ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

サークルK・サンクスのチーズケーキが期間限定で復刻!

Photo by muccinpurin

2021年8月31日(火)、ファミリーマートから「天使のチーズケーキ」が発売されました。

ファミリーマート40周年を記念し、かつてサークルK・サンクスで人気を博した “天使シリーズ” のなかでも、特に人気の高かったチーズケーキを再現。濃厚な窯炊きカスタードと口どけなめらかなチーズムースを合わせた極上の逸品です。

ファミリーマート「天使のチーズケーキ」

Photo by muccinpurin

「天使のチーズケーキ」190円(税込)
現在、ファミリーマートでは40周年を記念し、「みんなのおいしい思い出のそばに」と題して、人気の高かったアイテムが期間限定で復活し、勢ぞろいしています。1980年代から2010年代発売のものまで、一世を風靡したヒット商品から定番人気のロングセラー商品、全10種類が復活しているんですよ。

この記事でご紹介する「天使のチーズケーキ」もそのひとつ。かつてサークルK・サンクスで愛された天使シリーズの人気商品が、ブランド統合されたファミリーマートで待望の復活となります。サークルK・サンクスがなくなって食べられなくなった……と残念がっていた方にも朗報ですね。

Photo by muccinpurin

原材料は、デンマーク製造のナチュラルチーズ、卵、クリームなど。直径約8cm程度のカップに浅くチーズケーキが流し込んであります。

ひとつ税込190円と比較的リーズナブルなお値段。1個あたりのカロリーは187kcalと、チーズケーキにしては控えめなのがうれしいですね。

酸味とコクのバランスが絶妙

Photo by muccinpurin

蓋を開けてみると、ケーキクラム(スポンジを細かく砕いたもの)がトッピングされたチーズケーキがお目見え。昨今のブームにより、すっかりチーズケーキ=バスクチーズケーキのイメージが色濃くなりましたが、フレッシュなチーズケーキもやはり魅力的です。

Photo by muccinpurin

ケーキクラムの下にはなめらかなチーズムースが。空気をたっぷりと含んでいながらしっかり濃密なチーズムースは、レアチーズケーキよりもずっと濃厚。レモンやクリームチーズの酸味もほどよいベストなバランスです。

食べ進めると、一番底に窯炊きカスタードが薄く伸ばされていました。厚みにして約3mm程度とかなり量が少なく感じましたが、卵黄のコクがとにかく濃厚で、チーズムースと合わせて食べるとちょうどいい調和が取れましたよ。カスタードクリームが多すぎるとチーズの風味が消えてしまいかねないので、全体を通してしっかりと計算されているように感じました。

Photo by muccinpurin

口どけなめらかなチーズムース、ふんわりとしたケーキクラム、コクのある窯炊きカスタードが合わさり、まさに天使のチーズケーキにふさわしいやさしい味わいのスイーツでした。

カップの深さはかなり浅く、空気をたっぷりと含んだチーズムースは口どけがよく、あっという間に完食。食後のデザートにちょうどいいサイズですが、もう少し量があるといいかなぁ、という若干の物足りなさを感じました。

今だけの限定復刻、お早めにどうぞ♪

Photo by muccinpurin

いまファミリーマートにはスイーツ以外にも人気の具材を使ったおにぎりやお弁当など、懐かしいアイテムが勢ぞろい。限定復刻アイテムを食べながら、当時の思い出に浸ってみてはいかがでしょう。

※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:天使のチーズケーキ
■内容量:1個
■価格:190円(税込)
■カロリー:1個あたり
■販売日:2021年8月31日(火)
■販売場所:全国のファミリーマート各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
蓋を開けて皿に置かれた天使のチーズケーキ
天使のチーズケーキのパッケージ
天使のチーズケーキの原材料表示
蓋を開けた天使のチーズケーキ
スプーンですくった天使のチーズケーキ
スプーンですくった天使のチーズケーキ
天使のチーズケーキをスプーンですくう様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ