ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

懐かしの「ファミチキ 甘辛味」が期間限定で復刻登場!

Photo by muccinpurin

2021年8月31日(火)より、ファミリーマート40周年を記念し「ファミチキ 甘辛味」が数量限定で復刻販売されています。

2016年に登場し、瞬く間にファミマの看板スナックとなったファミチキ。その初のフレーバーとなる甘辛味が、肉質を変えてさらにジューシーに、おいしくなって帰ってきました!

ファミリーマート「ファミチキ 甘辛味」

Photo by muccinpurin

「ファミチキ(甘辛味)」198円(税込)
2021年で創業40周年を迎えたファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」を開催中。1980年代から2010年代まで、話題となったヒット商品や、長きにわたって愛され続けるロングセラー商品など、全部で10種類の商品が復活発売されています。

この記事では、「ファミチキ 甘辛味」をピックアップ。2006年10月から発売されているファミチキですが、フレーバーが登場したのは、2016年の甘辛味が初めてなのだとか。10年間もプレーン一本勝負だったなんて、なんとなく意外ですよね。

Photo by muccinpurin

2016年の発売当時は、肉の部位に「ドラム」と呼ばれる脚部分を使っていたそうですが、今回の復刻版は「サイ」と呼ばれる腰部分の肉を採用。よりジューシーな食感に改良されたのだそうです。にんにくとしょうがで下味をつけ、唐辛子と白こしょうをきかせたスパイシーな味付けは、当時を忠実に再現しているようですね。

ファミチキといえば、黄色と白のしましまの包み紙がおなじみ。ファミチキが取り出しやすいよう切り取り線が入っているので、買ってすぐ温かいまま食べてよし、持ち帰って袋のままレンジで温めてもよしな点がありがたいですよね。

レジ横のベストポジションに置いてあるファミチキを見ると、ついでに買ってしまう、という方も多いはず。もれなく筆者もそのひとりです。

唐辛子と白こしょうのダブルスパイシー

Photo by muccinpurin

残念ながら2016年発番当時に食べた記憶が薄れているため、純粋に復刻版の味をレビューしますね。

ドラムからサイに変わった肉部分は、しっかりとした食べ応えがありながらパサつきを感じさせず、とてもジューシー。コンビニの特性上揚げたばかりを提供するのはむずかしいはずですが、揚げ置き特有のパサつきはあまり気になりませんでしたよ。

Photo by muccinpurin

衣部分がとても分厚く、パンチのある甘辛味がガツンと攻めてきます。唐辛子と白こしょうという、相反する辛さのスパイスを絶妙にブレンドし、実に刺激的なおいしさです。ごはんが進みそうな濃い味なので、ファミマのおにぎりとセットで楽しむのもよさそうです。

子どもから大人まで広く愛されるプレーンのファミチキに対し、パンチのきいた辛さが特徴の甘辛味は、お酒のアテにぴったり。ひと口かじった瞬間「ビール、ビールください!」と叫びたくなるおつまみ感でした。

数量限定につきお早めにどうぞ!

Photo by muccinpurin

食べごたえがありジューシーなサイを使い、唐辛子と白こしょうでスパイシーにキメた甘辛味のファミチキは、子どもに内緒にしておきたい大人の味わい。お酒好きな方はぜひビールと一緒にどうぞ。数量限定に付き、早めのチェックが吉ですよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ファミチキ(甘辛味)
■内容量:1個
■価格:198円(税込)
■カロリー:1食85gあたり252kcal
■販売日:2021年8月31日(火)
■販売場所:全国のファミリーマート各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:6枚
手で持ったファミチキ 甘辛味
袋ごと皿に置かれたファミチキ甘辛味
半分に切り取られたファミチキの包み紙
半分にカットして皿にのせたファミチキ
半分にカットして手に持ったファミチキ甘辛味
皿に盛られたファミチキ甘辛味
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ