーパフェ

Photo by china0515

2,400円(消費税・サービス料込)
フレッシュベリー、ソルベ、チョコレートアイスクリーム、ピスタチオクリーム、ぶどうゼリー、グラノーラ、フィアンティーヌを重ねた見た目も鮮やかなパフェ。花や自然のモチーフを描くSHUN SUDOの作風をイメージし、ピースアイコン “ボタンフラワー” をデザインしたチョコレートも添えてあります。

ひとつひとつの層もきれいで、ゴロっと大きくカットされたベリーもポイント。ベリーの酸味やピスタチオのコク、チョコレートの濃厚な風味を一度に楽しめる贅沢なひと品です。

「ボタンフラワー」が描かれたチョコレートも

Photo by china0515

個展の開催期間中はレストランThe Blue Roomにて、セットランチやディナーコースのデザートに “ボタンフラワー” が描かれたチョコレートが添えられます。ボタンフラワーがあるだけでデザートがさらに華やかになりますね。

芸術と食欲の秋を東京エディション虎ノ門で味わって

花や自然をモチーフに日本の秋を描いた鮮やかなSHUN SUDOの作品を、限定コラボメニューで食でも体験できます。芸術と食欲の秋をぜひ、東京エディション虎ノ門にて味わってみては?
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:5枚
東京エディション虎ノ門のSHUN SUDO個展 ‘Patio(パティオ)’
SHUN SUDOの作品 Patioパティオ1
東京エディション虎ノ門のSHUN SUDOのPatioパティオ
東京エディション虎ノ門のSHUN SUDOとのコラボメニューのフラワーベリーパフェ
東京エディション虎ノ門のSHUN SUDOとのコラボでボタンフラワーが描かれたチョコレートを添えたデザート
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ