ローディング中

Loading...

牛肉の部位「ミスジ」。鉄板焼きのお店で見たこともあるかもしれませんが、具体的に牛肉のどこの部分の肉なのかご存じですか?ミスジ肉についてと、その食べ方、おいしいステーキの焼き方やアレンジレシピまで、ミスジ肉の魅力をご紹介します!ぜひ参考に!

ミスジってどこの部位?

肩甲骨のお肉

ミスジは牛の肩甲骨から手首までの部分にある肉。主に牛の肩(ウデ)の肩甲骨の内側にくっついている部分を差します。該当の部位に3枚の筋が入っていることから「ミスジ」と呼ばれるようになったといいます。

この部分はふだんあまり動かさないため、やわらかい肉質が特徴。うでの部位では1番霜降りが入る部分でです。赤身と脂身のバランスがよく、やわらかな食感ですが脂身が多すぎずくどくない味わいです。牛1頭から取れる量は2~3kg。その希少さゆえに、幻のお肉ともいわれています。

食感と味

融点(食肉の脂肪が溶け始める温度)が低いので、口の中でとろけるようで、歯切れのよいあっさりとした食感です。肉質もよく味がしっかりしており、甘みと風味を堪能できる濃厚な味わいで、霜降りの中でも格別なおいしさ。ロースやモモとは違った別世界の味わいだとか。

また、牛タンのような食感に例える人もいますが、噛むというより下で押しつぶす感じ。とろけるような感触の中にも、肉本来の旨みとしっかりした味がジュワーっと口の中に広がっていき、しつこすぎず口の中でもたつきません。

上質な赤身に、細やかなサシが乗っているため、赤身のさっぱりした味わいの中にも、柔らかさとジューシーさが同時に味わえます。ライトでありながらへヴィー、すっきりとした中にもストロングなコク、きりっとしながらもマイルドな味のコントラスト。奥深い味の四重奏です。

ステーキがおすすめ

ステーキは醤油ダレで

ミスジ肉はほどよいサイズを鉄板で焼いて食べるか、薄切り肉をすき焼きや、しゃぶしゃぶで食べるのもよいのですが、一番はステーキで食べるのが一おすすめです。ミスジは醤油との相性が非常によく、シンプルな味付けはより食感とミスジ特有の味を楽しめますよ。

サーロインやリブロースについて

ステーキで食べる印象が強いサーロイン。牛の体の丁度中央あたりにある、やわらかく、食べ応えがある人気の部位です。甘みもありジューシーで霜降りが多いのが特徴。極上のステーキに使われることが多い部分です。

リブロースもやはりステーキにおすすめの部位。サーロインの隣にある最も厚みのある部分です。こちらも霜降りが特徴。適度な脂肪分を含み、旨味もたっぷりです。ステーキの他、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ローストビーフでもおいしい部位。
▼ちなみにハラミの部位は……コチラで説明しています

おいしいミスジステーキの焼き方とポイント

常温に戻してから焼く

冷蔵庫から出したばかりのお肉は中が冷えており、焼いた時に火が均一に入りません。焼く30分以上前には必ず冷蔵庫から出して、常温に戻しておきます。

冷凍肉は冷蔵庫で自然解凍

冷凍してあるものを冷凍庫から戻すと、急激な温度変化によりせっかくの肉の旨みが逃げてしまう原因に。これを避けるには、パーシャル室でじっくり解凍すると便利。パーシャル室が無い場合は、冷蔵室で十分に自然解凍を行ってから、常温に戻すようにしましょう。

焼き方の手順

1. フライパンがしっかり温まったら、常温に戻しておいた肉を入れます
2. 油の温度が上がりすぎないよう注意して片面を1分焼きます
3. 裏側を30〜40秒焼きます
4. 余分な油をキッチンペーパーでふき取ります
5. 適量の醤油(和風ソース)などをまわしかけます
6. 皿に盛り付けたステーキに、フライパンに残った汁で作ったソースをかけて完成です
※塩胡椒で下味をつけたい場合は、肉が固くならないよう焼く直前に振りましょう

また、ミスジは水分量が少ない部位なので、火を通しすぎると脂が落ちてしまい、パサついてしまいがちです。焼きすぎないように注意してくださいね

ミスジ肉のステーキアレンジレシピ

1. 牛ミスジ肉とフォアグラのロッシーニ風

特別な日にふさわしい、ゴージャスなひと品です。

アスパラ、ラデッシュ、牛ミスジ、フォアグラは下ごしらえをしておきます。付け合わせのじゃがいもは裏ごしして牛乳でのばします。別の鍋にマデラ酒でソースを作ります。お皿に蒸し焼きにした牛ミスジを盛りつけ、フォアグラを上にのせてソースをかけましょう。じゃがいもの形を整えて盛りつけたら、アスパラ、ラデッシュを添えます。

2. ハーブソルトのコロコロステーキ

ミスジ肉の真ん中にある筋が気にならない、おいしく食べられるレシピです。ステーキ用のミスジ肉に切り込みを入れ、筋のところで2等分してから角に切りにして下味をつけます。エリンギ、ピーマン、にんにくもそれぞれ切っておきましょう。

ニンニク、ミスジ肉の順に焼き、エリンギとピーマンを加え醤油を回しかけます。野菜たっぷりの、食べやすいサイコロステーキです。

3. ミスジステーキのバターライス添え

ボリュームたっぷりに仕上げる、ワンプレートランチ。

付け合わせのバターライスは、フライパンにお米を入れて味付けし炊き上げましょう。ミスジ肉は焼いたらアルミホイルで包み、焼いた時間と同じ時間休ませておきます。スライスしたミスジ肉と野菜、バターライスを盛りつけて、お好みのソースをかけたら完成です。
▼サイコロステーキの焼き方についてはこちらでも紹介しています!

ミスジ肉をステーキで食べてみよう!

ステーキはサーロインやリブロースもよいのですが、ほどよい脂と食感のあるミスジもとてもおいしく食べられますよ。希少部位のステーキはちょっと贅沢な料理ですが、特別な日には、よかったら試してみてはいかがでしょうか。

もちろんステーキにしなくても、おいしいミスジ肉。小さいおこさんがいるご家庭であれば、適度なサイズにカットして炒め物にすると、簡単においしい一皿になります。よかったら今回ご紹介したレシピも参考にしてみてくださいね。
▼ステーキにおすすめ!絶品ソースの情報はこちらから

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ベーグル レシピ パン おしゃれ

ベーグルの基本の作り方を、製菓衛生師の筆者が詳しくご紹介します。時短30分レシピや、難しい成形が簡単にできる方法で、パン作り初心者さんでも大丈夫!たくさん作ったときの保存方法&おいしいアレンジレシピもあります…

さつまいも レシピ

今回はホクホク甘じょっぱさがたまらない「さつまいもの甘煮」レシピをご紹介!好きな人も多い人気メニューですよね。おやつとしてもよいですし、おかずとしてもおすすめ。簡単な作り方、ホッコリ丁寧な味に仕上げる方法など…

レシピ

お肉・野菜・スープの3つが同時に味わえる「ロールキャベツ」は、子どもから大人まで大人気の料理です。今回は、コンソメやトマトなど味付け別のロールキャベツレシピや、簡単アレンジをご紹介します。明日の献立にぜひ作っ…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

和食 レシピ

こんにちは!白金の和食処「和味大輔」店主の井上です。お客様からまかないを食べたいというお声をいただく機会も多く、レシピを公開していきたいと思います。今回は、寒い季節にとてもおすすめ!お酒のおつまみにも最適な肉…

大阪 ドーナツ

大阪市吹田市のダスキンミュージアム1階に「ミスドミュージアム」が10月1日にオープン。中でも特に人気なのがミスドキッチンです。ここはドーナツ作りの体験をすることが可能なコーナーになっています。できたてアツアツ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る