ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ピスタチオ香るガレットサンドがお目見え

Photo by muccinpurin

2021年7月13日(火)、森永製菓より「ピスタチオガレットサンド」が発売されました。

ピスタチオ風味のクリームをほろほろ食感のガレットでサンドした逸品は、隠し味の塩が味の決め手。暑い夏にも食べやすいピスタチオアイテムを、ピスタチオラバーの筆者がレビューします。

森永製菓「ピスタチオガレットサンド」

Photo by muccinpurin

価格:オープン価格
かつては高級ナッツとも呼ばれていたピスタチオが、ここ数年のピスタチオブームにより身近な存在になりました。スーパーやコンビニのスイーツコーナーにピスタチオを使ったアイテムが並ぶことも多く、ナッツ好きを喜ばせています。

さて、この度森永製菓より発売された「ピスタチオガレットサンド」は、「ピスタチオクッキー」「ピスタチオサンドクッキー」「ミルクキャラメル<ピスタチオ味>」と並んで発売された、ピスタチオ4部作のひと品。スーパーのスイーツコーナーをピスタチオカラーに染めました。

Photo by muccinpurin

ピスタチオガレットサンドは、フランスのブルターニュで生まれた郷土菓子で、バターをたっぷりと使った生地を丸く成形し、香ばしく焼いたものを指します。正式名称はガレットブルトンヌ(ブルターニュ風)。ブルターニュ地方名産のバターを使い、ほんのり塩を利かせているのが特徴です。

ピスタチオガレットサンドの材料をチェックしてみると、小麦粉、ショートニング、砂糖、水飴、鶏卵、ピスタチオなどなど。1箱6個入りで、1個当たりのカロリーは136kcalでした。

通常のクッキーよりも大きめ

Photo by muccinpurin

一般的なクッキーと比べやや大きめの直径6cm。クッキーの一種とはいえ手で押すとややへこむやわらかさで、食べる前からほろほろなのが伝わってきます。

ピスタチオクリームからは香ばしい香りがただよい、じつにおいしそうですよ。

驚きのやわらかさ…!しっとりサクほろ

Photo by muccinpurin

ガレットは、驚くほどやわらかいサクほろ食感。手で割ってみてもサクッというよりはほろっとしたやわらかい感触です。口に入れるとほろりとほどける食感がとても新鮮ですよ。

ピスタチオクリームはほどよい軽さでしつこすぎず、ほんのりと塩味が利いていて、とても食べやすい印象。

牛乳と合わせたい…。ホロホロ食感が絶品

Photo by muccinpurin

本場のガレットブルトンヌのサクサク感とは真逆を行くホロホロ食感ですが、これはこれでおいしい。口どけのよさも相まって、大きいサイズにもかかわらず2個3個とついつい手が伸びます。コーヒーはもちろん、牛乳との相性もよさそうなので、子どものおやつにもぴったりですよ。

ただし1個136kcalですので、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

今だけの期間限定、早めのチェックがおすすめ!

Photo by muccinpurin

サクほろ食感の口どけのいいガレットに、塩味の利いた軽いピスタチオクリームがサンドされ、夏にも食べやすいお菓子でした。期間限定販売なので、気になる方は早めのチェックがおすすめですよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ピスタチオガレットサンド
■内容量:6個
■価格:オープン価格
■カロリー:1個あたり136kcal
■販売日:2021年7月13日(火)
■販売場所:全国のスーパー、小売店ほか
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
ピスタチオガレットサンドのパッケージとピスタチオガレットサンド
ピスタチオガレットサンドのパッケージ
ピスタチオガレットサンドの原材料表示
皿に盛られたピスタチオガレットサンド
袋から出したピスタチオガレットサンド
手で割って皿に盛られたピスタチオガレットサンド
ピスタチオガレットサンドのパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ