ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

コンビニ3社の人気マリトッツォを徹底比較!

Photo by donguri

ブリオッシュにたっぷりのクリームをはさんだ「マリトッツォ」。コロンとしたフォルムがかわいらしい、イタリア生まれのスイーツです。日本では2020年ごろから人気が広がり、コンビニでも次々と販売され話題を呼んでいます。

この記事では、コンビニで話題沸騰中のマリトッツォを徹底比較!「一番ボリュームがあるのは?クリームの違いは……?」そんな皆さんの疑問に答えるべく、それぞれの特徴を調べてみました♪

購入したマリトッツォは以下の3種類です。

・セブン-イレブン:マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て/248円(税込)
・ローソン:澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)/260円(税込)
・ファミリーマート:クリームシフォン マリトッツォ風/198円(税込)

コンビニ「マリトッツォ」3種の基本情報を比較

Photo by donguri

まずはサイズ・重さ・カロリーを比較し、表にしてみました。一番小さいのはセブン-イレブン、一番大きいのはファミリーマートのマリトッツォという結果に。サイズとカロリーは比例していることがわかりますね!

この結果だけを見ると、ボリューム重視の方はファミリーマートのマリトッツォがおすすめと言えそうです。しかし気になるのは味!さっそく食べ比べてみます。

コンビニ「マリトッツォ」3種の味を比較

1. セブン-イレブン「マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て」

Photo by donguri

248円(税込)
やや小ぶりではありますが、しっかりと高さがあるセブン-イレブンのマリトッツォ。空気をたっぷりと含んだふわふわのクリームが特徴的です。全体的にまん丸の形をしていて、個人的には比較する3種類のなかで一番見た目が美しいなと思いました♪

プラスチックトレーにのっているので、お皿に移さずすぐに食べることができますよ。

ミルキーなクリームにベリーソースがアクセント

Photo by donguri

ひと口食べてみると、想像以上にふわふわのクリームに驚き!口に入れた瞬間にしゅわっと消えていくような軽やかさです。とてもエアリーなクリームなのですが、ミルクのコクはしっかりと感じます。断面に見えるベリーソースの酸味がアクセントになっていますよ。

ブリオッシュは、コッペパンのようなほろほろっとした食感です。ほんのり甘くて、クリームと見事にマッチしていました。

ちなみに…

ちなみにセブン-イレブンでは、和菓子バージョン「どらやきマリトッツォ」が新しく登場!2021年8月24日(火)以降、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県のセブン-イレブンにて順次販売されています。

「どらやきマリトッツォ」のレビューはこちら▼

2. ローソン「澄ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)」

Photo by donguri

260円(税込)
ローソンのマリトッツォは、半分に折りたためるプラスチックのトレーにのっています。このトレーを使えば、手を汚さずに食べることができるんですよ♪

ローソンの公式サイトによると、ブリオッシュには国産小麦、クリームには北海道産生クリームを使用しているとのこと。材料にもしっかりとこだわったマリトッツォのようです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ