ローディング中

Loading...

食卓にあがることの多いカレー。しかしそれ以外の付け合わせ、いつも同じようなものばかりになっていませんか?今回は悩めるあなたのために、定番からちょっと意外なものまでカレーに合う付け合わせをご紹介。これでお悩みばっちり解決です!

カレーだけじゃちょっとさみしい

ひと皿で十分おいしいカレーだが、合わせれば一層ごちそうになる付け合わせがありますよといった内容で導入部を記載。

さっぱり系の付け合わせ5選

簡単に作れておいしいカレーですが、やはりカレーとなると使用する野菜が限られてしまうため、栄養バランスも気になりますよね。また、カレー単品だとついつい食べ過ぎてしまうということも多々あります。そこで、まずはさっぱり系の付け合わせをご紹介したいと思います。

1.シーザーサラダ

カレーの付け合わせの定番とも言えるサラダですが、なかでもマヨネーズなどクリーミーな味わいのものがおすすめです。一時期何でもマヨネーズをかける「マヨラー」が流行しましたが、マヨネーズの原料となっている卵はカレーとの相性抜群!
なかでも、シーザーサラダは野菜も多く取れ、卵やマヨネーズなどクリーミーな味わいのためよく合います。特に、スパイスの効いたカレーの場合はシーザーサラダのまろやかさが、辛みを程よく抑えてくれるので良いですね。また、シーザーサラダをはじめとするサラダを付け合わせとしてもってくることで、カレーやごはんの食べ過ぎ防止にもつながります。
<シーザーサラダの作り方>
レタスを食べやすい大きさに、ミニトマトは四つ切り、キュウリは細切りにしておきます。ベーコンをオリーブオイルで炒め、黒コショウで味を調えます。野菜とベーコンを全て混ぜ合わせたらドレッシングと温泉卵をのせて完成です。

2.スープ

サラダに負けず劣らず、カレーの付け合わせの定番とも言えるのがスープです。特に冬場は生野菜を使ったサラダだとからだが冷えてしまいますし、野菜がたっぷりと入ったスープは嬉しいですよね。ポタージュなどのクリーム系スープでも良いですが、コンソメをベースとしたものがおすすめです。
カレーのスパイスをより一層引き立ててくれるだけでなく、キャベツやきのこなど、あまりカレーに入れないような野菜も取れますよ。食卓の彩りもよくなり、生姜を少しプラスすればからだの芯からぽかぽかと温まりますので、寒い冬場はもちろん、冷えに悩む方に良いですね。また、スープを一緒に飲むことでカレーの食べ過ぎ防止にもなりますよね。
<野菜たっぷりスープの作り方>
野菜とハムは細切りにします。まいたけも同じくらの大きさに切っておきましょう。お鍋に、水とコンソメ顆粒を入れて溶かし、切った野菜をハムを入れます。 野菜とスープがなじんでくるまでコトコト煮込みます。野菜に火が通ってしんなりしてきたら器に盛り、黒コショウをかけて完成です。

3.ピクルス

お酢の程よい酸味とカレーとの相性が抜群で、よりいっそう食が進むピクルス。カレーの付け合わせ定番と言えるらっきょも広い意味ではピクルスの仲間です。ですが、せっかくであれば彩りも良く、様々な野菜のピクルスを楽しみたいですよね。
そこで、おすすめはきゅうり、にんじん、パプリカ、カリフラワー、ブロッコリーです。ビタミンや豊富などの栄養面はもちろん、お酢がなじみやすく、またそれぞれの食感が異なるためその違いを楽しむことができます。冷蔵庫で正しく保管しておけば日持ちするのも嬉しいですね。
<ピクルスの作り方>
お好みの野菜を食べやすいよう、スティック状に切ります。少しやわらかくなる程度まで野菜を茹でます。鍋にお酢と水、砂糖、黒コショウとローリエを入れ、沸騰させます。 野菜を瓶などの密閉容器に詰め、お酢を流し入れたら味が染みるまで1日放置し、できあがりです!

4.ほうれん草のソテー

「カレーにほうれん草?」と思われる方も多いかもしれませんが、これが意外と合うのです!胡麻和えなど少し和風テイストのものでも良いですが、おすすめはやはりソテー。カレーのスパイスとソテーに使用したガーリックの相性が良く、どんどん食が進みます。
またほうれん草にはビタミン、ミネラル、鉄分などが豊富です。さらに、どうしても見た目が味気なくなってしまいがちなカレーも、ほうれん草の緑が加わることで、お皿の上が一気に華やぎます。そういった点でも、やはりほうれん草はカレーにおすすめの食材なのです。
<ほうれん草ソテーの作り方>
ほうれん草を固めに茹で流水で流し洗いします。 食べやすい長さに切り、水を良く切っておきましょう。 フライパンに油を入れたらほうれん草をサッと炒め、鶏ガラスープ顆粒とあらびきガーリックを入れ、ほうれん草となじみ、全体がしんなりしたら完成です。

5.マリネ

カレーのスパイスとお酢の相性が良く、単品では飽きてしまいがちなカレーも間にマリネを挟むことでどんどん食べ進められてしまう、おすすめの付け合わせです。もともと、お酢はカレーとの相性が良く、「カレーマリネ」がよくあるのはこのためです。
使う野菜としては、彩りの面で言うとパプリカやピーマン、トマトなどがおすすめですが、こちらのレシピのようにイカなどのシーフードを合わせるのも良いですよ。野菜のシャキシャキ感とシーフードのぷりぷり感を同時に楽しめます。
<マリネの作り方>
ボイルしたシーフードはサッとボイルしてザルにあげます。枝豆はさやから出し、ビーツは細切りに。調味料を混ぜて、マリネの液を作り、シーフードと枝豆を和えます。冷蔵庫でよく冷やして完成です。

お肉・お魚の付け合わせ6選

カレーにおすすめのさっぱり系付け合わせをご紹介しました。ですが、カレーにさっぱり系おかずの付け合わせだと、なんとなくメイン(カレー)+サブおかずのような印象になってしまい、少し物足りない・・・という方もいるのではないでしょうか。そんな方に、次はお肉・お魚の付け合わせをご紹介したいと思います。

1.鮮魚のカルパッチョ

カレーが主役の日はどうしても魚のおかずがなくなってしまいますよね。また、カレー単品だと少し重たく感じる・・・という方も多いのではないでしょうか。

そんな時はさっぱりとした味わいのカルパッチョがおすすめです。魚の種類は何でも良いですが、サーモンや鯛などの白身魚はカレーとの相性も良いですね。お酢を効かせ、写真のようにかいわれやみょうがなどの薬味をたっぷりと乗せれば彩りもよくなり、カレーの食べ過ぎ防止にもなるので一石二鳥です。
<鮮魚のカルパッチョの作り方>
サーモンを適度な薄切りにします。そのほかの素材もお好みの大きさにカットします。合わせた調味料を食材を合わせたら冷蔵庫でしばらく寝かせて完成。仕上げにパセリなどで彩りを追加します。

2.タンドリーチキン

本場インドでは定番中の定番とも言えるタンドリーチキン。カレーとタンドリーチキンのスパイスの二重効果で食が進みます。鶏肉はお肉類の中ではカロリーも低く、タンパク質が豊富なため、栄養面でもよさそうですね。

カレーの上にトッピングとして乗せても良いですが、別盛りにして付け合わせとして食べるのもおすすめです。ヨーグルトなどに漬けこんでおくとお肉が柔らかくなるだけでなく、味がマイルドになり、食べやすくなりますよ。
<タンドリーチキンの作り方>
鶏もも肉は一口大に切り、塩コショウで下味をつけておきます。 ボウルに調味料を入れて混ぜ合わせます。 鶏肉を合わせたあ調味料に漬け込み、ブロッコリーなどの付け合わせの準備をしておきます。オーブントースターでじっくり焼いたら完成です。

3.ステーキ

「カレーにステーキ?」「付け合わせにステーキなんてもったいない!」と思う方も多いかもしれませんが、がっつり系の付け合わせを好む方の間では人気なのだそうです。

塩コショウなど比較的シンプルな味付けで食べることが多いステーキは、スパイスが効いたカレーとの相性抜群!お好みでニンニクを加えてみても、スタミナがつきそうで良いですね。
<くるくるステーキの作り方>
常温にもどしやわらかくしたステーキにガーリックや塩コショウで下味をつけ、お好みの焼きかたで焼いて完成です。

4.鮮魚のバターソテー

カルパッチョ同様、魚のおかずが少なくなりがちなカレーの日におすすめしたい付け合わせの一つです。こちらは、生魚が苦手という方に良いですね。バターチキンカレーなどがあるように、バターはカレーとの相性も良く、一度食べるとクセになる味わいです。なかでも、メカジキなど、少し淡白な白身の魚がおすすめですよ。
<メカジキのバターソテーの作り方>
メカジキは両面に塩コショウをふり、下味をつけておきます。フライパンにバターを溶かし、メカジキを並べて焼いていきます。メカジキの両面に焼き色がついたら弱火にし、めんつゆを加えて味を染み込ませます。表面の色が変わり、味が染み込んだらできあがりです。

5.鶏のから揚げ

カレーのトッピングとしても人気の揚げ物。なかでも、鶏のから揚げは子供から大人まで人気のメニューです。スパイスの効いたカレー、サクサク食感の鶏の唐揚げは相性抜群!塩コショウでもよいですが、マヨネーズを少しつけていただくのも良いかもしれませんね。
<鶏の唐揚げの作り方>
鍋に油を入れ、あたためます。鶏肉を食べやすい大きさに切り、ボールに入たら酒、醤油を入れて混ぜ合わせておきましょう。酒、醤油が全体に馴染んだら、片栗粉を入れて更に混ぜ合わせます。キツネ色になるまで揚げたら、キッチンペーパーで余分な油をふき取り、塩コショウをかければ完成です。

6.魚介類のホイル焼き

スパイスをはじめ、様々な香辛料を使用するため、ついつい濃い味になってしまいがちなカレー。なにか優しいものが食べたいけれど、生野菜は冷えるし、魚のおかずがないというのも気になる、とう方にはホイル焼きがおすすめです。
お好みの野菜と魚を包み、オーブンやトースターでじっくりと焼くだけでふっくらと仕上がります。塩コショウのみでもよいのですが、バターを使用すればよりカレーとの相性が良くなりますよ。
<白身魚のホイル焼きの作り方>
白身魚は一口大に切り、キノコ類は石づきを取ってほぐしておきます。 アルミホイルに魚ときのこ類をいれ、塩コショウ、酒をかけます。 アルミホイルの端を合わせて、中身が漏れないようしっかり包みます。トースターで焼きましょう。魚とキノコに火が通っていれば完成です。

サクサクフライ料理5選

カレーのトッピングとしても人気のフライもの。スパイスが効いたカレーと一緒に食べるのも良いですが、サクサクの食感を味わいたいのであれば、やはり付け合わせとして別で食べるのがおすすめです。次に、サクサクフライの中でもおすすめのものを5つご紹介します。

1.トンカツ

カレーにおすすめの揚げ物の定番中の定番とも言えるトンカツ。豚のジューシーと程よい脂がカレーとベストマッチ!そのまま食べても良いですが、少しソースをかけてみたり、マヨネーズを付けてみるのも良いですね。シンプルなものから中にチーズを入れたものなど、一言でトンカツと言っても様々なアレンジが効くので、お気に入りの食べ方でカレーとのハーモニーを堪能しましょう。
<トンカツの作り方>
溶き卵、小麦粉、パン粉を用意しておきます。卵はしっかり溶きほぐしましょう。 豚肉をキッチンペーパーで包みこむようにし、余分な水気と表面の汚れをふきとります。豚肉を包丁の背でたたいてやわらかくし、塩コショウし裏表に小麦粉をつけ、溶き卵のボールの中にくぐらせます。衣をつけたら、高温の油で揚げていきます。竹串などを刺してみて肉汁がでてこなければ完成です。

2.エビフライ

カレーとの相性が良い卵とマヨネーズを使用したタルタルソースがかかったエビフライ。付け合わせとしてもおすすめです。

サクサク食感の衣とぷりぷりのエビ、まろやかでクリーミーなタルタルソースは、まさに至福!カレーの日に不足しがちなシーフードが食べられるのも良いですね。
<エビフライの作り方>
背ワタなどを取り除き、エビを下処理したら、水分をよく拭き取り塩コショウで下味をつけます。衣をつけたら高温の油で完成です。

3.メンチカツ

サクサクの衣とジューシーな肉汁、どこか昔懐かしいメンチカツは、コロッケとはまた違ったおいしさがありますよね。キャベツや玉ねぎ、にんじんなど様々な野菜が原料として使えるメンチカツは、カレーの付け合わせにすればさらに野菜がとれますよ。
<メンチカツの作り方>
玉ねぎ、しいたけはみじん切りにしておきます。ボールに合挽きミンチと調味料、卵、パン粉を入れてよく混ぜ、小判形に成形します。衣と高温できつね色になるまで炒めたパン粉付け、軽く押さえます。サラダ油をかけてオーブンで焼くか、こんがりとするまでサクサクに揚げたら完成です。

4.カニクリームコロッケ

複雑な工程が多く、自宅で作るとなると何かと面倒なクリームコロッケ。既製品を購入してしまう方も多いかと思いますが、やはり自身でイチから手作りしたコロッケはおいしさが違います。

スパイスの効いたカレーとクリーミーなコロッケ、酸味の効いたさわやかなトマトソースがハーモニーを奏でます。
<クリームコロッケの作り方>
鍋にバターを入れて麦粉を入れてヘラで混ぜます。温めた牛乳を数回に分けて入れ、とろりとするまでよく混ぜます。 火を止めて、塩コショウ、カニカマを入れて混ぜます。再び火にかけてよく混ざったら火を止めて、 バットなどに流し入れます。粗熱が取れたらタネにラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。 俵型に丸め衣をつけて、高温できつね色になるまで揚げたら完成です。

5.カキフライ

ビタミン、ミネラルが豊富で食べられる時期が限定されてしまう牡蠣。1年中食べられないからこそ、牡蠣の季節はカキフライをカレーの付け合わせとしてみてはいかがでしょうか。先ほどご紹介したエビフライと同様、クリーミーなタルタルソースとカレーの相性はばつぐんですよ。
<カキフライの作り方>
牡蠣をよく洗い、キッチンペーパーで丁寧に水分を取ります。牡蠣に小麦粉 溶き卵 パン粉をつけて油で揚げて完成です。

スパイシーな舌を冷やすデザート4選

カレーにおすすめの付け合わせについてご紹介しました。付け合わせももちろん大切なのですが、やはり辛いものや温かいものを食べると冷たくて甘いものを食べたくなってきませんか。そこで、カレーにおすすめのデザート4選をご紹介します。

1.アイスクリーム

カレーの後のデザートの定番とも言えるアイスクリームです。スパイシーな舌を冷たくてクリーミーなアイスがあっという間に和らげてくれます。ソーダやシャーベットなど何でも良いのですが、辛く火照った舌や口周りを鎮めたい!という方は、バニラやチョコレートなど、クリーミーで濃厚なものがおすすめです。

2.ジェラート

冷たいものが食べたいけれど、アイスクリームよりはもう少しさっぱりしたものの方が良いという方には、ジェラートがおすすめです。氷菓に分類されるジェラートのしゃりしゃり感は、先ほどご紹介したアイスクリームと比べると、さっぱりした口どけが特徴です。

3.ヨーグルト

カレーに欠かせないラッシーをはじめ、カレーとの相性が鉄板なヨーグルトは、カレーを食べた後のデザートしてもおすすめです。そのまま食べるもよし、チョコレートソースやキャラメルソースなどの甘いソースをかけるのもおすすめ。キウイやりんごなどのフルーツを添えたり、食べ方も様々。お好みの食べ方を見つけ、火照った舌をしずめてあげましょう。

4.コーヒーゼリー

カレーの後ってなんだかやたらコーヒーが飲みたくありませんか。ひんやりした舌触りと、苦味がさっぱり感を与えてくれるコーヒーゼリーはカレーを食べたあとのデザートにぴったりですよ。コーヒーのほろ苦さが、カレー後の口の中をすっきりとさせてくれます。お好みでミルクやシロップを追加すれば、甘くてクリーミーな味わいも楽しめます。

お気に入りの組み合わせを見つけておいしく食べよう

カレーの付け合わせについていかがですか?日本人の国民食とも言えるカレーライスはご家庭で簡単に作れるのがよいですよね。ですが、簡単に作れるがあまり、ついついマンネリ化してしまいがち。今回ご紹介したおすすめの付け合わせを参考に、お気に入りのカレーの食べ方を研究してみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 菜の花 餃子

旬の菜の花、どんな料理に使えばいいかわからず迷っているのでは?そんなときは「菜の花とエビの蒸し餃子」をそうぞ!春を感じさせる菜の花のほろ苦い風味、ジューシーな肉汁、エビのぷりぷり食感で、お店で食べるような本格…

レシピ

卵黄をからめていただく「塩こんぶつくね」のレシピをご紹介します!こんぶが、軟骨のようにしっかりとしていていいアクセントに。枝豆も入っていて、お酒好きにはたまらないおつまみです。もちろん白ご飯との相性も抜群!思…

レシピ チャーハン スープ まとめ

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手…

和食 レシピ まとめ

切り昆布は、昆布を細切りにして使いやすい形にしたもの。出汁をとることに使われやすい昆布ですが、切り昆布はサラダや常備菜に使える便利な食材です。今回は、切り昆布を最大限に活用できる人気のレシピをご紹介します。

韓国料理 レシピ

チャプチェの作り方、知っていますか?春雨の代わりにしらたきを使えばゆでる手間いらず!食材をレンジでチンしてトングで混ぜるだけで簡単に完成しちゃいますよ♩しらたきでカロリーオフ&おなかもすっきり!たっぷりのお肉…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

多数のファッション雑誌で活躍し、歌手のZeebraさんの奥様でもある中林三和さんの作る料理がとても美味しそうなんです♡盛り付けも女子度高すぎです♡しかも簡単なので、時間がない方でも作りやすいんですよ♪

豚肉 レシピ まとめ

安い豚肉でも簡単な調理法でおいしくなる「紅茶豚」。基本の紅茶豚から圧力鍋で楽々作る方法まで人気レシピをご紹介します。臭みが抜けて、上品な香りと味わいが、おもてなしにもぴったり!普段の豚肉料理を格段にアップでき…

チョコレート お菓子 レシピ まとめ イタリアン ティラミス

ティラミスは好きな人も多いと思いますが、意外とおうちでも簡単にできちゃうみたいですよ。ビスケットやインスタントコーヒーを使ったレシピ、是非あなたも作ってみてくださいね。イタリア語で「ティラミス」は「私に元気を…

鶏肉 レシピ まとめ ランチ 親子丼

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

レシピ まとめ

「ゆうこりん」こと小倉優子さんの手作り料理が人気のようです。意外にも料理教室やパン教室に通うほどの料理好きなのだとか!月間1億ページビューの大人気ブログで紹介されたレシピを中心にした本も出版しています!さっそ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ まとめ コーヒー

Pinterestの2016年トレンド予想で挙げられた「プアオーバーコーヒー」、つまりハンドドリップで淹れるコーヒー。おうちで本格的なコーヒーを楽しむにはハンドドリップがおすすめです。プアオーバーコーヒーのポ…

コーヒー スイーツ カフェ まとめ

スターバックスでは、ドリンクのカスタマイズだけでなくフードもカスタマイズできるということを知っていますか?そこで今回は、次にスタバを訪れたときにきっとやってみたくなる「フードカスタマイズ」をまとめてご紹介した…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...