ローディング中

Loading...

お弁当のおかずや朝ごはんの一品としてなくてはならない「卵焼き」。でも毎朝作るのはちょっとめんどうだったりします。その卵焼きを冷凍できたら、こんな便利なことはありませんよね。今回は、卵焼きを冷凍するときのコツとおいしい作り方をご紹介します!

お弁当には卵焼きを入れたい!

お弁当に入れたいおかずといえば、やはり1番の人気は「卵焼き」ではないでしょうか。甘い派やしょっぱい派など家庭によって味付けの好みは分かれるようですが、卵焼きはお子さまはもちろんのこと、大人も大好きなお弁当のおかずでしょう。お弁当箱を開けた瞬間、目に飛び込むあざやかな黄色に食欲をそそられますよね。

保存したいけど時間が経つとパサパサ…

卵焼きは毎日作りたいけれど、朝の忙しい時間に作るのは結構手間がかかりますよね。作り置きできれば便利だけれど、時間が経つと卵焼きがパサパサになってしまうのが難点。でも、実は卵焼きって「冷凍保存」ができるんです!

今回は、解凍してもふわふわの卵焼きにするための、ちょっとしたコツをご紹介します!

秘密は砂糖かマヨネーズ!冷凍できる卵焼きのレシピ

冷凍する際に一番重要なのは調理時のコツです。「砂糖」か「マヨネーズ」を入れること!それが卵焼きをふわふわに保つ秘訣です。

実は、卵焼きがパサパサになる原因は水分にあります。時間が経って水分が抜けてしまうことで、やわらかく巻いた卵焼きの生地にスポンジ状の穴があき、食感が悪くなってしまうことが原因です。そこに「砂糖」を加えることで卵の保水力を高め、パサパサになるのを防いでくれるんですよ。

そしてもうひとつの大活躍アイテムが「マヨネーズ」。加熱することによってタンパク質に乳化するマヨネーズの植物油が、卵焼きを固くなるのを防いでくれるんです。マヨネーズを入れる際には、卵のかき混ぜ過ぎに注意してくださいね。フワッと空気を入れるようにかき混ぜると、冷めてもふわふわの卵焼きに仕上がりますよ。

ふわふわ状態で保存するコツ

冷凍する際は、必ずしっかり冷ましてからラップで包みましょう。熱いうちに冷凍すると、余計な水分が含まれてしまうので、卵焼きがパサつく原因になります。
できれば、必要な分だけ小分けしてラップしてください。そしてさらに、フリーザーバッグに入れてくださいね。
このときに卵焼きを重ねてしまうとつぶれてしまいますので、重ならないように並べて冷凍するとよいでしょう。
保存期間は2週間をめどにしてください。

卵焼きをふわふわに解凍する方法

お弁当や朝ごはんのおかずにするなら、前日の夜に冷蔵庫に移してゆっくりと解凍するのがおすすめ。お昼に食べるお弁当なら、そのまま入れて自然解凍でもOKです。そうすれば水分が飛ぶことなく、ふわふわの卵焼きが食べられますよ。

意外!冷凍してもおいしいおかず

ロールキャベツ

ロールキャベツは煮込んだスープごと冷凍するのがおすすめです。粗熱をとって冷ましたロールキャベツを、スープごとフリーザーバッグに入れます。このときロールキャベツ同士が重ならないよう、なるべく平らになるようにしましょう。

コンテナタイプのケースに、スープごと入れて冷凍しておけば、そのまま電子レンジでチンすればよいので便利ですよ。コンソメスープにしておけば、解凍したあとでトマトやカレーなどを加えてのアレンジも可能ですね。

ローストビーフ

ローストビーフを長く保存したい場合にも、冷凍保存がおすすめです。冷凍なら半月~1ヶ月ほど保存することができます。冷凍保存はブロックのまま保存したほうが日持ちしますので、使い切りやすい大きさにカットして、小分け保存するのがおすすめですよ。必要な分だけ解凍して使えるので便利ですね。

冷凍する際には、粗熱を冷まし、キッチンペーパーなどで汁気をとって、ラップでぴったり包んでください。さらに、フリーザーバッグのような密封できる保存袋に入れると、より傷みにくくなりますよ。

解凍のときは、熱を加えずに解凍するのがベストです。冷蔵庫で解凍するか、氷水で解凍してください。冷蔵庫で解凍する場合は、ひと晩かけてゆっくりと。また、氷水で解凍する場合は、氷水をボウルに張り、袋に入れたローストビーフを漬けておきます。どちらも時間がかかるので、前日から用意するのがよいでしょう。半解凍状態でスライスして皿に広げれば、早く解凍することができますよ。

さばの味噌煮

意外なことに、「さばの味噌煮」も冷凍保存がむいているんです。冷凍する際のポイントは、煮る前の身を一度熱湯にくぐらせることと、煮立った煮汁に鯖の身を入れること。これで解凍しても魚の臭みが気になりません。

煮汁ごとジップロックに入れて、切り身が重ならないように冷凍してください。解凍するときは、煮汁ごと皿に移してからフワッとラップをかけ、電子レンジにかけてください。これから脂ののった鯖が出回りますので、ぜひ作ってみて下さいね。

まとめ

卵焼きが、意外と簡単に冷凍保存できることがお分かりいただけましたか?時間に余裕があるときに作り置きして冷凍しておけば、忙しい朝でも余裕でおいしい卵焼きを食べることができますね。ぜひ、試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

チーズ お弁当 レシピ おつまみ まとめ

今回は、しいたけ&チーズを使ったレシピをご紹介します。定番のチーズ焼きを始め、意外なアレンジを加えたレシピまでまとめてみました。レパートリーを広げてくれること間違いなしの絶品レシピたちを、ぜひ参考にしてみてく…

お弁当 まとめ

みんな大好きな卵焼き!いつも同じレシピばかりじゃ飽きちゃいませんか?そんなあなたのために、今回はInstagramd卵焼きのアイデアだけを投稿されているデリスタグラマー(oh_tsuka.3s_eggさん)を…

ほうれん草 レシピ まとめ

ほうれん草と卵の組み合わせは、彩り・栄養ともに理想的◎ 今回は、そんなふたつの食材を使った人気レシピをご紹介します!卵とじをはじめとした炒め物や、子どもに人気のオムレツ、お弁当に入れたい卵焼きなど、家庭の定番…

ゆで卵を、手軽に楽しくみじん切りにする方法をご紹介します!なんと包丁は不要。普段捨てているあるものを使えば、あっという間に細かいみじん切りが完成するんですよ!たまごサンドやタルタルソース、ミモザサラダにおすす…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ おつまみ まとめ ワイン

仕事から疲れて帰ってきたらお疲れ様の一杯♪そんな時にぱぱっと作れる、ビールやワインにぴったりなおつまみのレシピをご紹介します。どれもとっても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね♪ホームパーティーやお家デートにも…

カレー レシピ まとめ

カレーと言えば「かけるもの」と言う感じですが、いわゆる「つけ麺」のようにカレーの中に麺などを入れて食べるのもおいしそう!つけカレーのアイディアレシピをご紹介。皆さんの工夫をこらしたレシピ、どれもおいしそうです…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

チョコレート 韓国 カフェ スイーツ

SNSで話題のカフェ「cacaogreen」。インパクト大のパフェやピンスと呼ばれる斬新なかき氷スイーツが韓国内外で大人気です!オーガニック使用で安心プラスかわいくておいしい、チョコレート好きにはたまらないス…

京都 スイーツ 食べ歩き 和菓子

いま京都で、まるで冷たいくず餅のようだと評判のアイスがあります。それが「京都 本くず氷」のアイス。溶けても垂れにくく、使っている材料も100%ナチュラルで、オーガニックなアイスとして人気です。気になるアイスの…

leiamama

ワンコとハワイと食べることが大好き! 息子達が独立して、パパと娘(...

http://ameblo.jp/m-dachs0726/

ページTOPに戻る