ローディング中

Loading...

朝市は今や全国どこにでもあります。その土地の名産品や、旬の農産物、魚介類などがお得に購入でき、見ているだけでワクワクしますよね。今回は朝市の中でも、日本一と言われている函館の朝市でおすすめのお店を20店舗ご紹介します!

北海道を訪れたら函館の朝市へ!

http://macaro-ni.jp/36035

Photo by mrcmos / Shutterstock.com

朝市に出かけたことはありますか?朝市とは持ち寄った野菜や魚介類などを売買する市(いち)のことで、どこでもいつでも大人気です。一般的に朝市とは決まった日の早朝に開催されることが多いのですが、常設の市場で「朝市」と名乗るところもあるんです。

それが「函館の朝市」です。今回は函館の朝市の歴史や特徴、出店しているお店のこだわりや人気メニューなどを紹介いたします。

函館の朝市について

函館の朝市は函館駅からすぐのところにあり、地元の人だけでなく観光客にも人気がある名物スポットとなっています。青果物、生鮮品、干物、珍味、米穀、生花から衣料品、日用雑貨、そして食堂までなんでも揃う一大ショッピングモールです。

函館朝市の歴史は戦後の闇市から始まります。立ち退きや土地の明け渡しの憂き目に遭いながら、昭和31年、現在の場所に落ち着き、朝市連合会が誕生しました。昭和62年には函館朝市協同組合連合会を設立し、有名な朝市から一流の朝市へを合言葉に発展を遂げてきました。

函館の朝市おすすめのお店20選

函館の朝市は昔から市民の台所として親しまれているほか、旬の食材がいただけるとあって人気の観光スポットとなっています。ここでは、行ったら立ち寄るべき有名店や、新鮮な海鮮丼がいただけるお店などをご紹介します。

1.一花亭(いっかてい)たびじ

函館駅より徒歩2分。おいしいお酒と新鮮な海鮮がいただける人気の和食居酒屋で、地元の人をはじめ、観光客にも人気があるお店です。水槽で泳いでいる函館沖のイカをさばいてすぐに出してくれるんですよ。

活いか踊り丼

生きたイカ1杯が丼にのっていて、イカの足に醤油をかけるとクネクネ動き出します。その姿がまるで踊っているようなので「活いか踊り丼」というんですね。お値段は1,890円。透き通った身とコリコリの足は納得の食感だそうですよ。

店舗情報

■店舗名:一花亭たびじ
■最寄駅:JR函館駅から徒歩2分
■住所:北海道函館市若松町8-20 どんぶり横丁内
■電話番号:0138-27-6171
■営業時間:【4~10月】5:00~15:00
      【11~3月】6:00~14:00
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1008792/

2.いくら亭

店名に「いくら」と付くだけあって、いくらの品質は最高で、まったく臭みがありません。こちらのお店は函館名物の塩ラーメンも食べることができるので、どちらも堪能したい人にはぴったりのお店なんですよ。

函館丼(かに・いくら・うに)

北海道の代表的な海産物ビッグ3と言っても過言ではない王道なおすすめ丼です。お値段は1,890円。あたたかいご飯の上にプチっと歯ごたえの良いイクラと、身のしっかりとしたカニ、そして全く臭みのない濃厚なウニがのっています。

店舗情報

■店舗名:いくら亭
■最寄駅:JR函館駅から徒歩2分
■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
■電話番号:0138-23-3422
■営業時間:【5月~10月】5:00~20:00
      【11月~4月】7:00~17:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1008415/
■公式HP:http://www.hakodate-asaichi.com/ikuratei/

3.恵比寿屋食堂

昭和23年創業、北海道産にこだわりぬいた食材をを使った丼と定食が食べられるお店です。お店の水槽には活イカも泳ぎ、どんぶり横丁の人気店なんですよ。

朝市丼 (うに・いくら・ホタテ・いか・えび)

海の幸が勢揃いした人気の朝市丼は、出汁の効いた岩のりと豆腐の味噌汁、お新香が付いて2,590円。これでもかとのった豪華なビジュアルに食欲が湧きますよね。イクラ丼やウニ丼、三色丼などは大・中・小と大きさが選べるので、女性にはうれしいですね。

店舗情報

■店舗名:恵比寿屋食堂
■最寄駅:JR函館駅西口から 徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-16
■電話番号:0138-23-1602
■営業時間:06:00~18:00
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1003463/
■公式HP:http://www.ebisuyashokudo.com/

4.すしの鮮昇(せんしょう)函館朝市店

天然水で炊いたシャリで握る、こだわりのお寿司やさんです。どんぶりばかりじゃ物足りないという方はお寿司でネタの良さを堪能しましょう。お寿司でも丼でも、どちらも楽しめるうれしいお店です。テイクアウトも可能ですよ。

握り5貫

大きすぎず小さすぎずのシャリにツヤツヤの新鮮なネタ。こちらは5貫で1,000円のセットです。熟練の職人さんが握るお寿司は、シャリがホロッとお口の中でとけて、ネタのおいしさをしっかりと引き立たせてくれます。

店舗情報

■店舗名:すしの鮮昇 函館朝市店
■最寄駅:JR函館駅から徒歩5分
■住所:北海道函館市若松町9-18 函館朝市内どんぶり横丁
■電話番号:0138-49-9695
■営業時間:6:00~13:30
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1046175/

5.くうどん亭

リーズナブルな価格で地元客の利用が多いお店です。朝市には珍しく、夜まで営業している地域密着型の食堂なんですよ。朝早く行かなくても食べられるというのがうれしいポイントですね。

まかない丼

明太子、イクラ、ネギトロ、サーモン、イカなどなど、まかない丼というだけあって気取らない盛り付けでトッピングされています。お味噌汁と小鉢と漬物が付いて1,500円。中身は季節によって異なりますが、お得感満載のメニューです。

店舗情報

■店舗名:くうどん亭
■最寄駅:JR函館駅から徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町9-15
■電話番号:0138-26-3055
■営業時間:7:00~21:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1046038/

6.いっせきにちょう 函館朝市店

イカ釣り広場に隣接する、炭焼き、刺身、お酒が楽しめるお店です。海鮮を炭焼きするいい香りが辺りに充満しているんですよ。お土産も買うことができ、とてもワクワクするお店なんです。

生牡蠣

生牡蠣は新鮮プリプリで、磯の香りがたまりません。焼き牡蠣は甘くてとろける味わいだそうですよ。新鮮な牡蠣だからこそ、こんな贅沢な食べ比べができるんですね。牡蠣は1個600円です。

店舗情報

■店舗名:いっせきにちょう 函館朝市店
■最寄駅:函館駅から徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-19
■電話番号:0138-22-5330
■営業時間:6:30~14:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1041328/

7.函館朝市どんぶり横丁市場道乃家食堂

函館朝市どんぶり横丁内にある創業昭和30年の老舗のお店です。リーズナブルなお値段なので海鮮をたっぷりと堪能したいという人にはおすすめですよ。

海鮮丼

海鮮丼はサーモン、タコ、ホタテ、エビ、イカ、マグロ、イクラがのって、イカ刺しとカニの味噌汁が付いて1,000円です。この海鮮丼も人気ですが、おすすめは、1階の道下商店で好きなネタを選び、それをそのままオリジナルの海鮮丼してもらうというもの。これも市場の醍醐味、一度は食べてみたいですよね。

店舗情報

■店舗名:函館朝市どんぶり横丁市場道乃家食堂
■最寄駅:JR函館駅から徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
■電話番号:0138-22-6086
■営業時間:
【月・水~日・祝・祝前】春 6:00~14:00 17:00~21:00
【月・水~日・祝・祝前】冬 7:00~14:00 18:00~21:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1017155/

8.朝市櫻桂(おうけい)

元気な女将さんが切り盛りするこちらのお店。こちらは夕方まで開いていることもあり、ほとんどのお店が昼過ぎには閉まってしまうなか、とても重宝するお店ですね。

うに・いくら丼

自分で選べる丼が自慢です。「ウニ」がメインのようで、ウニ+1種、ウニ+2種、ウニ+3種など、好きな具材が選べます。ウニ+イクラは1,900円。ほかに5種盛りや8種盛りもあります。もちろん、ウニだけでもOKですよ。ウニ好きにはたまらないですよね。

店舗情報

■店舗名:朝市櫻桂
■最寄駅:函館駅から徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-15
■電話番号:0138-26-0612
■営業時間:6:00~15:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1015964/

9.すずや食堂

朝市の海側にあるお店です。店内は手前で海産物やお土産が売られていて、奥のほうが食堂になっています。席数も多く広めのお店なので大人数でも安心ですよ。お店の方に尋ねれば、丁寧に観光案内もしてくれるというところも人気の秘密。

選べる海鮮の勝手丼

10種類の具材の中から5種類が選べます。ウニを入れると+300円になり、6種類選べるようになります。お値段は味噌汁とお新香が付いて1,836円。自分だけの海鮮丼はなんだかうれしいですよね。

店舗情報

■店舗名:すずや食堂
■最寄駅:JR函館駅より徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町10-4 函館朝市内
■電話番号:0138-23-0461
■営業時間:6:00~14:00
■定休日:年中無休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1008454/
■公式HP:http://www.hakodate-asaichi.com/suzuya/

10.あけぼの食堂

和食オーナーシェフのお店です。日本料理畑一筋に研鑚を積んできた店主の作る海鮮丼は口コミで人気が広がり、全国各地からのリピーターや常連客で賑わっています。

無添加生うに丼

店用に特別加工している、ミョウバンや凝固剤不使用の無添加生ウニをたっぷり使った無添加生ウニ丼は2,205円。ウニは色もきれいで、とってもクリーミーです。ほかにも、すべて自家漬けのイクラなど、お店のこだわりがいっぱいなんですよ。

店舗情報

■店舗名:あけぼの食堂
■最寄駅:JR函館駅から徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-18 どんぶり横丁
■電話番号:0138-27-0502
■営業時間:6:00~15:00
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1002570/

11.朝市食堂二番館

ワンコイン(500円)から海鮮丼を食べることができるとして有名なお店です。朝市内の市場2階に併設されている穴場スポットなんですよ。500円とは思えない豪華な丼がいっぱいです。

500円の海鮮丼

こちらの海鮮丼も当然500円!海鮮丼のほか、イクラ丼、カニ丼、イカ刺し丼、五目丼などなど、味噌汁とお新香が付いてみんな500円。コスパを重視するならこの店に限ります。
■店舗名:朝市食堂二番館
■最寄駅:函館駅より徒歩5分
■住所:北海道函館市若松町9-19 函館朝市内駅二市場 2F
■電話番号:0138-22-5330
■営業時間:6:30~14:00 
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1005688/

12.朝市の味処 茶夢(ちゃむ)

このお店の特徴は、小皿のお惣菜がたくさん付いてくることです。お惣菜を目当てに訪れる人もいるほどなんです。また、お土産売り場も充実していて、なんだか玉手箱のようなお店ですね。

函館丼

函館丼とは、ウニ、カニ、イクラの三色丼です。魚から取り出し、主人自ら漬けているというイクラに、全く臭くないウニ、ほどよく塩気の効いたカニ、どれも新鮮でとてもおいしいです。お値段は1,600円ですが、丼が運ばれてくる前に小皿がどんどんと運ばれてきます。
この小皿がこちらのお店の名物!全部がサービスなんです。この品数で1,600円というのは破格ですよね。

店舗情報

■店舗名:朝市の味処 茶夢
■最寄駅:JR函館駅から徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
■電話番号:0138-27-1749
■営業時間:7:00~15:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1001132/

13.馬子とやすべ

どんぶり横丁を入ってすぐ目の前にあるお店です。「馬子とやすべ」という店名は「馬子食堂」と「やすべ食堂」を営業していた兄弟が2人でこちらのお店を営業するときに、双方の旧店名を繋げたということです。

函館朝市五色丼

五色丼の中身は、エビ、ホタテ、ウニ、サーモン、イクラです。このボリュームで1,680円です。イカの刺身も人気で、新鮮なイカは足はコリコリ、目玉まで食べられます。

店舗情報

■店舗名:馬子とやすべ
■最寄駅:JR函館駅から徒歩2分
■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
■電話番号:0138-26-4404
■営業時間:6:00~16:00
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1004295/
■公式HP:http://www8.plala.or.jp/makotoyasube/

14.鮨処 はこだて

朝市どんぶり横丁の数ある店舗の中で、赤酢で味付けされたシャリを楽しめるのはここだけです。新鮮なネタとの相性を考え、昔ながらの赤酢を使用しているんです。やさしい酸味が素材を引き立ててくれるんですね。

甘エビとサーモンの丼

好きなネタ2種、あるいは3種で作ってくれる丼です。3種選んでも1,850円。どんぶりの上に豪快に並んでいます。お寿司屋さんなので、もちろん、握り寿司も人気ですよ。

店舗情報

■店舗名:鮨処 はこだて
■最寄駅:函館駅から徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町9-14
■電話番号:0138-22-5333
■営業時間:7:00~21:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1004923/

15.のんちゃん

朝市ひろば内にある「のんちゃん」。朝市ひろばはいわゆる「フードコード」なので、気軽に入ることができますね。イカの生け簀もあり、フードコートを侮るなかれ、と言わざると得ません。

うにいか丼

丼はいろいろ選べます。こちらの「うにいか丼」は中が1,500円、大が2,000円。どの丼にもカニ汁が付いています。函館といえばやはりイカははずせませんね。プリプリのイカとクリーミーなウニのハーモニーが楽しめるひと品です。

店舗情報

■店舗名:のんちゃん
■最寄駅:函館駅から徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町9-22
■電話番号:0138-26-3100
■営業時間:5:00~15:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1030568/

16.史実(ふみ)

朝の定食から丼まで、リーズナブルなお値段でいただける朝市のお店です。ルビーのようなイクラがたっぷりの丼や、ホッケをジューシーに焼いたホッケ定食など、ボリューミーな朝ごはんやランチ、サイドメニューもたくさんあります。

うに・いくら丼

新鮮なウニと自家製イクラがふんだんに盛られたウニ・イクラ丼は1,160円。ほかにもイカ、カニ、甘エビなどの丼もお得なお値段でいただけます。

店舗情報

■店舗名:史実 (ふみ)
■最寄駅:函館駅から徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町9-18
■電話番号:0138-23-6479
■営業時間:【平日】6:00〜15:00
      【土曜日】6:00〜15:00
      【日曜・祝日】6:00〜15:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1000206/

17.きくよ食堂 本店

昭和31年創業の歴史ある老舗で、函館朝市にひっそりと佇むカウンタ-10席ほどのかなりこじんまりとしたお店です。地元に住んでいる人にも有名な食堂です。ネタばかりでなくお米にもこだわっているんですよ。

元祖函館巴丼(うに・いくら・ほたて)

ウニ・イクラ・ホタテがのった元祖函館巴丼、レギュラーサイズは1,680円、ミニサイズは1,380円です。ミョウバン不使用のウニは自然な風味の甘さがあり、イクラは新鮮でプチプチ、口の中ではじけるそうですよ。ホタテも甘みがあり、とても贅沢な気分にさせてくれます。丼には岩海苔味噌汁とお新香が付きます。

店舗情報

■店舗名:きくよ食堂 本店
■最寄駅:JR函館駅から徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町11-15
■電話番号:0138-22-3732
■営業時間:【夏季】5:00~14:00
      【冬季】6:00~13:30
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1000258/
■公式HP:http://hakodate-kikuyo.com/

18.朝市食堂 函館ぶっかけ

自分の好きなネタをのせて作ることができる自分だけの丼、通称三色丼と呼ばれる勝手丼が食べられるお店です。ほかにも自家製のイクラなど、メディアにも紹介されるほどの有名店です。 また海産物も一緒に販売しており、食事後にお土産として買うことができます。

三色丼(いくら・うに・いか)

イクラ、ウニ、活イカがのった三色丼、お値段は2,100円です。イクラはプチプチ、ウニは甘みがあり磯の香りが口いっぱいに広がるそうですよ。そしてイカはコリコリの歯ごたえで、ウニ醤油をかけるとおいしさ倍増です。

店舗情報

■店舗名:朝市食堂 函館ぶっかけ
■最寄駅:函館駅から徒歩1分
■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
■電話番号:0138-27-0841
■営業時間:6:00~14:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1007484/
■公式HP:http://www.yayoisuisan.com/

19.函館食道

「えきに市場」内にある無添加いかめし専門店です。できたてのいかめしは数量限定ですが、お土産用に真空パックの冷凍いかめしも売っています。真空パックは冷凍で1ヶ月は日持ちするので、お土産にぴったりですね。

無添加いかめし

甘辛く煮たイカの中にもち米が詰まっていて、もち米にもしっかりイカの味が染み込んでいるのでとってもおいしいです。1パックは2個入りで380円。軟骨は抜いてあるし、口の部分につまようじなどもないのでガブリといけます。冷めてもやわらかくておいしいとのことですが、お店の隣にあるテーブルですぐに食べちゃうのが一番ですよ。

店舗情報

■店舗名:函館食道
■最寄駅:函館駅から徒歩2分
■住所:北海道函館市若松町9-19 函館朝市えきに市場
■電話番号:0138-27-2002
■営業時間:6:00~14:00
■定休日:火曜日、不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1040470/
■公式HP:http://www.asaichi.ne.jp/ekini/shop/hakodate-syokudo/

20.らーめん旭 函館朝市店

海鮮もいいけれど、そろそろ温かいラーメンが恋しくなる季節の到来ですよね。また、「北海道といえばラーメンでしょ!」という方のためにも、どんぶり横丁にあるラーメン店さんをご紹介します。

函館塩ラーメン

函館に来たら塩ラーメンもはずせませんね。お値段は1杯780円。スープはあっさりかと思いきや意外と濃厚で、麺はストレート麺とちぢれ麺の2種類から選ぶことができます。チャーシューが柔らかくてとてもおいしいと評判なんですよ。

店舗情報

■店舗名:らーめん旭 函館朝市店
■最寄駅:函館駅前駅から徒歩3分
■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
■電話番号:0138-27-1700
■営業時間:8:00~15:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1040251/

函館の朝市で食事を楽しもう!

いかがでしたか?函館に行ったら必ず寄りたい函館の朝市。市場の中には、新鮮な海鮮をぎっしり詰め込んだ丼や、活きのいい魚介を食べさせてくれるお店がいっぱいです。ウニやイクラのような高級食材もいいですが、やはり函館と言えばイカですよね。活きたイカは食感からして違います。ぜひ自分の舌で確かめてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キッシュ レシピ ピザ パイ まとめ

キッシュとは、パイ生地やタルト生地に、卵とクリームを流し込んで焼くフランスの料理。サクッとおいしいキッシュですが、生地を手作りするのは大変ですよね。実は生地を餃子の皮で代用できるのです。今回は餃子の皮で作る簡…

レシピ まとめ

これから旬を迎える「かぶ」。大根に比べて短時間でとろとろに仕上がるのも魅力のひとつです。今回はかぶの栄養や選び方、「かぶの煮物」の人気レシピから、下茹でのコツなどをご紹介!ひき肉やかぶの皮を活用したレシピもお…

まとめ

コーヒーと輸入食品で大人気のカルディですが、チョコレートも豊富なアイテムを取り扱っています。海外製品だけに味わったことがない商品もあり、どれを選んだらよいか迷いますね。季節商品や限定商品も含めて、カルディのチ…

おにぎり レシピ まとめ

日本人に欠かせない主食のひとつおにぎりは、昼食としてはもちろん、小腹が空いた時の軽食としても重宝します。そんなおにぎり、どんな風に保存していますか?実はおにぎりは冷凍保存がおすすめ!今回は冷凍保存時のポイント…

スイーツ ティラミス チョコレート ケーキ まとめ

大容量パックの商品が人気のコストコ。なかでもスイーツは注目度が高く、ぜひともチェックしておきたい商品が目白押しです!定番スイーツからカロリー控えめのものまで、一度は味わっておくべきコストコのおすすめスイーツを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

赤坂 新橋 お好み焼き まとめ

広島の方にも、都内で広島風お好み焼きが好きな方にもおすすめしたいお店まとめです。人気のお店を8選ピックアップしました。飯田橋、神田、旗の台、新橋と食べ歩きにもいいですね★今回の記事を参考にぜひ訪れてみてくださ…

チョコレート 専門店 スイーツ まとめ

「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とは、カカオ豆からチョコレートにするという製造の工程を一貫して行うこと。その手間によって独自の味を持ち、市販のものとは全く違うものに!では、ビーントゥバーが味わえる…

東京 ランチ まとめ

「孤独のグルメ」という松重豊さんが主演で、ドラマ化されたことでも話題の漫画をご存知ですか?今回はそんなドラマの中に登場した松重豊さん演じる井之頭五郎が実際に食べた東京の美味しそうなグルメを6店舗ご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ 作り置き まとめ

人気ブロガーYUKAさんから学ぶ時短レシピ弁当のご紹介です。お金と時間をかけずに作れるレシピは、ご家庭で重宝すること間違いなし!お子様や旦那様のお弁当はもちろん、働く女性の方にも最適です。毎日のお弁当作りや献…

レシピ グラノーラ ココナッツオイル

今話題のココナッツオイルを使った簡単レシピを動画で紹介します。 美容にも健康にもいいのはもちろん、とても美味しく仕上がりますよ。

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...