卵の殻で家中きれいに!掃除への活用アイデア3選

7. 頑固な食べ物、飲み物ジミに

頑固な汚れを落としたいけど、強い洗剤を使って服を痛めたくない……。そんなときにも卵の殻を使ってみましょう。食べものや飲みもののシミにも効果があります。沸騰したお湯に卵の殻を入れ、布巾などと一緒に煮込みます。そのあとはいつもと同じように洗濯するだけ!殻を煮込むことでお湯がアルカリ性になり、汚れが落ちやすくなりますよ。

8. クレンザーとして

卵の殻を細かく砕けば、簡易的なクレンザーとして使うことができます。食品から作れるので安心ですね。焦げ付きがひどいところにふりかけ、スポンジでこすれば焦げ付きを落とすことができます。運動靴や上履きの洗剤としても使うことができますよ♪

9. 襖の溝掃除

Photo by Snapmart

細かく砕いた卵の殻を布で包んで、襖のみぞをこすりましょう。黒ずみが取れるだけでなくすべりがよくなるので、がたついたり滑りが悪くなった襖にもいいでしょう。

卵の殻でおいしく!料理への活用アイデア3選

10. ぬか床に混ぜる

ぬか漬けが酸っぱくなるのは乳酸菌が住みすぎて、発酵しすぎているためです。卵の殻を混ぜることによって殻の成分であるカルシウムが反応し、酸味を和らげてくれます。

11. 揚げ油をきれいに

卵の殻は実は無数の細かい穴が空いています。細かく砕いた卵の殻を油に混ぜると、その細かな穴に揚げ油の黒ずみ原因である炭粒子を吸着し、黒ずみをましにしてくれます。

12. コーヒーの酸味を和らげる

卵の殻とコーヒー豆を一緒にミルで挽けば、酸味が強すぎるコーヒーの味を和らげてくれます。安く手に入ったコーヒー豆をよりおいしく飲む方法として、試してみるのもいいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ