ローディング中

Loading...

目玉焼きはとってもシンプルなメニューですが、焼き方の種類で名前が変わることをご存知でしたか?超半熟派、両面焼き派、黄身の加減だけでも人によって好みは様々ですよね。今回は簡単ながらも奥の深い目玉焼きの焼き方の基本とコツをご紹介します。

▼たまごソムリエが教える、究極のテク!

目玉焼きの焼き方、どれだけ知ってる?

忙しい朝でも割って焼くだけの目玉焼きは重宝しますよね。目玉焼きは好みが分かれることも多く、簡単ながらも奥深い料理です。プルンとした食感を残したい人もいれば、香ばしさを好んでしっかり焼きたい人もいます。

じつは、その焼き方の種類によって、それぞれ異なる英語の名前があることをご存じですか?単に「半熟」とか「固ゆで」ではなく、とても細かいんです!

シンプルな料理だからこそ仕上がりに差がでる目玉焼き。今回は、焼き方の種類と名称についてご紹介します。また、好みに合わせて上手に焼くにはどうしたらよいか、そのコツも併せてお伝えしますね。

焼き方の種類が細かすぎ!

一口に目玉焼きと言っても、焼き方によって細かく名前がついています。片面焼き?両面焼き?黄身の焼き方でも名前が変わることをご存知でしょうか?それぞれの焼き方の名前と方法をご紹介します。

サニーサイドアップ

サニーサイドアップは卵の片面だけを焼く方法です。表面側には火が通りにくいため黄身はほぼ半熟になるため、固焼きがお好みの場合には水を少量入れましょう。蒸し焼きにすることで表面にも火が通ります。

オーバーイージー(サニーサイドダウン)

オーバーイージーはアメリカ人が好む両面焼きの目玉焼きですが、黄身は半熟でトロッとしています。油をひいた強火のフライパンに卵を入れます。白身が固まってきたらひっくり返して一呼吸おいたらできあがり!黄身の半熟度合いが生に近いのでご飯にのせて食べてもおいしいですよ。

オーバーミディアム

オーバーミディアムは、両面焼きで黄身の固さは半熟で中くらいといえます。片面を焼いた後ひっくり返し、しっかり目に焼きます。黄身はトロトロではなく半熟で焼きあがりです。オーバーイージーに比べて、しっかり表面を焼くので黄身を生に近い状態にキープしなくて良い分、簡単にできます。香ばしく焼け、半熟なので時短する場合にもおすすめの焼き方です。

ターンオーバー

ターンオーバーも両面焼きです。片面焼いた後、卵を裏返しもう片面もまんべんなく火を通します。両面に焼け跡が残るため、片面焼きとは見た目が異なりますが、サンドウィッチの具にする時にもおすすめの焼き方です。黄身が崩れてもよく、またしっかり焼くため時短にも向いていますよ♪

オーバーハード

オーバーハードも両面焼きです。ターンオーバーよりも黄身を固めに焼きます。片面を焼いたらひっくり返し、両面からしっかり焼くのが特徴です。こうすることで黄身に完全に火が入ります。生が苦手な方にはおすすめな焼き方です。こちらもしっかり焼くので、ターンオーバー同様、サンドウィッチやパンにおすすめです。

ベースドエッグ

ベースドエッグは水を入れて片面を蒸し焼きにする焼き方です。日本ではこの焼き方が一般的かもしれませんね。片面を焼き、白身がうっすらと固まってきたら、お湯または水を大さじ1杯をフライパンに入れ蓋をします。黄身はお好みの固さで火を入れられるのが嬉しい焼き方ですね。
▼たまごソムリエが教える、究極のテク!

半熟目玉焼きの上手な焼き方

目玉焼きの作り方はいろいろありますが、中身がトロリとした半熟目玉焼きの上手な焼き方をご紹介します。

1. フライパンを中火で十分温める
2. 油を敷き、弱火におとす
3. 卵を低い位置からそっとフライパンに入れる
4. 白身がうっすら白くなったら蓋をして弱火にし加熱する
5. 蓋をしたまま約2分ででき上がり

フライパンを温めたときに余分な油があればキッチンペーパーなどで拭きとって捨てましょう。卵を低い位置からそっとフライパンに入れることによって黄身がつぶれるのを防げますよ。綺麗な形でつくりたい時には優しく入れるのがポイント!水を入れなくても蓋をすることによって蒸し焼きにすることができます。

蒸し焼きで半熟に焼く方法

蒸して作るタイプは、焦げる心配もほとんどなく、やわらかく仕上がるのでお子様でも食べやすいです。

1. フライパンに入れた卵の白身がうっすら白くなってきたら、お湯大さじ1杯程度を加えて蓋をする。
2. 蓋をしたらすぐに強火にし、火を止め蓋を取らずに1~3分ほど余熱で焼きます。

半熟にしたい場合でも固焼きにしたい場合でも、焦がさずに焼きあがります。半熟目玉焼きがお好みの場合は、黄身の上に白い膜ができれば完成です。固焼きのが好みの場合には、蒸し焼き時間を長くして黄身にしっかり熱を通すとよいですよ。水を入れると早く仕上がるので時間がないときには水を入れるこの方法がおすすめ!
▼おいしい目玉焼きを作ったら、サンドイッチにしてみて!

両面焼きのやり方

両面焼きの最大のメリットは「パンに乗せた時に、黄身が垂れて流れてしまわないこと」や「崩れにくい」ことです。

1. フライパンに入れた卵の白身がうっすら白くなってきたら、フライ返しで裏がえす
2. お好みの焼き加減になったら火を止める

また、白身のカリッとした香ばしさにあわせて、黄身の固まり具合も調整しやすいのも良いですね。しっかり焼いても良いですし、トロトロにしてもおいしいです。さらに他の焼き方よりも、調理スピードが早いという利点もあります。手早く焼くなら両面焼きがおすすめです。

目玉焼きの焼き方、コツ&テク!

卵は室温に出しておく

卵は使う前に常温に戻しておきましょう。卵は白身が75~78度、黄身が65~70度という低い温度で固まるため、冷蔵庫から取り出した冷えた卵を急激に加熱すると全体にムラができてしまいます。強火にすると焦げやすくなりますから、温度差を無くすために常温に戻しておくと良いとされています。

ちなみにゆで卵を作るときにも同様に、固まる際に卵の表面と内部の温度差に開きがある場合、膨張率の関係でひび割れやすくなります。卵を調理前に常温にしておくのは、こんな理由があったからなんですね!

卵はフライパンに直接割らない

卵はフライパンに直接落とすと崩れてしまうこともありますよね。卵は衝撃に弱いためフライパンに直接割りいれず、あらかじめ割って別の容器に入れておきましょう。別の容器に用意しておけば、万が一殻が入っても取り除けます。

より綺麗な形で焼き上げたいときには、卵白の水っぽい部分を取り除くことがポイントです。卵は白身と黄身だけではなく、卵の一番周りを覆っている水のような卵白が「水溶性卵白」といい、その内側の卵白が「濃厚卵白」、そして黄身という三構造に分かれているんだとか。水溶性淡白を取り除いておくことで、焦げにくさもアップします。

水溶性淡白の取り除き方はとっても簡単!「すくい網」というおたまを使うと、あっという間に綺麗に白身を分離させることができますよ。

卵はゆっくりフライパンに入れる

卵を容器に割りいれて用意したら、ゆっくりフライパンに入れましょう。なぜゆっくり入れるかというと、黄身は180万個もの小さな卵黄球で構成されています。そしてこの卵黄球は、衝撃に非常に弱く高さ10㎝から落としただけでほとんどつぶれてなくなってしまうのだとか。卵黄球が潰れると加熱したときにゴム状になってしまい、トロリした食感がなくなってしまいます

この卵黄球の扱いで食感が変わるので、一度ボウルや容器に卵を割り出来るだけフライパンに近い所から卵を入れましょう。

使う油はバターがおすすめ

香ばしさとコクを出すにはバターを入れて焼くのがおすすめです。バターはビタミンAをはじめとする各種ビタミンや、栄養素を豊富に含んでいます。ですが、バターは焦げやすいため、フライパンは弱火であたためてからゆっくり溶かします。

またバターを使う場合、溶けるまでに時間を要するとフライパンの温度が上がってしまうので、あらかじめ5ミリ程度にカットしたものを用意しておきましょう。

クッキングシートの上で焼くと焦げ付かない

目玉焼きを焦げ付かせないためにも、油やバターをご紹介してきましたが、そのどちらも使わないヘルシーな焼き方がこちら!フライパンの上に、クッキングシートを敷き、その上に卵を割って焼く焼き方です。

クッキングシートを使えば、焼くときにチーズを敷いたりもできます。普通のフライパンにのせるとくっついたり焦げたりしますが、シートの上なら卵ごとスルリと剥がれます。フライパン用フルタイプのシートなら、シートだけ捨てれば洗い物が減るというのもポイント。忙しい朝にぴったりですね!

電子レンジを使った焼き方

電子レンジを使うとクッキングシート同様、油を使わずにスッキリした目玉焼きが作れます。爆発を防ぐために、必ず穴をあけるようにしましょう。

1. 耐熱容器を水にぬらす
2. 卵をそっと容器に入れる
3. 卵の爆発を防ぐため、黄身を楊枝または串で数カ所刺して穴をあける
4. ラップをして1~4分レンジをかける

耐熱容器から取り出す時のために、あらかじめラップを敷いておくとスルっと取り出せるのでおすすめ。

焼き方の種類を知って目玉焼きの達人に!

目玉焼きの焼き方に細かく種類があるなんて、まず驚きですよね。しかも目玉焼きをおいしく上手に作るコツも、たくさんあるんですね。

ご紹介したほかにも、黄身と白身を分け、白身を先に焼き、その上に取り分けておいた黄身を乗せるという焼き方もあります。

ちなみに、味付けはシンプルに塩コショウでもおいしい目玉焼きですが、塩コショウをふるタイミングは焼きあがってからがおすすめです。早めにふってしまうと、卵の固まる温度が低下し、固い目玉焼きになるだけでなく、卵黄部分に塩をかけると水分が抜けてしまいます。

水分が抜けてしまうことで、白い斑点ができて食感も見た目も美しくなるなるので、白身部分のみにふりかけるの良いですよ。

お弁当に、食卓に、いろいろな焼き方を試してみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、究極の半熟卵の作り方を動画つきで紹介します!卵の選び方・茹で時間・むき方はもちろん、水から茹でる場合やレンジを使う場合など、全部丸ごと教えちゃいます。誰でも簡単にで…

大根

煮物や炒め物、おろしなど様々な料理に使える大根。どのように保存すれば長持ちさせられるのでしょうか?実は、大根は方法次第で意外と長く保存できるのです。冷凍、冷蔵、常温のどれ?保存期間の違いは?大根の保存方法につ…

たまご レシピ チーズ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、twitterで話題沸騰中のチーズエッグの作り方をご紹介します!材料たった2つで作ることができちゃう、超々お手軽レシピ!さらに、アレンジも色々楽しく豪華に!

フルーツ

沖縄や小笠原諸島などで栽培されているパッションフルーツ。どのような食べ方がいいのでしょうか?パッションフルーツのおいしい食べ方とおすすめレシピのほか、旬や賞味期限など、魅力あふれるフルーツについて詳しくご紹介…

たまご

以前SNSで話題になったラ王でまぜそばを作るというアレンジをご存知ですか?最近発売されて話題になっている日清ラ王プレミアム「台湾まぜそば」は、それをより味わい深く商品化したようにも感じられる新作です。そのおい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

まとめ レシピ

「ウォールナッツオイル」が健康面で高い効能を持つとされ、注目を集めています。ウォールナッツとは、日本語で“くるみ”のこと。どのような効能が期待されているのか……今回は、ウォールナッツオイルの効能と活用レシピを…

まとめ レシピ

ピーナッツオイル(落花生油)をご存じですか?昨今のオイルブームを受けて愛用する人が増えているオイルのひとつ。健康・美容によいだけでなく、クセが少ないので使い勝手もよいオイルです。今回は、ピーナッツオイルの効果…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る