ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

ごはんやお酒が進む「西京焼き」。高級で自宅で作るのは難しいイメージがあるのではないでしょうか?いえいえ、実は味噌と塩麹があれば簡単にできるんですよ。今回はこれから旬を迎える「たら」を使った西京焼きのレシピをご紹介します!

西京焼きは、身近な食材で作れる!

酒粕と白味噌の香りが染みた西京漬け、おいしいですよね。材料を混ぜて浸すだけ、と実は簡単ですが、材料が普段の調味料ではないのが難点ですね。

地域によっては白味噌を常備できませんし、酒粕も普段からなかなか置いてあるものではありません。食べたい気持ちは山々でも、西京漬けのために食材を買うのも迷うところですね。

というわけで、今回は身近かつ日持ちする食材で簡単に西京漬けが作れるレシピをご紹介します!手に入りやすい味噌と塩麹を使って、なんちゃって西京漬けを作りましょう。今回はあっさりとした「たら」を使ってみました。

塩麹の作用で魚の生臭みも抜け、身はふっくらと焼きあがります。本物の西京漬けに負けず劣らない逸品に仕上がりますよ。

『塩麹でお手軽!たらの西京焼き』の作り方

分量(10切れ分)

たら(白身魚) 10切れ
A 味噌 大さじ5
A みりん 大さじ5
A 塩麹 大さじ3
A 酒 大さじ1
塩 少々

※味噌は白味噌か合わせ味噌で作りましょう。赤味噌でもおいしく作れますが、西京漬けとはまた違った風味になります。

作り方

①使用する魚は鱗を取り除き、食べやすい大きさに切り分けておく。
②塩を全体にまんべんなく振り、5分置く。水分が出るので、キッチンペーパー等で水気をしっかり拭き取る。
塩を振って出て来る水分が生臭みの原因なので、しっかり拭き取りましょう。
③密封袋に、鱈を重ならないように並べる。
④Aを混ぜ合わせた調味料を注ぎ、空気が入らないように密封する。
⑤切り身全体に合わせ調味料を行き渡るよう、軽く揉み込み、一晩冷蔵庫で寝かせる。
中までしっかりと調味料を染み込ませるために、最低でも一晩は寝かせましょう。
⑥表面を軽く拭い、低温でじっくり焼きあげる。

日本酒に合わせて召しあがれ

箸をいれると、身はふっくら柔らかですよ。ほんのり焦げた味噌の香ばしい香りが、食欲をそそります。

西京漬け独特の麹の香りがよく、日本酒や焼酎がよく合います。冷めてもおいしくいただけるので、お弁当や作り置きおかずにもぴったりですよ。

焼く際は、通常の西京漬けと同じように焦げやすいので、低温でじっくり焼きましょう。フライパンにクッキングシートを敷いて片面ずつ焼くと、焦げづらく手軽に食べることができますよ。お好みで、少量のお醤油を垂らしてもおいしいですよ。

切り身のままお魚を置いておくよりも、西京漬けにして置くと保存もきくのでおすすめです。ぜひ、みなさん作ってみてくださいね。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

きのこ パスタ 〆ご飯 おつまみ

お酒を飲んだ後、ちょっとお腹に入れたいことってありますよね。「でも、カロリーが気になるし……」と躊躇してしまう時は、ローカロリーな和風パスタはいかがでしょう?しめじをたっぷり使用。…

大根 和食 おつまみ

リーズナブルで脂が乗ったぶりのあら。くさみ抜きが大変そうに思うかもしれませんが、実はとってもカンタン!骨から旨味が滲み出て、寒い日にほっとする煮物です。今回は、基本の『ぶり大根』をおさらいしてみましょう!

中華料理 中華 にんにく おつまみ

女性にうれしい栄養がたっぷりのレバーを、おいしいおつまみに!強火でジュッと加熱すれば、とってもカンタンにレバーの臭み抜きができますよ。軽く焼き揚げしたレバーに甘辛いタレをからめれば、こたえられない味わいに!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ アレンジレシピ まとめ

永谷園の社長、ミルク茶漬けを提案する--そんな衝撃的なニュースが飛び込んできました。この提案は、“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子さんやお笑い芸人の柳原加奈子さんらが出席した、お茶漬…

レシピ まとめ

レシピブログやクックパッドなどで人気の、「ひよこ食堂」さんの人気のおかずのレシピを10選しました♪ご飯が進むおかずばかりなので、夕食のメニューに困った際にはぜひ見てください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

まとめ アメリカ レシピ スイーツ

オーストラリアやアメリカで、いま人気の「ブリスボール」。ヘルシーでおいしく、しかも見た目がキュートで小腹がすいたときに食べるのにもピッタリなんです。今回は基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。お好きなド…

お菓子

北欧では定番のお菓子「リコリス」。その黒々とした見た目や「世界一まずい」と称されることもある特徴的な味わいからテレビで取り上げられることもしばしば。そもそも、リコリスとは何なのでしょうか。またどんな味がするの…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/