ローディング中

Loading...

ローマ帝国から受け継がれた伝統的な製法で作られる「ペコリーノロマーノ」というチーズをご存知ですか?お塩の代わりのように使える強めの塩気が特徴で、お酒のおつまみにしたり、パスタにかけたりするととってもおいしいんですよ。詳しくご紹介します。

歴史ある羊乳チーズ、ペコリーノロマーノ

ペコリーノロマーノというチーズを知っていますか?名前だけ聞くとかわいらしい響きで、ふんわりした甘さを連想するかもしれませんよね。でも、ペコリーノロマーノは “お塩の代わり” として使えるほど、しっかりとした塩味が特徴なのです。ローマ帝国から受け継がれる伝統の製法が醸しだす、しあわせなこのチーズの魅力をご紹介します。

ペコリーノロマーノとは?

ペコリーノロマーノは「イタリア最古のチーズ」とも呼ばれるハードタイプのチーズです。その発祥は紀元前のローマ帝国にまでさかのぼるといわれており、21世紀の現代でも同じ製法が守られています。もともとローマ帝国の保存食として扱われていたことから、そのまま口にすると、塩辛いと感じるくらい塩味が強いのが特徴です。
また、原料には羊乳を使います。あたためた羊乳に乳酸菌と酵素をくわえて乳たんぱく質を集め、「カード」と呼ばれる物質のみを型に詰めてから長期間熟成させる、という製法がとられています。最低でも8ヶ月以上の熟成が求められ、その間にたっぷりと塩がすりこまれていくのです。

名前の由来

ペコリーノロマーノという名前は、どこかかわいらしい響きで親しみが持てますよね。ところが、この名前を名乗るには厳格な基準をクリアしなければなりません。ペコリーノロマーノは、イタリアのなかでも特にラツィオ州、サルデーニャ州で生産されるチーズのみをさして使われる名前です。イタリアのDOP制度(=原産地名保護制度)のもとで品質が管理され、一定の基準を満たすものだけがペコリーノロマーノとして出荷されるのです。
ちなみに「ペコリーナ」とは、イタリア語の「ペコーラ」つまりメスの羊を語源にもち、羊乳由来のチーズ全般を指します。一方のロマーノとは「ローマ風の」という意味の言葉です。指定産地であるラツィオ州、サルデーニャ州がローマ近郊であることから、ローマの近くのペコーラチーズ、という意味で「ペコリーノロマーノ」という名称がつけられました。

代用はできる?

ペコリーノロマーノっておいしそう、お料理に使ってみたい!そう思っていざキッチンに立っても、なかなか常備はしていないかもしれませんね。そんなとき、ペコリーノロマーノの代わりになるチーズがあれば安心です。
たとえば、パルミジャーノレッジャーノならペコリーノロマーノの代用として十分でしょう。さすがにペコリーノロマーノ特有の塩味をそのまま再現することはできませんが、風味は近いものがあります。

ペコリーノロマーノの食べ方

ペコリーノロマーノはハードタイプチーズの中でも、比較的やわらかい食感で知られています。その上、刺激的な塩味はワインとも相性ばっちり。ワインといっしょに召しあがるなら薄くスライスして楽しむのがおすすめです。
また、本場イタリアのローマでは、5月ごろ、初夏の風物詩として採れたてのそら豆といっしょにペコリーノロマーノを味わうのが習慣になっているそうです。現地では生食用のそら豆を「ファーベ」と呼び、収穫からわずか2~3日間のみという短い食べごろにペコリーノロマーノとあわせていただきます。
それから忘れてはならないのが、ペコリーノロマーノのもうひとつの味わい方。特徴的な塩味を堪能するために、粉末状にすりおろしてパスタにかけるなどするのです。塩の代わりとなる調味料として、伝統的なチーズを使うなんて、とってもおしゃれだと思いませんか?

ペコリーノロマーノを使ったアレンジレシピ

そのまま食べてもおいしいペコリーノロマーノ。その魅力をもっと引きだす、すてきなアレンジレシピをご紹介します。

ペコリーノロマーノのカチョエペペ

イタリアンチーズのおいしさを堪能するなら、やはりパスタは欠かせませんよね。ペコリーノロマーノの風味を味わうのにうってつけのレシピがこちら。ローマ名物「カチョエペペ」は、いわゆるカルボナーラとよく似たお手軽パスタです。パスタの茹で汁でペコリーノロマーノをトロリと溶かし、パスタ全体にからませましょう。コショウの辛味がひと皿をピリリと引きしめてくれます。

ペコリーノロマーノを使ったサラダ

ペコリーノロマーノは粉チーズのようにサラダにふりかけても、すてきな仕上がりになりますよ。カリフラワーやトマトをメインに、リンゴで甘みをプラスしてもいいですね。オリーブオイルの質にもこだわれば、レストラン顔負けの逸品になります。

空豆のから揚げ

ローマのファーベを思わせる、和洋折衷のアレンジレシピもご紹介。そら豆をカラッと揚げて、塩の代わりにペコリーノロマーノをふりかけるというシンプルなお料理です。簡単だけど味わい深く、気取らないイタリアンのおいしさを満喫できます。

おわりに

いかがでしたか?
古代ローマ帝国から今に伝わる、伝統の羊乳チーズ「ペコリーノロマーノ」。丁寧な製法と厳しい審査を経た、質の高さが名前によって保証されているというのも信頼できますよね。その特徴的な塩味を活かして、お料理の幅をグンと広げてみましょう。パスタやサラダ、リゾットなど定番イタリアンにペコリーノロマーノを加えれば、いつものひと皿がいっそう本格的になりますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

ほどよい食感が残るモヤシの茹で時間は、どれくらいがよいのでしょう…?今回は、シャキシャキのおいしいモヤシにする茹で時間をご紹介!心地よい歯ごたえを残すポイントは、やはり短時間の加熱。白くキレイな…

ドーナツ レシピ ホットケーキミックス チーズ

外はカリカリ、中はモチモチ食感を楽しめる、まんまるで可愛らしい見た目が特徴の「ゼッポリーネ」のレシピをご紹介します。これはもう、ひとつ食べたら止まらない……!カラフルなピックをさし…

調味料 レシピ

何となく耳にしたことはあるけれど、詳しくは知らない方も多い「たまり醤油」。たまり醤油の特徴を知って、毎日のお料理の幅を広げてみませんか?手軽なおうちでの作り方や使い方、たまり醤油を使用したレシピを紹介します!

スイーツ バー

2017年4月19日(水)、一部のメディアを対象に行われた「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」。「ジャック ダニエル」をテーマに行われたその内容は、ウイスキー好きでなくともウイスキーを飲みたくなる…

レシピ おつまみ

レンジとトースターを使って手軽にできる、「餃子の皮でカルツォーネ」のレシピをご紹介します。外はカリカリ、割ると中からチーズがとろ〜り♩おつまみやお弁当にぴったりなひと品です!簡単なので、ぜひ作ってみてはいかが…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 作り置き まとめ

節約アドバイザー武田真由美さんをご存知ですか?彼女は食材を上手に使い切ることで、二人暮らしで食費週2,500円を実現されています。決め手はストックおかずを作っておくこと!今回はまとめて作って冷蔵・冷凍できる鶏…

寿司 まとめ

三月三日のひな祭りに是非作りたい、かわいいちらし寿司のアイデアを「8」個ご紹介します!女の子のための日に雛飾りと一緒にかわいいちらし寿司を作れば喜ばれること間違い無し!お子さんがいる方は必見です♫

レシピ まとめ アレンジレシピ

牛乳を混ぜて飲むだけで美味しいキャンベルのクラムチャウダー缶ですが、アレンジをするともっと美味しくいただけるんです♡スープとして飲むだけじゃなく、食べるレシピもありますよ♪今日の夕飯などにぜひ、こちらのアレン…

レシピ お弁当 まとめ

小さいけれど、栄養満点の食材「うずらの卵」。今回は、お弁当やおつまみにおすすめの人気レシピをいくつか厳選してご紹介します。お弁当にかわいいアレンジグッズを活用すれば、見るだけでワクワクするおかずになりますよ!…

レシピ まとめ

暑いと体力が落ちて、ついエネルギーも消耗しがち……。そんな日本の夏を乗り切るためのスタミナ料理をご紹介します。にんにくや豚肉など取り入れたい食材を使った簡単レシピは、すぐに真似でき…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

カニ

冬になると食べたくなるカニ!でもお店で食べるカニと、冷凍で買ったカニは全然味が違って拍子抜けした経験はありませんか?どうして味が違うの⁉ おいしく食べる方法は?そんな疑問に答えます。冬の味覚をよりおいしく食べ…

白菜 ミルフィーユ おつまみ

冬になってくると食べたくなる鍋。そのなかでもミルフィーユ鍋は見た目も豪華なのでいいですよね。今回はレンジで簡単に作れるミルフィーユ鍋風の「白菜と鶏ひき肉の重ね蒸し」のレシピをご紹介します。1/4カットの白菜と…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...