ローディング中

Loading...

寒い季節にはやはり温かい食べ物ですよね。そんな時に役立つのが土鍋ではないでしょうか。鍋料理はもちろんご飯も炊けるのでできるだけ長く使いたいものです。土鍋の焦げが気になる人必見の、焦がさない方法や焦げの落とし方を紹介します。

土鍋が焦げちゃった!

秋には土鍋で炊き込みご飯、寒い冬には鍋料理と大活躍の土鍋。あれっ!? うっかり土鍋を焦がしてしまいました。こすってもこすっても一向に落ちる気配の無い“焦げ”。でも、ちょっと待って!力任せでは焦げが落ちないどころか、大切な土鍋が傷ついてしまいます。そんなことをしなくても、土鍋の焦げは落とせます。早速、その方法をご紹介しましょう。

土鍋が焦げる原因

火力が強すぎる

土鍋が焦げ付く原因はふたつ。その原因のひとつが、「火力が強すぎる」こと。でも、土鍋ごはんは強めの火で一気にたき上げるのがコツですし、「レシピ通りにやったのに焦げついた。」とお嘆きの方もいるでしょう。レシピ通りに炊いていても焦げてしまう理由は、コンロの火力、気温・水温、土鍋の大きさや状態、全ての条件が各家庭によって違うためです。同じ家庭で同じ人が作っても、夏と冬では気温や水温がまるで違います。

ちょっと難しいことですが、ちょうどよい火加減を掴むには何度か挑戦してコツを掴むしかありません。本来は強火のレシピを強めの中火に調整するなど、あまり難しく考えずにやってみましょう。

火にかける時間が長すぎる

土鍋焦げつく原因のもうひとつが、「火にかける時間が長すぎる」こと。こちらは火力と違って、対処は簡単です。それは、「土鍋のそばを離れない」こと。焦げには独特の匂いがありますので、注意して土鍋を観察していれば匂いの変化に気づくことができます。火を止めたあと、土鍋をコンロから降ろすのもポイント。こうすることでコンロに残った余計な熱が土鍋に伝わらなくなるので、焦げの原因を少し減らすことができます。

ついてしまった焦げを取る方法

土鍋が焦げついたからといって、力任せにガシガシとこすってはいけません。まずは、焦げの種類を見極めましょう。軽い焦げでしょうか?それとも強い焦げ?軽い焦げなら、土鍋に水を入れて一晩置いて下さい。次の朝には焦げが柔らかくなっていますよ。そうなれば、あとは布巾でゆっくりとこすれば焦げは取れます。では、強い焦げはどうしましょうか?こちらも2種類の焦げがありますので、種類に合わせた対処法をご紹介します。

重曹

重層が効く焦げの種類はご飯、お肉、お魚など。これらは酸性の焦げ、つまりアルカリ性である重曹がよく効くというわけなんです。では、土鍋についた焦げ(ご飯、お肉、お魚などの焦げ)を落とす方法をご紹介します。
1、土鍋に水を入れます。(お湯では効果が弱くなります。必ず水から始めましょう。)
2、重曹大さじ4杯を、土鍋の中に入れます。
3、土鍋を火にかけ、ぐつぐつと煮立たせます。
4、重曹入りのお湯を捨てて、布巾やスポンジ、指で焦げを落とします。
補足、一度で落ちない頑固な焦げは1~4を繰り返しましょう。ポイントは、水から煮立たせること。お湯から始めてしまうと、重曹の効果があまり発揮されません。

お酢

お酢が効く種類の焦げは、野菜、キノコ、果物などです。こちらの焦げはアルカリ性なので、酸性であるお酢を使うとよく落ちるというわけです。では、土鍋についてしまった野菜、キノコ、果物などの焦げを落とす方法を見ていきましょう。
1、最初に土鍋をたわしで洗う。(金だわし不可。力の入れ過ぎで鍋を傷つけないように。)
2、鍋に水を入れます。(お湯では効果が弱くなります。必ず水から始めましょう。)
3、お酢を50~70cc入れて煮たたせる。
4、完全に沸騰したら火を止め、数時間放置します。
5、お酢入りの水を捨てて、布巾やスポンジ、指で焦げを落とします。
ポイントは重曹と同じく水から始めることと、最初にたわしで洗うことです。

土鍋の焦げ落としのNG行動

土鍋が焦げついたからといって、むやみにスプーンや金だわし等の金属で擦ってはいけませんよ。力任せにやったところで焦げは取れませんし、土鍋を傷つけてしまいます。焦げの種類を見極めて、正しく対処しましょう。

土鍋を焦げつきを防ぐには

使うときは目止めから

「いつも気を付けているのに、なぜか焦げついちゃう!」という方はいませんか?それはひょっとしたら焦げ癖がついてしまっているせいかもしれません。そんな時は「目止め」をおこないましょう。目止めをすることによって、ついてしまった焦げ癖をリセットすることができるんです。この目止めは新品の土鍋をおろした時にも必ずやりましょう。
【目止めの手順】
1、土鍋を洗いよく拭いて水分を取り、中にお米のとぎ汁を入れます。
2、米のとぎ汁を一度沸騰させた後、弱火にして20~30分沸騰させます。
(※火のかけ過ぎに注意!長くやると、米のでんぷん質が焦げつきます。時間厳守。)
3、火を止めて、そのまま放置。冷めたらとぎ汁を捨てます。
(※こちらも長時間放置に注意。土鍋が必要以上に水分を吸収してしまいます。手でさわれる程度に土鍋が冷めたらとぎ汁を捨ててください。)
4、土鍋を水洗いしたあとに乾いた布で拭き、しっかりと自然乾燥をさせます。

粗塩をひとつまみ入れる

火加減の調整も焦げ付き防止には重要ですが、簡単な工夫もいくつかあります。土鍋でご飯を炊くとき、粗塩をひとまみいれることと、昆布を1枚敷いてからお米を入れること、このどちらかをすれば焦げ付き防止に効果があります。

乾かし方も大事

とにかく、しっかり乾かすこと。これが土鍋の手入れでは大切です。土鍋の使用後に、きれいに洗ってから付近で表面の水分を拭き取り、コンロで弱火にかけて15~20秒くらい空焚きします。その後、コンロに置いたままひと晩放置。これでもOKですが、余裕があれば次の日も風通しのよいところで乾燥させれば完璧です。

土鍋をいつまでもきれいに

土鍋は上手に使って手入れをすれば、かなり長持ちします。近頃は100円ショップでもひとり用の土鍋も売られており、1合ぐらいのご飯を炊くことができます。炊飯器と比べても炊き上がりにかかる時間は大差ありませんし、慣れれば高級炊飯器と同等ぐらいにおいしく炊くことができます。土鍋を使って楽しい食卓にしましょう。万が一土鍋が焦げてしまった場合は、この記事を思い出してくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

プリン スイーツ レシピ まとめ

プールいっぱいにプリンやゼリーを作ってみたい!と思ったことないですか?プールは無理だけど、お腹いっぱいたっぷりプリンを食べたい!という願いがついに叶うかも!?おなかいっぱい土鍋プリンレシピ、集めてみました!ひ…

鶏肉

ヘルシーで手頃な鶏胸肉。家計の味方であり、ダイエットの強い味方でもある食材ですが、鶏もも肉に比べるとどうしてもパサパサ、物足りない…。今回は、そんな鶏胸肉をしっとり柔らかくする方法をご紹介します…

どのご家庭にも必ずついている「換気扇」。あまりこまめに掃除をする場所ではないので、いざきれいにしようと思っても、やり方が分からない……なんて経験、ありませんか?そこで今回は、換気扇…

まとめ

冬になるとお鍋の機会も増えますが、土鍋は長期間使わないのでその間カビが生えてしまい、それに気づかないまま鍋をしておなかを壊してしまう人もいるそうです。どのように土鍋をお手入れすればいいか、またカビが生えたとき…

もうすぐ年末。大掃除をする方も多いのではないでしょうか?特にキッチン、換気扇などの油汚れは落とすのがとても大変です。そんな時に力を貸してくれるのが重曹。今回は、そんな重曹についてやクエン酸との使い分け、つけ置…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldre…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

カフェ バー デート 女子会 まったり まとめ

カフェでランチやティータイムも良いですが、夜にデートや女子会、一人の時間を過ごすのにも良いですよね。今回は、都内の夜まで開いてるお洒落なカフェご紹介します♪中でも、ちょっとノスタルジックな異空間カフェをピック…

レシピ

イタリア料理などで使われることの多い“オリーブ”の実。ピクルスやパスタなども美味しいですよね。ですが、オリーブの葉にもすごい魅力が詰まってるって知ってました?アンチエイジングやダイエッ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...