ローディング中

Loading...

みなさんは「マコロン」というお菓子をご存知ですか?洋菓子「マカロン」と間違えられることの多い「マコロン」。ふわっと香る落花生の香りと、サクサク食感がたまらない、懐かしい味のスイーツです!作り方はとっても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

サクサク食感のお菓子「マコロン」とは

「マコロン」というお菓子をご存知でしょうか?「マカロン」ではありませんよ。「マコロン」はよく似た名前の「マカロン」を発展させた和菓子ともいえるお菓子なのです。

「マカロン」が赤や黄色などといった美しい色合いをしているのに対して、「マコロン」は地味な色合いをしていることが多いです。ひと口大の大きさで、味に関してはサクッとした食感と落花生の香りの旨味が口の中で感じられるお菓子になっています。

歴史

「マコロン」は泡立てた卵白にアーモンド・砂糖・小麦粉を加えて小さな円形状にしたものを焼いた和菓子のこと指します。西洋菓子で有名な「マカロン」が日本で独自の発展をしていったものとも考えられており、当時日本に「マカロン」が伝わった頃は、日本人の反応があまりよくなかったそうです。その理由は「マカロン」に使用していたナッツが日本では、入手困難であまり馴染みがなかったからだそうです。その代わりに落花生を使用するようになると日本風に進化した「マカロン」は「マコロン」と名を変えて人気を博しました。

この「マコロン」が誕生したのは江戸時代末期と言われており、商業上発展したのは明治期に入ってからのようです。

マコロンといえば仙臺まころん

仙台で育まれた「仙臺マコロン」。イタリアで生まれたマカルーンというアーモンドをベースとして木の実や卵白、砂糖を加えて作ったイタリア家庭菓子が、「仙臺マコロン」の始まりだそうです。

日本における「仙臺マコロン」は、ビタミンBをたっぷり含んだ落花生と地鶏有精卵とだいこん糖を混ぜ合わせた生地を丹念に練り上げて、丁寧に焼き上げています。ちなみに、仙台では知らない人がいないほどの人気商品です。
仙臺まころん

出典:www.amazon.co.jp

仙臺まころん〔小粒〕

¥378円(税込)

Amazonで購入

マカロンとマコロンの違いは?

誰しもが一度は食べて見たいと思うあの色鮮やかな「マカロン」。この「マカロン」と「マコロン」は大きな違いがありながらも、実は密接な関係性があるのです。

「マカロン」と「マコロン」の大きな違いは「原材料」にあるんです。「マカロン」は西洋菓子として人気があり、アーモンドを使用しているのに対して、「マコロン」は日本菓子として、落花生を使用しているところに違いがあります。

マコロンの基本の作り方

懐かしい「マコロン」は実は簡単な材料を使って自宅でも作ることができます。サクッとした食感と口の中に広がっていく落花生の風味が手軽に味わえますよ。ただ、カロリーは製品によって異なりますが、大体100gあたり480~520kcalと少し高めなので食べ過ぎは禁物です。

材料

・ 卵白 2個
・ 三温糖 50g
・ 薄力粉 30g
・ 全粒粉 10g
・ 落花生 100g

手順

・落花生に塩味が付いている場合は、この塩味を水洗いして取り除いていきます。そのあと、落花生を砕いていきます。
・卵白に三温糖を加えてしっかりとしたメレンゲができるまで混ぜ合わせてください。
・薄力粉と全粒粉をメレンゲに加えて混ぜ合わせていきます。混ぜ終えたら、ここに落花生を加えて混ぜていきます。ひと口大にこねて円形状にしていきましょう。
・最後は、120度のオーブンで50分ほど焼き上げたら完成です。

「マコロン」を自宅でもおいしくいただくには、材料だけでなく調理の過程も大切になってきます。「マコロン」の調理は非常に簡単なため、手軽に作れますよ。子どもがいる方は、一緒に作ってみてもいいかもしれませんね。

近年では、この材料に加えて、マコロンに食感を出すために「ざらめ」を追加したり、風味を出すための「抹茶パウダー」や「きなこ」を使用するケースも多く見られます。自身に合った材料を探してアレンジを加えてみるものマコロンの楽しみ方のひとつです。

マコロンのアレンジレシピ

ココナッツマコロン

「マコロン」はアレンジして楽しむことができるお菓でもあるんです。そんなアレンジマコロンをご紹介していきます。

まずは、卵白とグラニュー糖でメレンゲを作ります。そこにアーモンドプードルを加えて混ぜ合わせていきます。混ぜ合わせたらココナッツファインを加えて、ひと口大に手ごねして180度のオーブンで15分ほど焼き上げたら完成です。

マコロン風マシュマロ

最初にナッツを小さく砕いていきます。マシュマロは4等分にカットしていきます。オーブンシートにマシュマロを並べて、120度で15分焼き上げます。マシュマロが柔らかくなったらレーズンと落花生を加えて、さらに35分焼き上げます。粗熱を取ったら完成。

マシュマロにマコロンを作るのに必要な材料が全て加わっているため材料を集める手間を省くことができます。低温でじっくりと焼き上げるだけで「マコロン」と「マシュマロ」のコラボ料理が作れます。子供にも大人気になること間違いなしです。

サクッと食感のマコロンを味わおう

田舎を思い出す懐かしい味が感じられる「マコロン」。イタリアで生まれて日本で成長を遂げたお菓子は今もなお愛され食べ続けられています。

落花生風味でサクッとした食感がたまらない「マコロン」をぜひ、お子さんや家族と一緒に食べてみてはいかがでしょうか。自然と笑みがこぼれるくらい、懐かしい味を堪能できますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ お菓子 ケーキ まとめ

パン粉の上手な使い方が分からない、パン粉が余ってしまって使い道に困っている…こんな声をよく耳にします。しかしパン粉は、焼き料理にとどまらず、おかずやスイーツなど使い道はたくさんあるのです。今回は…

お菓子

2017年5月16日(火)より、「ジュレピュレ」シリーズに、ピュレグミで初の梅ぼし味『ジュレピュレ 紀州梅ぼし味』が登場。“梅”味ではなく、あえての“梅ぼし味”…

メレンゲ お菓子

パパブブレのギンザシックス店限定のメレンゲ菓子「ヌガー」に『ミックスベリー』が登場。3種のベリーに軽い食感のナッツがあわせられたひと品。上品なベリーの甘酸っぱさと香ばしいのナッツの調和が楽しめるお菓子です♩

くるみ お土産 お菓子

東京駅で人気のメープルお菓子専門店「メープルマニア」から、『メープルクルミダックワーズ』が発売されます。表面はサクッと中はふわっとしたメレンゲ生地に、メープルクリームとクルミがサンドされたお菓子。色々な食感を…

六本木 マカロン スイーツ お土産 東京

感謝のメッセージは、いまやマカロンに込めて届ける時代…!? 「六本木マカロン」で贈るスイーツギフトが「貰って嬉しすぎる!」と話題になっています。お好きな画像を1タッチでプリントして、世界にひとつ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

お土産 おしゃれ スイーツ まとめ

ホームパーティの手土産には味はもちろん、箱も缶もかわいいというところが重要になってきます。友達に喜んでもらえるような目を引くかわいいパッケージで、あなたも一気におしゃれさん♪クッキー、ビスケット、キャンディー…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

スイーツ

北海道富良野にある「ゆきと花」は、地元でもおいしいと評価の高いお店ですが、ラーメン以外のデザートでも評判なのだそう!その名も「らー麺ソフト」!? カップの上にのっているのは……。注…

和菓子 スイーツ 長野

長野の善光寺といえば参拝だけではなく、食べ歩きも楽しみのひとつですよね。善光寺周辺にはおいしいお店が並んでいますが、注目されているのが鯛焼きならぬ「鯉焼き」。善光寺へ出かけた際には、売切れ必須の鯉焼きを食べま…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...