ローディング中

Loading...

「ワラスボ」という言葉を聞いたことがありますか。おそらく、九州に縁がある人でなければ知らないのではないでしょうか。その不気味な見ためから、エイリアンとまで言われるワラスボですが、一度食べるとやみつきになるとっても美味な生き物だったのです。

まるで宇宙人!「ワラスボ」とは

九州のなかでも、特に佐賀県になじみがある人以外はほとんど聞いたことがないであろう謎の生物「ワラスボ」。そのグロテスクな見ためから、「九州のエイリアン」とまで呼ばれているのだそうです。そんなワラスボですが、スズキ目ハゼ科に属する魚で、有明海にのみ存在している非常に希少価値の高い魚なんですよ。

不気味な外見で話題に!

写真をみた瞬間に思わず目をつむってしまった方もいるでしょう。あまりにも衝撃的なこのビジュアルが各方面で話題になっているのです。

地元ではムツゴロウと並ぶ珍魚として知られていますが、ムツゴロウと違って内臓や血管が透けて見え、青みがかってぬるぬるとしたウナギ状の体と、歯がむき出しになった顔が印象的な生き物です。成長すると40cmほどの大きさになるそうですよ。

気になる味は?

そして、肝心の味ですが、見ためからは想像もできないほど淡泊で上品、そして少し炙るとエイヒレのような歯ごたえと風味が味わえるのだそうです。そう言われると、なんだか少し、食べてみたくなってきますよね。 地元佐賀県ではちょっとした注目を集めているこのワラスボですが、そもそもなぜ注目されているのでしょうか。

佐賀のワラスボ公式サイトもある!

なんと、ワラスボには公式サイトがあるのです。その名も「WRSB」。WRSBとはご想像の通り、「WARASUBO(ワラスボ)」の頭文字をとったものなのですが、これは佐賀県佐賀市が、国内外への知名度アップを目的として使用した特設サイトなのだそうです。本格的なHPの作りとこれまでにない斬新な切り口が話題となっており、ようやくワラスボの知名度も地元九州を中心に少しずつ上昇しているのだとか。
そして、このWRSBが話題となっているのは、そのワラスボそのものの見ためや、ユニークなホームページだけでなく、動画にもあるのだそうです。いったいどのような動画なのでしょうか。

WRSBの動画が人気

WRSBが注目されている理由は、この動画にあるといっても過言ではありません。この動画では、有明海に地球外生命体の未確認生物「WRSB」が突然やってきたという設定でストーリーが進んでいくのですが、これが実によくできており、なかには「シンゴジラ」に匹敵するクオリティーと称賛する声もあるのだそう。

出演者は有名な俳優や女優ではありませんが、どの人の非常に演技力が高いと評価されており、どうやら佐賀市に由来のある人々が出演されているそうです。地元や縁のある地域のPRとなると、やはり力が入ってしまいますよね。

オープニングのロゴを見るだけでも、一般的な市のホームページとは全く空気が異なり、なんだかクリエイティブな雰囲気が漂っています。YouTubeでの動画再生回数も20万回を超えており、とても市が制作したものとは思えないとして、各都道府県からも注目されているそうです。
▼「WRSB」の公式動画はこちら

ワラスボの食べ方

そんなワラスボですが、どのような食べ方があるのでしょうか。また、地元ではどのようにして食べるのが一般的なのでしょうか。

ワラスボの炙り焼き

ワラスボで一番おすすめの食べ方が、こちらの炙り焼きです。ワラスボの干物は固いので包丁の裏やトンカチなどでたたいてあらかじめやわらかくして、料理酒を少し振っておきます。こうすることで、臭みが取れるそうですよ。

そのあとはグリルなどで1~2分焼き、ワラスボがクネクネと曲がってきたら食べやすい大きさにカットして、七味マヨネーズや柚子胡椒をつけていただきます。エイヒレのような味わいで一度食べるとクセになるのだとか。七輪などがあれば、なんだか雰囲気が出そうですね。

お刺身

ちょっと食べるのに勇気がいりそうですが、淡泊で上品な味わいのワラスボは刺身にして食べてもとってもおいしいのだそうです。コリコリとした歯ごたえと、その見た目からは想像もできないクセのなさはまさにふぐのような味わいなのだとか。ふぐ刺しのようにくるっと大人食いしてみてはいかがでしょうか。

ワラスボの握り寿司

お刺身が合うのであれば、お寿司もおいしくないわけがない!ということで、地元では人気を呼んでいるワラスボの食べ方が握り寿司です。シャコのような見ためとふぐのような上品で淡泊な味わいはお寿司としても食べやすいと評判です。ご当地の日本酒などとともにいただくと、より一層おいしく感じられそうですね。

ワラスボのおすすめレシピ「すぼ酒」

ワラスボの特徴やおすすめの食べ方をご紹介しましたが、とはいえ、まだまだ全国的に見ると入手が難しいワラスボ。特に、鮮魚の状態で手に入れるには地元の人でないと難しいですよね。そんなとき、干物でもできるおすすめのレシピが「すぼ酒」です。

ワラスボの干物を軽く炙り、ふた付のお椀にワラスボを入れ、熱燗を注いだら蓋をして2~3分待ちます。このとき、お酒は一般的な本醸造酒であればお好みのもので問題ありません。

ただ湯のみの中でグワッと口を開けているところを見てしまうと、どこかハブ酒を飲むときのような緊張感がありますね……。

本場の佐賀市では……

本場、佐賀市ではこの待っている間に歌と舞いが行われるのだそうです。「ワラスボワラスボワケノシンノスクヤシカロウ」と繰り返し、部屋を暗くしてから、できあがったすぼ酒の蓋をゆっくりと開け、チャッカマンなどで火をつけます。そうすると、青白い炎があがり、これが邪気を祓うとして昔から言い伝えられているそうです。

ワラスボが佐賀市民の間で親しまれてきたのは、その味やユニークな見ためだけではなかったのですね。

通販でも買える!佐賀県名物のワラスボ

なんだかだんだん気になってきたワラツボ。とはいえ、なかなか佐賀に行く機会もないし、お土産でワラツボをもらえそうな予定もないという人におすすめしたいのが通販です。手ごろな料金で購入できますので、口に合うかわからないけど試しに買ってみようかな……という人にもぴったりですよ。

夜明茶屋オンラインショップ

http://macaro-ni.jp/33532

出典:yoakedyaya.shop-pro.jp

ワラスボの干物 5尾入 1,080円

さまざまなメディアで紹介され、あの明石家さんまさんもそのおいしさを絶賛したといわれているワラスボですが、こちらはとりあえず試してみたいという人は、「夜明茶屋オンラインショップ」で購入できます。

購入者からは、「お試しで買ってみたけどおいしかった」「一度食べるとやみつきになる」「あのグロテスクな見ためからは想像もできないおいしさ」との声があがっているようです。干物になっているため、日持ちするのもうれしいですよね。

このほかにも、ワラスボのエキスが入ったエナジードリンクやワラスボの粉末入りのふりかけなども取り扱っているのだとか。干物以外でも味わってみたいという人は、このような商品もおすすめです。

佐賀名物ワラスボ、あなたも食べてみて

ワラスボの特徴とおすすめの食べ方、いかがでしたか。その淡泊で上品な味わいはもちろんですが、佐賀市が一丸となってワラスボのPRに力を入れているその温かい姿勢に、ワラスボを買ってみようという気持ちがおこりますよね。

炙ってマヨネーズをつけて食べるのはもちろん、お刺身やみそ汁など、意外とアレンジ方法も多い佐賀名物ワラツボ。佐賀市のこれからの発展を期待しつつ、銘酒とともにワラツボを楽しんでみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

皆さんはカペリンという名前を聞いたことがありますか?大人から子供まで親しまれている、お酒のおつまみにもなるあの魚。あなたがいつも食べているのは、実はカペリンという魚かもしれません。今回は、カペリンの正体や食べ…

レシピ まとめ

非常にスリムで美しい外見のサヨリ。新鮮なものだと「刺身」や「塩焼き」にするとおいしく、とても上品で淡泊な味わいのお魚です。今回は冬から春にかけておいしくなるサヨリの栄養価やさばき方、またさよりを使った人気のレ…

寿司

日本人にはお馴染みの魚、「鮭」。読み方にも「サケ」と「シャケ」のふた通りあり、川で生まれて海で育ち、また川に戻って産卵をするという不思議な生態の魚です。ここでは、そんな不思議な魚、鮭の謎に迫っていきたいと思い…

唐揚げ おつまみ

素揚げだとなにか物足りなく感じてしまう小魚も、ほんのちょっとカレー粉プラスで味が大変身!ビールに負けないしっかりとした味で、お酒と相性抜群なおつまみになります。フライパンで揚げ焼きするので、後片付け楽ちん&ヘ…

日本酒

日本酒の味の説明などで、よく「フルーティー」という言葉が出てきますよね。しかし、日本酒にはもちろん果物は使われていません。なぜフルーティーな味わいがするのでしょう?そんな不思議から、おすすめの日本酒まで一挙ご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新潟 お土産 スイーツ まとめ

新潟といえば、大自然から生まれた「おいしいもの」がたくさんあります。そんな、食材の宝庫・新潟県では、どのようなお土産が手に入るのでしょうか。わざわざ買いに行きたくなるような、絶品新潟土産をご紹介していきたいと…

チョコレート スイーツ まとめ

今年のバレンタインのトレンドは「板チョコ」と最近話題になっていますね♪プレゼントするなら当然おしゃれな板チョコレートがいいでしょう!おすすめのブランドを紹介します。男性だけではなく、友達や家族にプレゼントして…

まとめ

コロンとした形が可愛い角砂糖に、可愛いデザインを施した「デザインシュガー」がいつものティータイムをオシャレにしてくれます☆ いつもはスティックタイプな方も、お砂糖が溶けるまでのゆっくりしたテータイムはいかがで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

バジル 牛肉 サラダ レシピ

3種類のバジルを味わう、ちょっとスパイシーなビーフサラダを作ってみませんか?サンバルソース(チリソース)がアクセントとなっていて、サラダなのに食べ応え抜群!同じくサンバルソースを使う焼き鳥のレシピも、合わせて…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

今回は夏に飲みたくなる「エスプレッソトニック」のレシピと、都内で味わえるお店をご紹介します。「エスプレッソトニック」とはトニックウォーターにエスプレッソを加えたもので、さっぱりやみつきになるおいしさのドリンク…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...