ローディング中

Loading...

両手鍋や中華鍋、圧力鍋など、鍋と言ってもさまざまな種類があります。一気に炒めたり煮たりできて便利な鍋ですが、厄介なのが焦げ。料理をしている程焦げはつくので勲章だと言う人もいるようですが、今回はそんな焦げの落とし方をまとめてみました。

鍋の焦げを取るのは本当に大変!

カレーやシチューなどの煮込み料理から茹で野菜など、何かと使う鍋。同じ用途の鍋でもいろんな材質があり、代表的なものにステンレス製の多層構造の鍋、最近では見た目のオシャレさが注目されているホーロー鍋、昔ながらの軽くてリーズナブルなアルミ鍋など、さまざまな種類があります。

一度にたくさん調理することもできて便利なお鍋ですが、毎回しっかりと洗っているつもりでも焦げが残ってしまいませんか?特にカレーや煮物を作った際についた焦げを取ろうものならば、スポンジが一度で真っ黒になってしまいます。とはいえ、ステンレスのスポンジでゴシゴシこすっては鍋自体がダメになってしまいますよね。

そこで、今回は鍋の種類別に焦げの落とし方をご紹介したいと思います。

ステンレス鍋の焦げの落とし方

最近では、ほとんどの家庭で主流となっているであろう、ステンレス製の鍋。ステンレス製の鍋の特徴としては、丈夫で長い時間使えるところにあります。また、熱の伝導率がよいため、食材にまんべんなく火を通すことができて、味が染みやすくなるのも魅力です。そんなステンレス鍋についた焦げはどのように落とせばよいのでしょうか。

重曹を使う方法

まず、焦げの部分が隠れるぐらいまでステンレス鍋の中に水を張り、重曹を大さじ1~2杯入れます。焦げの部分がどの辺りにあるのか、鍋の大きさがどの程度かによって重曹の量は異なりますので、水1リットルに対して重曹大さじ1~2を目安に適度に調整してくださいね。

お鍋に重曹を入れたら10分ほど沸騰させて、泡が無くなった時点で火を止めます。お湯が十分に冷めてからスポンジで焦げの部分を軽く擦りましょう。それまでたっぷり洗剤を付けてゴシゴシと擦っていたのはなんだったのかと思うほど、簡単に焦げが落ちますよ。

ステンレスは錆びにくく、ほかの鍋と比べると傷もつきにくいと思われがちですが、実はとてもデリケートな素材です。焦げを取りたいがあまり、金属製のたわしやヘラでごしごしと力任せに擦ったりしないように注意してくださいね。

お酢を使う方法

もうひとつ、ステンレス製の鍋についた焦げの落とし方でおすすめしたいのがお酢を使った方法です。重曹は家にないという方でも、お酢であればたいていの家庭には置いてありますよね。

お酢を鍋の焦げが浸るぐらいまで入れ、焦げたところから小さな泡が出てきたら、そこから1~2分そのままにして冷まします。そのあと、スポンジで焦げた部分を軽くこするとしつこい焦げもあっという間にきれいになりますよ。

このほかにも鍋の外側についた焦げを取る方法としては、小麦粉を塗る、ペットボトルの蓋で擦るなどがあります。
 
小麦粉の場合は固めに溶いたものを焦げた部分に塗って乾燥させ、スポンジで擦ります。ペットボトルの蓋を使用する場合は、でこぼこの面を使ってこするときれいに取れますよ。

アルミ鍋の焦げの落とし方

アルミ鍋の最大の特徴は、軽くて丈夫でさらに比較的安い価格で手に入ることです。毎日の料理作りに愛用できるほか、素朴で使い込めば使い込むほど味が出てくるようなレトロな見た目はなんだか心がほっこりと温かくなります。

熱の伝わりも早いため、調理時間の短縮にもなるほか、多少へこんだり傷ついても「あじ」として感じられるのが魅力の鍋です。

塩素系漂白剤を使う方法

アルミの鍋にこびり付いた焦げを落とすのには、酸素系漂白剤がおすすめです。お鍋に40~50度に温めたお湯を焦げの部分が浸かるぐらいまではり、酸素系漂白剤を入れて2~3時間置いておきます。

そのあとスポンジで軽く擦ると、焦げが驚くぐらい簡単に取れますよ。ステンレス鍋の焦げ取り時におすすめした重曹ですが、アルミ鍋の場合は重曹を使用すると鍋が黒ずんでしまうため、注意してくださいね。

お酢と洗剤を使う方法

アルミ鍋についた焦げを取るもうひとつのおすすめ方法が、台所用洗剤とお酢を混ぜて使うやり方です。

台所用洗剤と酢をそれぞれ少量ずつ入れたお湯を、鍋の焦げた部分が浸るまで入れます。このとき、お湯は沸騰させなくてもよいですが、手を入れた時に熱いと感じるぐらいまで温め、しばらくそのままお湯を鍋に入れておきます。

そのあと、お酢と洗剤入りのお湯を捨てて、空っぽになった鍋を天日干しにします。古い布で焦げた部分を擦ると簡単に取れますよ。手間はかかりますが、蓄積されてしまった焦げをとことん無くしたいというときにおすすめの方法です。

ホーロー鍋の焦げの落とし方

カラーバリエーションが豊富で見た目もオシャレなホーロー鍋。結婚祝いのプレゼントや引き出物としても人気がありますよね。

保温性に優れており、熱が食材に均等に伝わるため、柔らかくなり、温野菜サラダや煮込み料理など、素材そのものの味を生かした料理に向いています。見た目もよいので、おもてなし料理にもおすすめですよ。

重曹を使う方法

普段のお手入れは柔らかい食器用のスポンジと台所用洗剤で全く問題ありませんが、カレーやシチューなどの落ちにくい料理や焦げは重曹を使用することをおすすめします。

まず、焦げの部分が浸かるぐらいまでお鍋にぬるま湯を入れ、水1リットルに対して大さじ1の割合を目安に重曹を入れます。ここまでの手順はステンレス製のお鍋とほぼ同じですね。

お鍋を中火にかけ、沸騰したら火を止めて熱湯が冷めるまで、1時間ほど置いておきます。十分に冷めたらお鍋の水を捨て、柔らかいスポンジでやさしくなでるように洗います。そうすると、それまでこびりついていた頑固な汚れや焦げがするりと取れますよ。

一度では取れない場合は、この手順を何度か繰り返してくださいね。このとき、使用するスポンジはたわしやステンレス製などの固いものだと表面を傷つけてしまうのでご注意ください。

洗った後はサビを防ぐためにも発生しやすい部分なので、しっかりと拭いて十分に乾かしておきましょう。特に、フタのふちはサビが発生しやすいので、布を挟んでおくと予防にもなります。

鉄鍋の焦げの落とし方

主に中華料理店で使うことが多い鉄鍋。ずっしりと重たいため、あまり自宅で鉄鍋を使用しているという方は少ないかもしれませんが、やはり、中華料理を想定して作られているだけあり、鉄鍋で作る炒飯や炒め物は本当においしいですよね。

鉄鍋の特徴は熱に強くてじょうぶなわりには価格が安く、長く使えることです。強火で炒めることが多い中華料理で使用されているのはこういった理由があったのですね。

重曹を使う方法

全体的に強火で使うことが多い鉄鍋は焦げも付きやすく、こまめな手入れが必要です。そんな時は重曹を使用した方法がおすすめです。

手順はステンレス製鍋やホーロー鍋と同様、水1リットルに対して重曹大さじ1~2の割合でしばらく漬け置きしてから焦げの部分を擦ってくださいね。

また、このほかにも鉄鍋の焦げを落とす驚きの方法があるんです。それは焦げをさらに焼く方法。焦げた部分があるのにさらに焼くなんてもっと焦げが取れなくなるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

鉄鍋を火にかけて空焼きの状態にし、冷めたら金属製のヘラでこするだけで簡単に焦げが落ちますよ。ですが、この方法はどちらかと言うと鉄製の鍋と言うよりはフライパン向きですので、鍋の場合は先にご紹介した重曹を使った方法をおすすめします。

酸化皮膜を作って鍋を守ろう!

種類別のお鍋についた焦げの取り方ご紹介しました。知っておくと便利な焦げの取り方ですが、できることであれば焦げる前に予防をして、少しでも長くお鍋を使いたいですよね。そんなときは「酸化皮膜」を作っておくことをおすすめします。

酸化皮膜とはアルミニウムやステンレス等の金属の表面に発生する、いわゆる「サビ」のことを指していて、別称「不動態皮膜」とも言われています。

一般的な「サビ」を指す赤錆は保護作用がないのに対し、酸化皮膜は金属の表面が空気に触れることによって酸素と反応し、とても薄い膜を作ります。この結果、赤錆は放っておくとどんどん腐敗が進み、最終的にはボロボロと崩れ落ちてしまいますが、酸化皮膜は、酸素と触れ合うことで薄い膜を作り、どんどん丈夫になっていくのです。

酸化皮膜の作り方

それでは、気になる酸化皮膜の作り方をご紹介します。まずは鍋やフライパンをカンカンに熱して空焼きします。十分に冷めてからたわしで膜をはがしてリセットし、再びカンカンに熱して冷めてから油を薄くひいて、火にかけていきます。

このとき、鍋やフライパンにまんべんなくいきわたるように油を引くのがポイントです。そうすれば鍋にきれいに酸化被膜がつくので、そのあとの焦げなどからきっちりと守ってくれますよ。

きちんとお手入れして長く愛用できる鍋にしましょう

鍋についた焦げの落とし方、いかがでしたか。毎日慌ただしく過ごしていると最低限の汚れを落とすだけで手一杯になってしまい、ついつい後回しになってしまいがちな鍋の焦げですが、やはり楽しく料理し、調理器具を長持ちするためには定期的なメンテナンスが必要です。

素材に合った焦げの落とし方を実践し、長く愛用できる調理器具を増やすと同時に、料理の腕も上げて家族や大切な人の笑顔を増やしてみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

みなさんは、無洗米を使ったことがありますか?無洗米には、節水や緊急時の備蓄、環境への負担軽減などさまざまなメリットがあるんですよ。また、今回はそんな無洗米の正しい炊き方をご紹介。これを知って、今日から無洗米で…

寿司 レストラン 居酒屋

お寿司屋さんや居酒屋で、店員さんに「おあいそで!」と声をかけていませんか?一見、大人なお店に慣れたツウのように見えますが、実は間違い。「もう二度と来ません!」と決別宣言をしているようなものなんですよ。正しいお…

恵比寿 デート 個室 まとめ

寒い冬に食べたいものといったら、なんといってもあったか~いお鍋!女子会や大切な人とのデートでお鍋を囲むなら、周りに気兼ねしないでゆっくり時間を過ごしたいものですね。今回は、個室でお鍋が楽しめる恵比寿のおすすめ…

2016年12月1日に発売予定の「バーミキュラ ライスポット」がとても話題になっています。公式オンラインストアではすでに予約殺到中!今回、その注目商品でおこげと煮込み料理を作ってみました。簡単スマート操作で、…

お鍋に湯豆腐、鍋焼きうどん...ごはんも炊けるしプリンも作れる土鍋は冬の万能アイテム!そんな土鍋を使い始める前に「目止め」が必要なのを知っていますか?長く使いたい土鍋だからこそ、正しいやり方をマスターして鍋料…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですがイマイチわからない人も多いのでは?そんな人のために「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてください!…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

日本橋 天ぷら 天丼

三越前駅から徒歩3分ほどのところにある「天ぷらめし金子半之助」は、大人気の天ぷら屋さんのひとつです。本格的な天ぷらにもかかわらず、リーズナブルな値段でいただくことのできる料理は、やみつきになること間違いありま…

スイーツ お菓子

新商品や話題の商品を食べてレビューをおこなっていくこの企画。 本日は、人気の焼きたてチーズタルト専門店「パブロ」が、初めて菓子メーカーとコラボした商品「チョコパイ PABLO監修チーズケーキ」をご紹介します。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...