ローディング中

Loading...

朝ドラ「マッサン」で話題になったニッカウヰスキーから販売された『フロムザバレル』。世界でも数々の賞を受賞している中で、2,000円台のウイスキーで世界最高賞を獲得しました。そんな世界からも認めれている「フロムザバレル」の魅力をご紹介します。

フロムザバレルって?

1985年にニッカウヰスキーから発売されたブレンディッド・ウイスキーです。原酒をブレンドし再貯蔵したあと、樽出しのままボトルに詰める独特の製法(Form The Barrel)によって生み出される香りと味。ボトルはグラフィックデザイナー佐藤卓さんのデザイン。比較的安価で、あまり宣伝されていないにもかかわらず、圧倒的な人気をほこるウイスキーです。世界的な大会で数々の賞を受賞しています。

どんな味がするの?

熟成したモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたあと、さらに樽詰めして数ヶ月再貯蔵します。その後は、割り水をほとんど加えないので、樽出しのまま通常のウイスキーより高いアルコール分(51%)でボトルに詰められます。

「骨太な飲みごたえ」、「濃厚にして繊細な香りとコク」、「力強い余韻」とニッカは紹介しています。その製造方法から「アルコール分が50%を超える飲みごたえ」、「濃密な香り」そして「深く深くどこまでも沈んでいくような味わい」が醸成されるのではないでしょうか。「濃厚な熟れっきたフルーツのような香り」と香りも評判のウイスキーです。

フロムザバレルの飲み方

味と香りを楽しむ

ストレート
ウイスキー本来の味を、そのまま味わうならストレートです。グラスの1/3~1/2までウイスキーを注ぎます。ストレートで飲む場合、アルコールで舌が麻痺してしまうので、チェイサーに水を用意しておくとよいでしょう。ミネラルウォーターと氷を別のグラスに入れておき、ウイスキーと交互に飲むことで最初の一口のように味わえます。フロムザバレルのチェイサーには、よく冷えた水が合います。

トゥワイスアップ
ウイスキーの香りを楽しむ飲み方です。ウィスキーはアルコール分20%程度が、最もバランスのよい香りがでるとされています。水で2倍に薄める(希釈する)トワイスアップは、理にかなっています。ウィスキーの香りを試すテイスティングにトワイスアップが用いられるのは、本来の香りを感じられるようにするためです。グラスにウイスキーを適量注ぎ、同じ量の冷えていない(室温)ミネラルウォーターを注ぎます。グラスを軽く揺らし、氷を入れず立ち上るウイスキーの香りを楽しみます。グラスはワイングラスやシェリーグラスを使うのがよいでしょう。フロムザバレルを初めての方はおすすめの飲み方ですよ。

氷で雰囲気を演出する

オン・ザ・ロックス 
大きめの氷を1~2つグラスに入れて、氷を回転させてグラスを冷やします。ウイスキーをグラスの半分まで静かに注ぎ、マドラーで軽く混ぜます。冷たさが大切です。グラスを冷やしておいたり、大きくて溶けにくい氷を使いましょう。最初はストレートに近く、段々水割りに近くなっていきますので、味の変化を楽しむことができます。グラスに触れる氷の音、氷どうしが触れあう音が格別な雰囲気を演出します。

ウイスキーミスト
氷にクラッシュアイスを使えばウイスキーミストになります。ロンググラスにクラッシュアイス(砕いた粒状の氷)をたっぷり詰めます。適量のウイスキーを氷の上から静かに注ぎます。クラッシュアイスでよく冷え、霧がかかったようになりますので、暑い夏に清涼感が演出できます。飲み始めはロック、氷が溶け始めれば水割りになります。

水割り

水割り
コツをつかめば、深い味に仕上がります。グラスに氷を入れて冷やします。ウイスキーを注ぎ、マドラーで混ぜます。最後にミネラルウォーターを注ぎ、十分にかき混ぜます。ウイスキー1に対し、水が2~2.5がおいしい水割りの割合と言われています。飲み口がやわらかくなりますので、食事といっしょに楽しめますよ。

ウイスキーフロート
アルコールと水は比重がちがうため、上が琥珀色、下が透明です。見た目に美しく、ストレートから水割りへの味の変化も楽しめます。まず、氷を入れたグラスの6~7割までミネラルウォーターを注ぎ、水に動きがなくなるまで待ちます。マドラーなど細長い棒を伝わせ、ウイスキーを静かに水面へ流し込みます。くっきりとウイスキーと水が分かれるとできあがりです。

お湯割り

寒い時期、あたたかいグラスから立ちのぼるウイスキーの香りは格別です。お湯で割るだけでなく、レモンなど柑橘類との相性もよく、グローブやシナモンスティック等もよく合いますので、トッピングしだいで楽しみ方はいろいろです。温めたグラスに適量のウイスキーを注ぎ、ウイスキーの2~3倍のお湯を注いで作ります。お湯の温度は80℃ぐらいが適当。ジャムやドライアップルなどオリジナルなトッピングを工夫してみてはいかがでしょうか。温めた牛乳や紅茶もおいしいくておすすめですよ。

ハイボール

ウイスキーの味わいとコクが引き立つ飲み方で、料理も引き立てます。グラスに氷をたっぷり入れて冷やし、ウイスキーを適量注ぎ、かき混ぜます。ウイスキー1に対してソーダを3~4の割合で注ぎ、マドラーでタテに1回混ぜます。キレと爽快感が味わえる飲み方ですから、炭酸を逃がさないようにするのがコツです。

ソーダーはしっかり冷やして静かに注ぎ、できるだけ氷にかけないようにします。かき混ぜすぎると泡が立って炭酸が逃げてしまいます。さらにレモンの皮で香りをつけると爽快感が増し、飲みやすくなるんです。梅ソーダ、ジンジャーエールやトニックウォーターで作ってもおいしく飲めます。

フロムザバレルの価格と度数

「これだけ安くておいしいウイスキーはなかなか見つからない!」と評判のフロムザバレル。アルコール分が51%と高いですが、「まろやかで包みこまれるような味わい」なのでストレートでも飲めます。香りも味も濃いので、水やソーダに「割り負け」しませんので、水割りやハイボールで香りと味が楽しめます。
http://macaro-ni.jp/34098

出典:www.amazon.co.jp

フロム・ザ・バレル 500ml

¥2,106円

Amazonで購入

ファン自慢のフロムザバレルも!

「マッサン」竹鶴政孝が創業したニッカウヰスキー。ニッカをこよなく愛するニッカ・ファン自慢のウイスキーもあります。ニッカウヰスキーの大いなる伝統の継承者たちが、素晴らしいウィスキーを、またひとつ産み出しました。彼らのこだわりや情熱を味わってみてはいかがでしょうか。ラスティ・ネイルやゴッドファーザーのようなウイスキーベースのカクテルもおすすめです。ステアだけですので気軽に作れますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

野球発祥の地とも言われる、クーパーズタウンのウイスキーが日本初上陸!柔らかい味わいは、初心者でも親しみやすさを感じるはず。野球ボール型のボトルはインテリアにもおすすめで、野球ファンは必見の逸品です。

レシピ ドリンク ホットドリンク

「ホットトディ」ってご存知ですか?ウィスキーのお湯割りにレモンやハチミツを入れたアルコール飲料。 とっても簡単にできて、さらに風邪予防にも効果あり。この時期はこれを飲んでインフルエンザの予防をしましょう!

お弁当 唐揚げ

シルバーウィークまであとわずか!今年はちょっと贅沢な駅弁とともに電車旅を楽しんでみるのはいかが?今回は、角ハイボールと相性抜群な大人のための駅弁『大人のハイボール&カラアゲ弁当』をご紹介♪

レシピ まとめ

みなさんは「ウイスキー」お好きですか?NHKの連続テレビ小説「マッサン」をきっかけに、ウイスキーを飲んでみたいと思った方も多いはず。しかし、どうやって飲めば良いのか悩みますよね。そこで、オススメの飲み方を19…

ウイスキー女子が増えています!ハイボールで楽しむ人が多いそうですが、中にはストレートがいいという強者も。そんな中、愛飲者が急増しているのがフレーバードウイスキー。ジャックダニエル、ジムビームなど、多くの銘柄か…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

シフォンケーキ チーズケーキ プリン スイーツ まとめ

自称レペゼンスイーツ女子ことちゃいが全国からのお取り寄せでこれだけは食べておきたいというものを5つ選びご紹介。いつもと違うスイーツを楽しみたい方、たまにお取り寄せで味わうのもいいのでは?

チョコレート スイーツ まとめ

バレンタイン間近!チョコやお菓子作りに、大人なチョコレートリキュールを使ってみてはいかがですか?お酒としてそのままプレゼントするのもアリ!カクテルにしてもカフェ感覚でコーヒーで割っても美味しいですよ♪今回は、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

パン まとめ

焼きたてのパンが一番おいしい!なんとなく、そういう印象を誰でも持っていますよね。でも、じつはよく調べると、時間を置いたほうがパンはおいしくなるのだとか。パンをおいしく味わえる食べ頃、保存法についてまとめました。

サラダ

暖かくなるにつれてコートを脱いでお出かけしたい気持ちは高まるものの、花粉症の症状が出てしまったり、冬についた脂肪が気になったり……。気分の高揚とは裏腹に、春は悩みの多い季節です。そ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...