ローディング中

Loading...

冬になると食べたくなるカニ!でもお店で食べるカニと、冷凍で買ったカニは全然味が違って拍子抜けした経験はありませんか?どうして味が違うの⁉ おいしく食べる方法は?そんな疑問に答えます。冬の味覚をよりおいしく食べてくださいね。

冷凍カニをおいしく食べたい!

寒さも増してきた今日この頃。ホカホカのお鍋においし~いカニを入れて食べたくなりませんか?でも、冷凍のカニを使うと、予想に反してぱさぱさしてしまったり、思ったほどジューシーじゃなかったりと、お店で食べるカニとの味の違いにがっかりした経験がある方もいるのではないでしょうか。今回は、なぜおうち食べるカニがお店で食べるカニの味と違うのか、その原因と冷凍カニをおいしく食べる秘訣をお教えします!

冷凍カニのおいしい解凍方法

冷凍カニがお店の味と全然違うのは、解凍方法が間違っていることが原因かもしれません。皆さんはどのように解凍して調理していましたか?冷凍カニは、解凍方法を工夫することで非常においしく食べることができるようになるのです!

ポイントは冷蔵庫の中でゆっくり解凍すること!

冷凍カニは、室温ではなく冷蔵庫でゆっくりと解凍しましょう。早く食べたいからといって室温で放置したり、電子レンジの解凍機能を使って急速解凍していませんか?この急速解凍を行うと、残念なことにカニの旨みエキスはきれいに水分として流れ出てしまいます。また、室温で解凍してしまうと、水分の蒸発が速いため、カニをプリプリにしている細胞内の水分も抜けてしまい、ぱさぱさのカニになってしまうのです。
冷凍カニは、冷蔵庫の中で時間をかけて解凍するのがよいです。カニの大きさによって解凍にかかる時間は異なりますが、最低12時間程度は見積もっておいた方がいいので、カニを食べようと思っている日の前日から冷蔵庫で解凍し始めましょう。大きいカニだと完全に解凍できるまで24時間くらいかかる場合もありますので、余裕をもって準備しましょうね。
また、冷蔵庫で解凍する場合にも、よりおいしく解凍する方法があります。冷凍カニは、カニ自体が持っている水分を飛ばさないように、急速冷凍の過程で乾燥を防ぐための【グレース】(薄い氷の膜)処理がされています。
せっかくグレース処理がしてあるので、解凍の過程で乾燥するのを防ぐために、解凍の際は、新聞紙、キッチンペーパーで包み、水切りパットにのせ、さらにビニール袋に入れて冷蔵庫で解凍を待ちましょう。このひと工夫で、抜ける水分をグレースとそのほか最小限の水分にとどめることができ、プリプリ食感のカニが用意できます!
また、解凍後のカニの再冷凍は品質を低下させる原因になりますので、食べ切れなかったからといって再冷凍することは避けてください。食べ切れる量のみ解凍するようにしてくださいね!

急ぎで食べたい時は

時間をかけて解凍しないといけない……そんなことはわかっていたけど、どうしても急ぎですぐ食べたい!という方は、冷凍カニをビニール袋にいれ、流水解凍で対応しましょう。流水で30分程度解凍をおこなうと、時間をかけて解凍した場合には劣るかもしれませんが、おいしく食べることができますよ!
さらにもう少し時間に余裕がある方は、流水解凍は70%程度で止めて、残りは冷蔵庫で解凍する場合と同じように時間を少しおいて解凍すると、よりおいしく仕上がります。急いでいるからといって、熱を与えて解凍したり、室温で解凍したりすると旨みが抜け出し、ぱさぱさになってしまうので、それだけは避けてくださいね!

冷凍カニをおいしく食べるためには

乾燥させない

繰り返しになりますが、冷凍カニをおいしく食べるためには、絶対に乾燥させないこと。おいしい状態で急速冷凍しているのに、解凍方法を失敗してカニが乾燥してしまっては元も子もありません!解凍の際には、乾燥には一番気を遣ってくださいね。

急に解凍させない

また、室温で急に解凍させたり、電子レンジの解凍機能を使って解凍したり、ということは言語道断!カニのよさを全部台無しにしてしまうので、絶対にやめましょう。旨みがばっさり抜けてしまいます。

そのまま鍋に入れて茹でてもいいの?

カニ鍋にする場合でも、冷凍状態のカニをそのまま入れることは避けましょう。カニ鍋に最適な解凍状態は、【半解凍状態】。解凍するのに24時間くらいかかるカニを鍋に入れようとする場合は、同じように新聞紙やキッチンペーパーでくるんだのち、水切りパットにのせて、ビニール袋に入れて冷蔵庫で12時間程度時間をかけて解凍しましょう。半解凍状態のカニをカニ鍋に入れ、あとは鍋の中で火を通すイメージです。

おいしいカニになるかは解凍方法次第!

知人からの贈り物でカニをもらったり、スーパーや百貨店でおいしそうなカニが目に留まって食べたくなったりしても、もう安心ですね!おいしいカニの食べ方はみなさんもう理解していただけたと思います。
せっかくおいしい食べ物をもらったからには、その素材の味のまま食したいですよね。冷凍カニは解凍方法にひと工夫するだけで全く味が変わってきます。少し面倒ですが、おいしいカニを食べるため……と割り切って、解凍するようにしましょうね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カニ まとめ 北海道

もうすぐ旬を迎えるシーフードグルメといえば「カニ」ですよね。今回は札幌でカニの食べ放題ができるおすすめ店9選を紹介します。ランチどきに安いお得なお店からお肉の食べ放題も一緒に楽しめるお店まで揃えました。札幌に…

アメリカ 寿司 タコス レシピ カニ アボカド 天ぷら

今アメリカで話題のハイブリッドフード「寿司タコス」はご存知でしょうか?揚げた海苔でお刺身はもちろん揚げ物までサンド!意外だけれどおいしそうな組み合わせで、人気を博しているようですよ。一体どのような料理なのか、…

カニ

ズワイガニの中でも色々な呼び方がありますが「セコガニ」という名前を聞いたことはありますか?ズワイガニのメスを指し、1年で食べられるのはわずか2か月ほど。卵の味がまた格別で一度食べると忘れられず、毎年お取り寄せ…

カニ 新橋

かに地獄名物は”競り”が行われること!TVでも紹介されるほど話題で、ありえない価格で絶品をゲットできるそうです。冬はかに鍋も登場し、心ゆくまでカニを楽しめるとか♪

カニ

カニ鍋やカニしゃぶ、カニすきなど、冬はカニ好きな人にとっては楽しみな季節ですよね?ところで、みなさんは「ズワイガニ」を漢字で書けますか?ズワイガニの特徴をよくとらえた漢字です。人気ガニの漢字、書けないとヒンシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

羽田空港 お土産 スイーツ 東京 まとめ

羽田空港には、選びきれないほど多くのお土産があります。でも、空港にいる時間はわずか……。そんなときにおすすめしたい、喜ばれること間違いなしのお土産をまとめてみました!旅行や帰省のときなどの参考にしてみてくださ…

ワイン 日本酒 まとめ

今回紹介するのはチェーン居酒屋にも置いてある、ワイングラスで飲むと美味しい3つの純米吟醸酒です。日本食だけじゃなく、フランス料理などに合わせて飲むのもおすすめです!

まとめ

「ねとめし」とは、ネットで話題の料理レシピのことです。2014年を振り返ると様々なものがありましたね!どれも簡単でおいしいというところが話題となった理由でしょう。皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?

ケーキ スイーツ チョコレート まとめ

1月23日(金)、全国の「シャトレーゼ」で「産直スイーツフェア」が開催!フェアでは、産地直送の苺を贅沢に使用したショートケーキ『農家直送苺とうみたて卵をたっぷり使った特撰ショートケーキ』など注目スイーツが期間…

ドリンク まとめ

「鏡月」と聞くと、酒好きの人の家には必ず1本はあるイメージですよね!飲みやすくて美味しいと大好評のお酒。今回はそんな『ふんわり鏡月』をもっと美味しく飲む方法のまとめをご紹介します♫是非、試してみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

まとめ

スウェーデンを代表するインテリアとして人気を集める「ベルサ」。大きくインパクトのある葉っぱ模様がかわいく、キッチンや食卓に抜群の存在感を与えてくれます。わたしたちの生活に取り入れたい「ベルサ」には、どうのよう…

お弁当

「たんぽぽ肉巻き」は、いまインスタで注目されているキュートなデコおかずのひとつ。ころんとしてかわいいので、お弁当にもぴったりです。さっそく、たんぽぽ肉巻きの作り方やアイデアレシピをチェックしてみましょう。ほか…

DIET_SPO_k

運動好きのアクティブ管理栄養士。 食べること、動くこと、楽しいこと...

ページTOPに戻る