ローディング中

Loading...

コンフィチュールってどこかで見聞きした覚えがあるけど、具体的に何だかご存じですか?ジャムと何が違う?今回は、コンフィチュールの意味、ジャムとの違い、さらにレンジを使った保存レシピまで詳しくご紹介します。

コンフィチュールとは

コンフィチュールって聞いたことありますか?なんとなく聞いたことはある気がするけど、どういったものか説明はできない……ジャムのようなものということは知っているけど、どう違うかまではちょっと、という方も多いのかもしれません。

今回はそんな疑問をすっきり解決!コンフィチュールとはいったいどういうものなのか、ジャムと何が違うのか、さらにおすすめレシピまでご紹介します。

保存を前提にしたコンフィチュール

コンフィチュール(confiture)はフランス語の単語で、語源は「コンフィット(confit)」。「砂糖や酢、あるいは油などに漬けた」という意味からきています。よって、食材の状態や形状のことではなく、「食材を保存すること」を目的としています。

一方、よく混同される「ジャム」は、「ぎっしり詰め込む」という意味合いがあるそうです。例えば交通渋滞のことを英語では「トラフィックジャム」ということからも、ぎゅうぎゅう詰めニュアンスがあることがわかります。ジャムはコンフィチュールと違って、凝固した形状であることが一つの条件なのです。

ジャムとの違い

パンに塗りやすいのがジャム

例えば、パンに塗る場合は、コンフィチュールよりもより凝固した形状であるジャムの方が塗りやすく、食べた際に手やお皿を汚してしまう心配がありません。トーストに塗って、手や洋服に垂れてしまっては困りますよね。一方、コンフィチュールはジャムと比べるとさらりとしているため、アイスやヨーグルトなどにかけて食べるのがオススメです。

作り方の違いは?

コンフィチュールは砂糖で果汁を浸出させ、果汁だけを煮詰めた後に果肉を漬けるのが一般的な製法です。そのため、ジャムと比べてフルーツの形状がかなり残されているものが多々あります。

さらに、仕上げに野菜やナッツ、香辛料やハーブ、リキュールなど、フルーツ以外の要素を加えたものが多いのも特徴です。甘さもジャムよりも抑え気味で、よりフルーティーな風味を楽しめる保存食といった面が強いですね。

一方、ジャムは、果実、野菜、花弁に砂糖などを加えてゼリー化するまで加熱したもの、と定義されていて、果肉は溶けて小さくなっているものが多いです。しっかり煮詰めてとろみを出すことも目的としています。

ちなみに、このジャムの特徴であるとろみはフルーツに含まれる「ペクチン」という成分の影響です。ペクチンとは、食物繊維の一種で、植物の細胞をつなぎあわせる接着剤のようなものなのだとか。水に溶け出して、糖や酸と一緒に加熱されることでとろみがつく性質があるようですよ。

要するに、かなり似てる

上記のように、ジャムとコンフィチュールには語源の違いと保存性、形状に違いはあるものの、使い方は似ていることがわかりました。

どちらもマフィンやパンケーキ、パウンドケーキなどの焼き菓子にかければ彩りもアップし、おもてなしに最適です。他にも紅茶やハーブティなどのホットドリンクに混ぜたり、氷を入れてソーダ割りにしたり、夏にはかき氷にかけたりするのもオススメです。

また、意外にも料理の風味付けや隠し味として使われていることもあるのだとか。バルサミコ酢やオリーブオイルと合わせてフルーツドレッシングにすれば、いつもと違った味わいを楽しむことができますよ。
▼大人味のジャム、手作りしてみない?

マーマーレードとの違いは?

甘いジャムと言って思い浮かべるものの一つに、マーマレードがあるのではないでしょうか。日本ではマーマレードとはジャムの一種で、オレンジやグレープフルーツ、ゆずなどのかんきつ類の果物を原料にしており、さらにその皮が入っているものを「マーマレード」と分類しているそうです。

しかし、マーマレードはポルトガル語のmarmelada(マルメロの砂糖煮)という言葉が語源になっているのですが、日本とは意味合いが異なっているのだそうです。というのも、ヨーロッパでは柑橘類を使ったジャムに限らず、果肉が多くて皮が入っている濃いジャムのことを「マーマレード」と呼んでいることが多いのだとか。

私たちはどうしてもマーマレードというとオレンジ色でオレンジの皮が入っているものを想像しますが、言葉の語源であるヨーロッパでは違うのですね。
▼オレンジマーマレードを使ったマフィンはこちら!

コンフィチュールの保存レシピ

続いては、オススメのコンフィチュールのレシピをご紹介します。

オレンジとパプリカのコンフィチュール

オレンジだけでなく、パプリカも加わった一風変わったマーマレード。あまり馴染みのない組み合わせですが、これが意外と合うんです。

オレンジは皮を剥き、房についたまま乱切りします。パプリカも同じく乱切りに。鍋に水と砂糖を入れて加熱し、オレンジとパプリカを加えて20分ほど水気がなくなるまで煮つめて出来上がり。パンなどに塗る際に、オリーブオイルと岩塩をお好みでかけるとさらにおいしくなるそうですよ。オレンジの房の苦味と食感が苦手な方は、房から出して切ってくださいね。

いちごのコンフィチュール

定番のいちごのコンフィチュール。旬が過ぎて少し酸っぱくなったいちごがあれば、作ってみてはいかがでしょうか。

いちごはキレイに洗ってヘタを取り、水気をとっておきます。鍋にいちご、砂糖、レモン汁を入れて加熱をします。しっかりアクを取りながら、30分ほど煮たら完成です。ジャムと違ってあまり日持ちしないそうなので、清潔なビンなどに入れて早めに召し上がってくださいね。

キウイのコンフィチュール

少し酸っぱいイメージのあるキウイも、ハチミツを加えて甘いコンフィチュールに。

キウイは皮を剥いて小さく切り、砂糖、ハチミツとともに鍋に入れます。煮立ったら弱火で煮ながらアクをとり、とろみが付くまで煮ます。粗熱が取れたら完成。煮ている時にキウイがくっつかないように、鍋をゆすりながら煮るのがいいそうですよ。砂糖だけでなく、ハチミツも加えることによって、よりコクのある甘さに仕上がったコンフィチュールです。

コンフィチュールのアレンジレシピ

トーストやヨーグルトにかけるだけじゃもったいない!?次は、コンフィチュールを使ったおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

パインコンフィチュールのヨーグルトパフェ

ヨーグルトとグラノーラにコンフィチュールを乗せて、さっぱりパフェはいかが?

パイナップルは小さく切り、砂糖、ホワイトキュラソーと一緒に一晩ほど寝かします。ヨーグルトはキッチンペーパーを敷いたザルの中に入れ、一晩ほど寝かせて水切りヨーグルトを作ります。パイナップルを炒め、グラノーラとヨーグルトの上に盛り付ければ完成。ミントの葉を飾るとよりオシャレになりますよ。

小さなお子様も召し上がる場合は、リキュールの代わりにバニラビーンズなどを入れて作るとよいのだとか。もちろんパイナップルでなくても、お好きなフルーツで美味しく作ることができるそうですよ。

コンフィチュールのフレンチトースト添え

コンフィチュールはおいしそうだけど、コトコト煮るのがちょっと面倒・・・という方は、こちらの電子レンジでも作れるコンフィチュールレシピを試してみてください。

ブルーベリー、ラズベリーなどの冷凍ベリーと、グラニュー糖、水、レモン汁を耐熱容器に入れて加熱して混ぜ、さらに30秒加熱したら出来上がり。フレンチトーストにかけて召し上がれ。この方法ならフレンチトーストを作っている間に簡単にコンフィチュールが作れてしまいますね。

ヨーグルトムースとコンフィチュール

ヨーグルトを使って作ったムースに、いちごのコンフィチュールをかけたさっぱりデザート。卵や生クリームを使っていなくても、ふわふわのムースが楽しめます。

まずはヨーグルト、牛乳、砂糖をミキサーにかけて撹拌します。さらに溶かしたゼラチンを加え、撹拌。お好みの器に入れて冷やしておきます。

次にコンフィチュール作り。いちごはヘタをとって半分くらいにカットし、砂糖、レモン汁とともに耐熱容器に入れて電子レンジで加熱。2分ほど加熱しては混ぜ、を繰り返し、冷めたらできあがり。固まったムースにコンフィチュールをかけ、ミントの葉を飾れば完成です。
▼ブルーベリージャムが大活躍です!

コンフィチュールで食卓を華やかに!

あまり聞き馴染みのないコンフィチュールでしたが、基本的にはジャムとよく似ているものだということがわかりました。家にある材料で簡単に作ることができるので、フルーツをたくさんもらった時や、少し酸っぱかったりしたときに、コンフィチュールにしてみてはいかがでしょうか。

食べたいときに食べたい分だけ、電子レンジでも作ることができるのも魅力です。いつもの朝食やおやつに、コンフィチュールを添えてちょっと優雅な一時を過ごしてみてください。
▼ジャムのレシピ、まだまだあります!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

スイーツ イタリアン

兵庫県赤穂の「坂利太(さりーた)」は、イタリアのナポリで愛されている伝統的なパイ生地を使ったスイーツを楽しむことができるお店。ナポリの銘菓「アラゴスタ」や、シェフが考案した「アンジェラ」というオリジナルスイー…

パン まとめ トースト

今回はパン好きなら知っておきたい、トーストがワンランクアップする「パンのお供」をまとめました。これがあればいつものパンでももっとおいしくいただけるはず。そのままでもおいしいパンをさらにアレンジしてみては?

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る