ローディング中

Loading...

健康や美容にいい飲むヨーグルト。その手軽さに惹かれて冷蔵庫に常備し、つい飲みすぎて太る……なんて可能性も侮れません。普通のヨーグルトとの違い、気になるカロリーや効果的な飲み方にも注目してご紹介します。正しい知識で、健康的に摂取しましょう。

飲むヨーグルトって太るの?

健康のため、美容のため、ダイエットのため……。さまざまな目的で、日頃から飲むヨーグルトを愛飲している方は多いと思います。手軽でなによりおいしいから、とついついたくさん飲んでしまうこともあるかもしれません。そんな飲むヨーグルトのカロリー、気にしたことはありますか?もしかしたら、太る原因のひとつとなってしまっているかも!?

カロリーはどれくらい?

それでは、飲むヨーグルトはいったいどれくらいのカロリーがあるのでしょうか。スーパーのヨーグルト売り場には、プレーンタイプのもの、加糖タイプのもの、果肉や果汁入りのものなど、たくさんの種類の飲むヨーグルトが並んでいますね。
そのメーカーや製品によって違いはあるものの、平均して100mlあたり70kcalほどのものが多いようです。

固形のヨーグルトと何が違うの?

発酵の工程が違う

飲むヨーグルトは、サラサラして口当たりも軽いため、固形のヨーグルトを水分で薄めているものだと思っている方もいるかもしれません。ですが、そうではなく、固形のヨーグルトをそのまま攪拌(かくはん)して、液体にしたものが飲むヨーグルトなんです。つまり、その中に含まれる乳酸菌も同じ量なのです。したがって、固形タイプと飲むタイプの乳酸菌の量やはたらきは同じということになります。
そして固形のヨーグルトと飲むヨーグルトは、発酵するタイミングに違いがあります。固形のヨーグルトのなかでも、甘味料や果肉の入っていないプレーンタイプのヨーグルトは容器に充填されてから発酵します。ですが、飲むヨーグルトは、発酵してから容器に充填されます。これを前発酵というのですが、甘味料や果肉を入れるヨーグルトもこのタイプです。

ふたつのカロリーの違いは?

では、カロリーにはどれくらい違いがあるのでしょうか?プレーンタイプなら、固形タイプも飲むタイプも違いはほとんどありません。ですが、ほとんどの飲むヨーグルトには、飲みやすいように糖分が加えられていますから、そのぶんカロリーも高くなってしまいます。糖質を気にしている方であれば、成分表示に注意して購入するように気をつけてくださいね。

結局、飲むヨーグルトは太るの?

それでは結局のところ、飲むヨーグルトは太りやすいのでしょうか?糖分が加えられているといっても、一度に摂取する量が飛び抜けて多いというわけではありませんから、適量を飲むぶんには気にすることはないでしょう。
しかし、固形のものに比べて手軽に摂取できるという飲むヨーグルトの魅力が裏目に出てしまうことも。スプーンとお皿を用意する手間もなく、コップに注ぐだけで飲むことができますから、ついつい飲みすぎてしまうこともあるかもしれません。飲み過ぎるとカロリーや糖分の過剰摂取につながってしまう危険性もありますから、気をつけましょう。

毎日飲んでも大丈夫?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内環境を整えてくれることはみなさんご存知ですよね。その乳酸菌のはたらきを実感するためには、なにより続けることが大事です。たとえば便秘解消が目的なら、ヨーグルトによって一度便秘が解消されたら終わりではなく、それからもよりよい腸内環境を維持していくことが大切なんです。
もし短期間で効果がみられなくても、飲み続けることで腸内環境が保たれて、健康的な生活につながるでしょう。また、ヨーグルトとの相性もありますから、ひとつの製品だけを試してみて、あまり効果が実感できずにやめてしまうのではなく、いろいろな製品を試してみると、自分に合ったものが見つかると思います。ぜひ、毎日の飲むヨーグルトを習慣にしてみてください。

飲むヨーグルトの嬉しい効果

まず、先ほどの便秘解消効果があります。この効果を高めたいのなら、夜、特に夕食後に飲むのがおすすめです。
特に、22〜2時は腸のはたらきが活発になる時間帯にあたり、その時間にヨーグルトを摂取することで、腸内での乳酸菌のはたらきが活発になります。この時間帯ですと、ちょうど寝る前になりそうですね。便秘が解消されると基礎代謝もアップして、痩せやすい身体になりますし、老廃物が体の外に排出されますから、美肌効果も期待できるんですよ。
また、乳酸菌だけでなくカルシウムも、ヨーグルトに豊富に含まれている栄養素です。カルシウムは骨や歯を丈夫にするもの、と思いがちですが、じつはカルシウムには脂肪燃焼効果があり、カルシウムが不足すると脂肪を溜め込みやすくなってしまうんです。
夜は成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯でもありますから、この時間帯に摂取することで、さらに脂肪燃焼効果が高まります。夜に飲むことで、このふたつの効果がどちらも高まるのは嬉しいですね。

効果的な飲み方

ヨーグルトにはたくさんの身体に嬉しい効果があることがわかりましたが、それではその効果を高める飲み方はあるのでしょうか?
これからの時期、日に日に増してくる寒さに、あたたかい飲み物が恋しくなりますよね。じつはヨーグルトもホットにして飲むのがおすすめなんです。
ヨーグルトといえば冷たいもの、というイメージを持っている方もたくさんいると思いますが、冷たいまま飲んでしまうと腸が冷えて、機能が低下してしまいます。すると、カルシウムの吸収率も下がってしまうんです。せっかくの脂肪燃焼効果を高めるためにも、ぜひホットにして飲んでみてください。
そして、温かいものを飲むことで身体も温まり、基礎代謝も上がるのでさらにダイエット効果も期待できます。また、冷え性に悩む方にも、この飲み方はぴったりですね。

ホットヨーグルトのおすすめレシピ

ナッツとシナモンのホットヨーグルト

ヨーグルトにハニーナッツをのせ、レンジでチンするだけ。お好みでシナモンパウダーをかけてもおいしく召し上がれます。手軽にホットヨーグルトを楽しめそうですね。

生姜と果物のホットヨーグルト

プルーンやりんごなどの果物を柔らかくなるまで煮たら、黒糖・はちみつ・りんご酢・生姜で味をととのえます。ヨーグルトを加えてひと煮立ちしたらできあがりです。果物のさわやかな酸味とヨーグルトがマッチしておいしそうですね。

納豆とキムチのホットヨーグルト

ヨーグルトをレンジでチンしたら、納豆を入れてよく混ぜます。そこにキムチをトッピングして完成です。すべて発酵食品なので栄養満点!意外な食感がクセになるのだとか。

トマトとオリーブオイルのホットヨーグルト

温めたヨーグルトにトマトをのせ、オリーブオイルを回しかけます。塩を振り、バジルをトッピングして完成です。さわやかな朝食にいかかですか?

手軽に飲んで健康な体へ

いかかでしたか?手軽でおいしい飲むヨーグルトには、女性に嬉しい効果がたくさんありますね。自分に合ったヨーグルトを見つけて、時間帯や飲み方にも気を配ってみると、効果を最大限に引き出すことができそうです。飲むヨーグルトを味方につけて、健康な毎日を手に入れましょう。ただ、加糖されたものの飲みすぎには注意!
▼ヨーグルトを上手に取り入れましょう♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スープ まとめ

「あとひと品!汁物がほしい……」そんなときにおすすめなのが「中華スープ」です。卵でふんわり仕上げたり、ワカメを入れたりと、素材が少なくても簡単に作れる人気のレシピです。今回は、マンネリ解消にもつながるおすすめ…

ヨーグルト ドリンク スムージー

マックカフェ バイ バリスタに、「ストロベリーヨーグルトスムージー」「ストロベリーヨーグルトドリンク」「グリーンアップルヨーグルトスムージー」「グリーンアップルヨーグルトドリンク」が登場。見た目も可愛いデザー…

栃木 ヨーグルト

栃木のご当地ドリンクとして知られているレモン牛乳。そのレモン牛乳が、ソフトクリームに変身してさらに注目を集めているって知っていましたか?今回は、レモン牛乳をたっぷりと使用した「レモン牛乳ソフト」をご紹介します…

豚肉 マヨネーズ レシピ

今回ご紹介するのは、レンジだけで作れる簡単「豚バラもやしのレタス巻き」のレシピです。シャキシャキ食感のレタスと、豚バラ肉の香ばしさが相性抜群!ヘルシーなのに食べ応えもあるこのレシピは、ダイエット中の方にもおす…

パフェ

洋菓子ブランド「銀のぶどう」から、『「パフェ・アート」糖質とカロリーにこだわりました』が登場。おいしさ・かわいさはもちろん、気になる糖質とカロリーにもこだわりが!話題の「シールド乳酸菌®」も加えられています…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

みなさんは、ガムが取れなくて困った……!なんて経験、したことありませんか?しょっちゅうあることではないけど、実際にそうなってしまうとかなり困りますよね。そこで今回は、ガムの正しい取り方をご紹介!これでもう大丈…

みなさんは、レシピ本などで「ゆでこぼす」というワードを見たことがありますか?立派な調理法のひとつなのですが、知らないという方が意外と多いのではと思います。そこで今回は、「ゆでこぼす」の意味や方法をはじめ、その…

amino_san

人の作ったごはんが好きです。栄養学を勉強しています

ページTOPに戻る