ローディング中

Loading...

みなさんは「ねこまたぎ」という言葉はご存知でしょうか?初めて耳にする方いると思いますが、この言葉は魚について指しています。一体意味を持つ言葉なのでしょう。調べてみると、地方によって意味が違っているようです。ここで、詳しくご紹介します。

「ねこまたぎ」北海道では?

「ねこまたぎ」と聞いてどんな意味を想像しますか。「ねこがまたぐ?」文字だけ見ると、こうなりますよね。「ねこまたぎ」という言葉の意味を調べてみると、「魚が好きな猫でも食べずにまたいで通るほど味の悪い魚」あるいは「猫が食べるところがないほどキレイに身を食べた後の魚の骨」を表しています。

一方は「味の悪い魚」、もう一方では「おいしい魚」と真逆の意味ですが、どちらが本当なのでしょう。地域によっても意味が違ってくるようです。
例えば、北海道で「ねこまたぎ」は、「ほっちゃれ」を指しているとか。「ほっちゃれ」とは、産卵時期前後の鮭のことです。鮭は海に出て、また川に戻ってくる習性があります。川に戻ってきた鮭たちは、色は褪せ、鱗や脂も落ち、食べてもおいしくありません。そこで、「そんな魚を放ってやれ」といった意味から産卵時期前後の鮭のことを「ねこまたぎ」と呼ぶようになったそうです。

代表的な「ねこまたぎ」は「ヒイラギ」

「猫でも食べない魚」という意味の代表的なものは「ヒイラギ」です。ヒイラギは小骨が多く食べるのには向かないため、そう呼ばれているそうです。また「ねこまたぎ」のほかに「ねこ泣かせ」とも呼ばれていたとか。ヒイラギの他に、昔はイワシやサバも「ねこまたぎ」と呼ばれていました。

関西圏は北海道とは正反対

北海道で「ねこまたぎ」は「味の悪い魚」を指しますが、関西圏ではその正反対「猫が食べるところがないほどキレイに身を食べた後の魚の骨」を指します。骨だけを残してきれいに魚を食べるのは、簡単なようで意外とむずかしいですよね。魚をきれいに食べるには、箸の使い方や食べる順番がポイントだそうです。北海道と関西圏でどうして正反対の意味になったのでしょう。そこのところはよく分かっていません。

マグロのトロ「ねこまたぎ」説

日本人が一番好きなお寿司のネタは「マグロ」ではないでしょうか。その中でも「大トロ」や「中トロ」は、高級なお寿司屋さんで食べると、一貫びっくりするような値段です。どうして「トロ」と呼ばれているのかご存知でしょうか。その理由は、「とてもやわらかくて、口に入れたときに『とろっ』と、とろけるような感じがする」からだそうです。

現在では高級な魚として定着している「マグロ」ですが、アジやサバよりも価値が低く、江戸時代お刺身で食べられていたのは赤身だけで、赤身に比べてトロは腐りやすく、味が落ちるため、「ねこまたぎ」と呼ばれていたそうです。

江戸時代のトロは捨てられていた

江戸時代「トロ」は醤油漬けなどの下味がつけられていました。これは、元々は防腐のための処理だったそうです。しかし、「トロ」は脂分が多いため醤油が染み込みにくく、捨てられていたとか。今考えるともったいないですね。

相模湾で捕れるマグロは、江戸の魚河岸に運ばれる間に鮮度が落ちてしまいます。特に脂身である「トロ」の部分は、身崩れや臭みがあり食べられなかったそうです。その状態を「だんだら」や「ズルズル」と呼び、畑の肥料にされていたそうです。生の魚は鮮度が命ですからね。魚の鮮度を保つ手段がなかった時代では、仕方がないことかもしれません。
「トロ」が食べられるようになったのは、昭和に入ってからです。そのころになると、船の性能もよくなり、遠くで捕った魚も早く港に持ち帰れるようになったため、新鮮なマグロが出回り始めたからだそうです。今では、マグロを捕獲するとすぐにマイナス60度で冷凍保存ができるようになりました。なんと、2年間も新鮮なままで保存することができるそうですよ。すごい進歩ですよね。

「ねこまたぎ」と呼ばれている魚「ウグイ」

河川の上流域から下流域に生息している「ウグイ」もまた、「ねこまたぎ」と呼ばれている魚のひとつです。冬から産卵期の3~6月にかけては、唐揚げをお酢につけて食べたり、みそ田楽にして食べると美味だとか。産卵期のウグイを「アカウオ」や「サクラウグイ」と呼ぶこともあるそうです。

しかし、夏のウグイは味が落ちるので「ネコマタギ」といわれています。「ウグイ」は決して、まずい魚ではありません。野菜にも旬があるように、魚にもおいしく食べられる時期があるのですね。

塩漬けの魚も「ねこまたぎ」

塩味の濃い鮭や鱒なども「ねこまたぎ」と呼ばれています。塩漬けにすることによって日持ちさせて、味をよくしていたそうです。ほとんどの魚がこのような工夫をされて食べられていたようですが、マグロは塩に浸けてしまうと味が悪くなってしまうため、やりづらかったそうです。なので、塩漬けにもされず、捨てられたり、畑の肥やしになっていたのですね。

また、「あまりにもしょっぱい塩鮭」という説もあるそうです。昔の塩鮭は「塩引き」といって、焼くと身の表面に白く塩が粉を吹くものもあったからだとか。

味の悪い?おいしい?どっちが本当?

「ねこまたぎ」は魚好きな猫でも敬遠して食べないほど味の悪いものだと表現されたり、猫が食べるところがないくらいきれいにたいらげ、骨しか残ってないほどおいしいものとふたつの説があります。

また「ねこまたぎ」と呼ばれている魚も季節によってさまざまです。どちらが本当なのかは定かではありませんが、そのような説があるということを覚えておいてもよいかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

岡山 クロワッサン パン メロンパン 北海道 いちご

岡山県に本社を置く清水屋は、生クリームパンやクロワッサンがおいしいと評判です。1日2万5千個売れる大人気のクリームパンや、同じく人気のクロワッサン、メロンパンについてご紹介。イオンや、コンビニ、通販で購入でき…

じゃがいも 豚肉 スープ 北海道 レシピ

北海道の郷土料理「じゃが豚だんご」のレシピをご紹介します!もっちもちのじゃがいも団子の中には、ジューシーな豚肉がたっぷり。ほっこりスープで身体の芯から温まりましょう♩北海道以外に広まっていないのが不思議なくら…

お土産 北海道

北海道のパワースポットと言われる北海道神宮で「判官さま」と呼ばれる人気の和菓子があります。バターサンドで有名な「六花亭」が神宮茶屋店限定で販売しているのですが、このお餅をもとめて参拝者の行列もできるそうです。…

スイーツ 北海道 東京 奈良 シュークリーム 和菓子 クレープ パイ まとめ

どんな食べ物にも賞味期限はつきものですよね。「本日中」と書いていると早く食べないと!なんて焦ることもよくありますよね。そんななか、短すぎる賞味期限を掲げている食べ物があるんです。こうしたワケありの最短賞味期限…

大宮 北海道

北海道のお取り寄せスイーツとして人気の「小樽洋菓子舗 ルタオ」が、そごう大宮店で開催される『初夏の北海道物産展』に期間限定で出店。ベーカリーカフェ「ドレモルタオ」の人気ブレッドや、道産・銀龍いちごがトッピング…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

この記事では現在注目されているデトックス食材5つをご紹介します。食事は栄養素を身体の中に摂り入れる大切な機会、ぜひ毒素を出すための食材を積極的に取り入れたいですね♪こちらでご紹介する食材をぜひ食事の中に取り入…

レシピ まとめ

身近にある食材を使った家庭料理をベースに、センスのいいアイディアが光り、多くの年齢層から注目される料理家の飛田和緒さん。今回は飛田さんの常備菜レシピを集めてみました。東京から相模湾の近くに移り住みその生活スタ…