ローディング中

Loading...

連載:macaroni編集部厳選!マカロニセレクション

常に進化し続けているコンビニおにぎり。様々な種類がありますが、今注目のコンビニおにぎり35品を編集部で全て実食してみました!ツナマヨ、明太子などの人気具材を、セブン、ローソン、ファミマの3社を徹底比較したランキングは、おどろきの結果です!

コンビニおにぎり35種を編集部で実食!

日本人であれば誰もが食べたことのあるおにぎり。先日閉幕したリオ・オリンピックでは、日本のおにぎりをアレンジしたライスボウルが、「パワーボール」の名で、世界のアスリートに食べられていました。

海外の人からも好まれるおにぎりは、日本人からも大人気。定番人気のおにぎりを始め、各社コンビニでは、毎週のように新商品が店頭に並んでいます。その種類の多さで、おにぎりを買おうとするときは、迷って仕方がないという方もいるでしょう。

今回、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートをはじめ、街のコンビニをまわって、全35種のおにぎりをピックアップ!編集部でその全てを食べてみました。買ってきたおにぎりの中には、珍しい商品もたくさんありました。みなさんは、いくつ食べたことがありますか?気になるおにぎりをチェックしてみてください。

人気コンビニのおにぎり3種を勝手にランキング

おにぎりを買うとき、みなさんが選ぶ定番の具は何でしょう?編集部内では、ツナマヨ、明太子、鮭などが、買うことが多い人気の具でした。これらの具は、どのコンビニに行っても、必ずといってよいほどそろっていますよね。この3つ、同じ具であっても、それぞれのコンビニによって、その味に違いはあるのか気になりませんか?

各コンビニの変わり種おにぎりをご紹介する前に、人気の高かった3種のおにぎりについて、セブン、ローソン、ファミマの3社の味を食べ比べてみました。さらに、その味や内容を独断と偏見で勝手にランキング!それぞれの味を知るみなさんは、ぜひご自身の感想と比べてみてください。

ツナマヨ3社を比較

まずは一番人気のツナマヨから比べてランキング!

3位 ローソン「手巻おにぎりシーチキンマヨネーズ」

価格:110円(税込み)
具の量:★
味:★★
エネルギー:190kcal
重量:108g
3位はローソンの「シーチキンマヨネーズ」。他の2つよりもマヨネーズの酸味があっさりな印象でした。セブンイレブンと重量は変わらないのですが、具よりもご飯がだいぶ多かったため、星はひとつです。
ローソンのツナマヨは、臭みもくせもない、3つの中では一番上品な味。具にはメバチマグロを使った、こだわりのツナマヨのようです。マヨネーズの量や味を、具に合わせているのかもしれませんが、ちょっとパンチ不足の印象が残りました。

2位 セブン「手巻おにぎりツナマヨネーズ」

価格:110円(税込み)
具の量:★★
味:★★
エネルギー:221kcal
重量:108g
2位にランキングしたのは、セブンイレブン。ご飯と具の量がちょうど半々といった、バランスのよい味ではあるのですが、マヨネーズの量がやや少なめで、ツナマヨにしてはあっさりな印象が残ったため、2位です。
見た目にはちょうどよいご飯と具の量なのですが、ツナマヨってご飯より具が多めの方がおいしいんですよね。ほんの少し具が多かったら、ファミマとの順位にもっと悩んでしまったと思います。

1位 ファミマ「手巻シーチキンマヨネーズ」

価格:110円(税込み)
具の量:★★★
味:★★★
エネルギー:223kcal
重量:120g
堂々の1位は、ファミマのツナマヨ!3つの中で、もっとも具の量が多く、総重量もトップ。マヨネーズをたっぷり使っているツナマヨです。
マヨネーズの酸味、クリーミーな具とご飯の一体感がばつぐんでした。ツナマヨが食べたい!という欲求を満たしてくれるとするならば、ファミマでしょう、という意見多数で1位です。

明太子3社を比較

続いてはピリ辛がおいしい、明太子おにぎりランキング!

3位 ローソン「手巻おにぎり辛子明太子」

価格:135円(税込み)
具の量:★
味:★
エネルギー:178kcal
重量:102g
3位はローソン。ローソンの明太子おにぎりは、甘みが目立つおにぎりでした。明太子特有の辛さよりも、味付けだしの味が強く、旨辛いという感じでしょうか。辛いもの好きが多い編集部での順位は、残念ながら3位です。
おにぎりの中は、見た目にもご飯の量に対して具が少ない印象。味もやはりあっさりです。国産米を使ったローソンのおにぎりはお米がとてもおいしくて、具の量が少ない分、明太子の味よりもお米の味の印象が強く残りました。

2位 セブン「手巻おにぎり辛子明太子」

価格:140円(税込み)
具の量:★★
味:★★
エネルギー:169kcal
重量:107g
セブンのおにぎりも比較的甘いと感じたため、2位になりました。味わい深さでいえば、セブンが3つの中で一番。パッケージにも七日間熟成とあり、よく漬かったキムチのように、味に厚みのあるおいしい明太子だったのは間違いありません。
甘さと旨味が絶妙なセブンの明太子は、ランキングにとても迷いました。結果的に2位になりましたが、編集部の中でも人によってはセブンが一番!という人もいて、ファミマとどちらがおいしいかは、意見の分かれた具材です。ぜひ、みんさんも機会があれば食べ比べてみてください。

1位 ファミマ「手巻 辛子明太子」

価格:138円(税込み)
具の量:★★★
味:★★★
エネルギー:165lcal
重量:111g
明太子の1位は、ファミマ。ひと口食べた瞬間に、明太子のピリリとした辛さが口いっぱいに広がります。これぞ明太子といえる、本格的な辛さが、ランキングの決め手になりました。
瀬戸内産の藻塩を使ったおにぎりは、お米にほどよい塩味も加わり、お茶を飲みながら2つ3つ食べてしまいそうなくせになる味。具とお米のバランスがよいため、辛くても食べやすい明太子おにぎりでした。

紅鮭3社を比較

最後は、紅しゃけおにぎりをランキング!

3位 ローソン「手巻おにぎり紅さけ」

価格:135円(税込み)
具の量:★
味:★
エネルギー:174kcal
重量:116g
他2つにくらべて具の鮭に甘さを感じたローソンは3位。決しておいしくないというわけではいのですが、鮭フレークのような人工的な味が3位の理由です。
具の甘さに加えて、量が少なかったこともランキングに差をうみました。ひと口ではたどり着けない具の量はちょっと残念なポイントです。重量は3つの中で一番多く、ご飯を減らしてその分具が増えたら、違った結果になっていたかもしれません。

2位 セブン「手巻おにぎり熟成紅しゃけ」

価格:140(税込み)
具の量:★★
味:★★★
エネルギー:180kcal
重量:109g
塩気がしっかりついた鮭はお米と相性がよく、全体的に文句のないおいしさだったのですが、ほろほろとした鮭が、1位との差の理由。
鮭の塩味が濃く、おにぎりの味はしっかりしていますが、鮭の身が細かく、具の存在がご飯の食感に負けてしまっている印象。具の塊がほんの少し大きかったら、セブンが首位になっていたんじゃないかと思います。

1位 ファミマ「手巻 熟成紅しゃけ」

価格:140円(税込み)
具の量:★★★
味:★★★
エネルギー:189kcal
重量:107g
最後の鮭おにぎりについても、2つのコンビニをおさえて1位に選ばれたのはファミマ。2位のセブンと比べてファミマの方が鮭らしい自然な塩味があったのと、ほぐし身の大きさが編集部内で好まれた理由です。
ファミマの鮭おにぎりは、焼いた鮭をすぐに握ったような新鮮なおいしさに感じました。セブンと同価格ですが、具のごろっとした感じや、ふっくらとした食感も人気を得ました。

食べ比べまとめ

3つのコンビニのおにぎりは、同じ具でもご飯とのバランスや塩味、具の味付けなどによって、同じ具のおにぎりとはいえ、はっきりと違いがあることに意外性を感じました。食べ比べてみると気がつかなかった発見が多いものです。よかったらみなさんも気になったおにぎりの食べ比べをしてみてくださいね。

各コンビニの注目おにぎり26種

全国に拠点をもつ有名なコンビニの他にも、日本には数え切れないほとのコンビニが点在。どのコンビニにも、それぞれにアイデアをこらしたオリジナルのラインナップがいっぱいです。できることなら、全てのコンビニのおにぎりを食べ比べてみたいところですが、さすがにそれはできそうもありません。

セブンイレブンやローソンなどのメジャーなコンビニも含め、都内のコンビニを巡り、ぜひ食べておきたい、いま注目のおにぎりをかき集めてきました。珍しい具材のものや、今だけしか買えない商品もあるので、気になったおにぎりがあれば、要チェックですよ。

セブンの注目おにぎり6種

1. 鮭いくら

これは好きな人が多いかもしれません。鮭を混ぜ込んだごはんで作ったおにぎりに、プリプリのいくらがどっさり!鮭といくら、由来は同じですから、まずいわけがありませんよね。
ひと口かじると口いっぱいに広がる、いくらと鮭の旨みと甘み。ほかのおにぎりとは一線を画す、とってもおいしいおにぎりでした。たっぷりのいくらが入って150円というのも嬉しいポイントです。
価格:150円(税込み)
エネルギー:188kcal

2. 焦がし醤油仕立ての焼豚炒飯

焼豚のうまみたっぷりの炒飯が、食べごろサイズのおにぎりに。具材は焼豚、ネギ、たまご。それぞれの具材の量は十分で、食べ応えもなかなかです。
ぜひ、手で持てないくらい熱くなるまでレンジで温めてから食べてみてください。常温のときとは比べものにならないくらい風味が強まり、旨みを強く感じられるようになりますよ。まさに、炒飯をそのまま食べているかのよう。「少量だけ炒飯を食べたい」なんてときは、ぜひこれを試してみて。
価格:130円(税込み)
エネルギー:215kcal

3. サンドおむすび ベーコンオムレツ

名前のとおり、間にオムレツをはさんだおにぎりです。オムレツの中にはベーコンが入っている、はずなのですが、その量が少なすぎて探してもなかなか見当たりません。
ただ、風味でその存在は感じられます。やわらかなオムレツの食感と共に、口に広がるベーコンの香ばしい味と香り。たまごとお肉、その相性のよさはあえて書くまでもないですよね。モチモチとしたお米とふんわりたまご、ベーコンの旨みがあとを引き、アッという間にペロリとたいらげてしまうはず。
価格:150円(税込み)
エネルギー:230kcal

4. 甘辛鶏ごぼう

ほかのおにぎりよりも飛び抜けて高いカロリー数。おにぎりひとつでこれほどとは。ちょっと驚きです。高カロリーの原因は、具材のひとつであるピリ辛の鶏唐揚げ。この唐揚げと揚げごぼうを甘辛のタレで和え、おにぎりの中におさめてあります。
ひと言で感想をいうなら、油の旨み、サイコー。おいしいものはカロリーが高いという事実を改めて如実に感じました。油分と炭水化物、美容を考えるならとても危険な組み合わせですが、「これなら仕方ない」と思えるだけの、おいしいおにぎりでしたよ。
価格:140円
エネルギー:290kcal

5. 玉子かけ風ご飯

いわゆるTKG(T:たまご K:かけ G:ごはん)をおにぎりで再現した意欲的な商品。ごはんの中に、食べているうちにしたたり落ちそうなほどたっぷりと、トロットロのたまごの黄身(醤油風味)が入っています。
ですから、その味わいはまさにTKGそのもの。噛むほどにしみ出す黄身の旨みを存分に楽しめるので、出先でTKGを食べたい気分になったときは、これひとつ買えば欲求を満たすことができるはず。まったりとしていてお腹の満足感も高いので、夕食まで時間があるときの間食にもおすすめです。
価格:120円(税込み)
エネルギー:210kcal

6. 鶏唐揚げマヨネーズ 〜黒胡椒仕立て〜

マヨネーズで和えた鶏唐揚げを中具にしたおにぎりです。鶏唐揚げは、はちみつでもみこんだ鶏肉に、にんにく、醤油で下味をつけてから揚げたもので、中具にする前に黒胡椒で風味を加えているとか。
食べてみると、想像以上に具が多いという印象。ボリュームが格別多いというわけではないんですが、なかなかの満足感です。また、やや脂っこくはあるものの、黒胡椒の風味が効いていて、重さはさほど感じません。具材のわりにカロリー数はふつうなので、ダイエットをしていてふいに唐揚げを食べたくなったときは、ぜひこのおにぎりを試してみてください。
価格:130円
エネルギー:210kcal

7. 銀座デリー監修 ドライカレー

銀座・コリドー通りにある「デリー銀座店」。この半世紀も前からある老舗カレー専門店の監修により誕生したのがこのおにぎりです。
中央が大きくくり抜かれていて、そこにカレー風味のチキンとカレーペーストがたっぷりとおさまっているのですが、チキンが大きく、食感もしっかりしていて、かなり食べ応えがあります。食べた感想は、おにぎりというより、もはや小さなドライカレー。温めて食べるとおいしさが増すので、ぜひアツアツの状態で食べてほしいと思います。
価格:140円(税込み)
エネルギー:233kcal

ローソンの注目おにぎり3種

1. てっぺん盛り熟成生たらこ

ローソンのおにぎり屋のてっぺん盛りシリーズは、お米に新潟コシヒカリを使い、こだわりの具材をおにぎりにしています。おいしそうな具材の多いシリーズの中から選んだのは「生たらこ」。
シリーズの特徴は、てっぺんから飛び出した具材。生たらこが頭を少し出した様子はちょっとかわいらしく見えます。
ちょうどよい塩気と、たらこ特有のまろやかな甘みもあるとてもおいしい具なのですが、残念なのは生たらこの量。おにぎりの頭から飛び出しているのを見ると、中にも外にもたらこがいっぱい入っているのかなと勝手に思い込んでいたのですが、実際は外のたらこはひと口あるかないか。中の具もわずかです。もう少しボリュームがあったら文句なしでした。
価格:175円(税込み)
エネルギー:204kcal

2. てっぺん盛り直火焼き牛カルビ

てっぺん盛りシリーズからもうひとつ気になったのは、直火焼き牛カルビを具にしたおにぎり。甘辛く味付けられたカルビは、香ばしくとろっとした舌触りです。濃いめの味付けで、食べ応えのあるおにぎりは、男性からも人気がありそうな味。
生たらこを食べてみた経験から、こちらも少量の具になっているのかと思っていたのですが、てっぺんのトッピングだけでなく、ご飯の中にもしっかりと角切り肉が入っていて、これは満足感の高いおにぎりです。
価格:175円(税込み)
エネルギー:218kcal

3. てっぺん盛り炙り焼豚と高菜

てっぺん盛りから、さらにもうひとつご紹介。ほか2種とは違い、ふたつの具材が入っています。博多ラーメンに多い、高菜と焼豚の2つの素材は、それぞれご飯に合うものですから、おいしいにきまっていると思って選んだ商品。
スライスした焼豚がおにぎりのてっぺんから頭を出しています。中にも細かく刻まれた焼豚が入っていて、高菜にも十分に塩気があるので全体的に味が薄いということはないのですが、お米にボリュームがある分、思っていたよりかはあっさり。具の量がもう少しあると嬉しいです。
価格:175円(税込み)
エネルギー:230kcal

ナチュラルローソンの注目おにぎり4種

1. もち麦入りおにぎり かにめし

ヘルシーな食材がそろうナチュラルローソンのおにぎりは、やはり健康的なものが多いですね。おにぎりには、もち麦入りのものが目立ちました。弾力のある歯ごたえで、ひとくちひとひとくちしっかり噛みしめて食べるおにぎりです。
この商品でちょっと気になったのは、カニの匂い。編集部でも好き嫌いが分かれた商品です。少し小さめのつくりと、低カロリー、低糖質の内容は、とくに女性から支持が高そうなおにぎりです。
価格:168円(税込み)
エネルギー:167kcal

2. 北海道紋別産コーンと醤油麹の焼おにぎり

五穀米はよく耳にしますが、こちらは七穀入り。たくさんの穀物が入っいるとあって、食べる前にはカリカリとした歯ごたえを想像していましたが、意外にも、もっちり、しっとりした食感におどろきました。
粘り気のあるお米に、ときおり混じるカリカリとした穀物の歯ごたえが心地よく、なんだかずっと食べ続けていたくなります。塩味はわずかで、薄味という感想が多かった商品。人によっては、味気なく感じるようですが、穀物好きな人にはおすすめです。
価格:140円(税込み)
エネルギー:204kcal

3. もち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布

こちらも、もち麦入りのおにぎりですが、混ぜ込まれているのは海のものではなく、枝豆と塩昆布。かにめしのおにぎり同様に、弾力のあるもっちりとした食感は心地よく感じます。
押し麦とゴマのぷちぷちとした食感に加え、ホクホクの枝豆もよいアクセント。塩昆布が全体に塩味をつけています。とはいえ、やはりヘルシー系のおにぎりは薄味の印象。おかずがあるとちょうどよいバランスになりそうです。
価格:125円(税込み)
エネルギー:188kcal

4. チアシード入り七穀おにぎり チーズおかか

話題のスーパーフードのチアシード入りおにぎり。7つの穀物にチーズもくわわって、栄養価は間違いなく高いおにぎり。
風味はかすかですが、パルメザンチーズのような香りがします。小さく刻んだ大根葉っぱも入って、シャキシャキとした歯ごたえも。おかかと醤油の塩気がベースになり、他の穀物入りおにぎりに比べると濃いめの味付けです。これなら単体で食べてもおいしいと思います。
価格:145円(税込み)
エネルギー:188kcal

ファミマの注目おにぎり5種

1. 炙り焼きソーセージ

焼きおにぎり風の丸型おにぎりに、同じく丸いスライスソーセージをのせた洋風おにぎりです。細長いソーセージではなく、おにぎりと同じ形にすることで、どこから食べてもソーセージとご飯が一緒にたべられるのがポイントですよね。
ご飯には、醤油のこおばしい味がしみ込み、所々のおこげのような部分は、好きな人も多いと思いますよ。炙り焼きソーセージは、それだけを食べると油っぽさを感じたのですが、和風に味付けられたご飯とのコンビネーションでちょうどよい味付け。シンプルなつくりですが、このふたつの組み合わせ、飽きずに食べられますし、おつまみにもおすすめです。
価格:150円(税込み)
エネルギー:270kcal

2. まるごと半熟煮玉子

玉子ひとつがまるまる入ったおにぎり。おにぎりのご飯だけを食べてもおいしいと感じます。玉子にもご飯にもしっかり醤油の味がしみていますが、塩辛さはなく、バランスのよい味付けは編集部でも人気でした。
半熟玉子が口のなかでご飯にからんだ味わいは、ちょうどよい具合の醤油がかかった玉子かけご飯のよう。玉子がまるごとひとつ入ったおにぎりは、ボリューム満点。女性であれば、このおにぎりだけで十分に空腹を解消できそうですよ。
価格:200円(税込み)
エネルギー:288kcal

3. 豚しゃぶ(ポン酢ジュレ入り)

昆布だしで炊き込んだごはんの中に、ポン酢味の豚しゃぶが入ったおにぎり。さっぱりとしていますが、豚肉入りのおにぎりは食べ応え十分。直巻のしっとりした海苔が、具材にあっています。
ポン酢と豚肉の油がしみたおにぎりは、食べすすめるほどに食欲が加速します。いくつでも食べらてしまいそう。しょっぱすぎず、ちょうどよい塩加減とほどよい酸味は、絶賛とまではいかないのですが、ずっとあってほしい商品です。
価格:150円(税込み)
エネルギー:216kcal

4. わさびいなり

刻み茎わさびを混ぜ込んだ酢飯を甘辛の油揚げで包んだおにぎり。わさびの風味は感じられますが、辛味はほとんどありませんので、わさびの辛さが苦手な人でもきっと大丈夫。
ちょっと残念なのは、茎わさびがしんなりとしていて、茎わさびらしいシャキシャキとした食感が楽しめないこと。そういう意味では、おいしかったけれど、少しものたりない部分もありました。
価格:140円(税込み)
エネルギー:201kcal

5. おむすび 鶏と玉子のそぼろおむすび

こちらは、dancyu(ダンチュウ)とファミマが共同でプロデュースしたダイエットシリーズのおにぎり。ナチュロは穀物いっぱいのおにぎりが目白押しでしたが、ファミマは、糖質を20%オフし、カロリーもぐっと抑えたヘルシー系です。
おにぎりのカロリーをおさえるためにお米に混じっているこんにゃくが、プチプチとした楽しい食感。糖質がカットされたおにぎりですが、ヘルシー系食品にありがちな、物足りなさはありません。炒り卵の甘みと鶏肉の旨みもしっかりと感じられ、満足感を得られる味付けです。
価格:130円
エネルギー:163kcal

ニューデイズの注目おにぎり4種

1. ふるさとむすび鯵のたたき生姜

駅構内にみかけることの多いニューデイズは、通勤や通学、帰宅途中に多くの人が立ち寄るコンビニです。様々な場所から訪れるお客さんが利用するニューデイズで見つけたのは、オリジナルブランドふるさとむすびの「鯵のたたき生姜」。
コンビニのおにぎりにはあまり見かけない生の鯵を入れた商品ですが、酢飯は使ってません。生姜の風味が全体にしっかりついているので生臭さがなく、とてもおいしいおにぎりです。駅構内でこんなに本格的な素材を使ったおにぎりが買えるというのは、お米の国ならではと感じました。
価格:168円(税込み)
エネルギー:186kcal

2. 寿司むすび まぐろたたき(わさび風味)

こちらも、生食材を具にしたおにぎり。表面の鮮やかな赤は、たっぷりのまぐろのたたき。初め赤々とした色にはびっくりしましたが、食べてみると人工的な味の印象はありません。たたきの中に入っている茎わさびや、酢飯の中の白ごまもよい食感です。
具のまぐろのたたきは寿司ネタで食べるものとは異なり、かなり甘く、茎わさびはツンとする辛さはないので、普段わさび抜きを頼む人にもおすすめです。個人的には、帯海苔がほしかったです。
価格:148円(税込み)
エネルギー:222kcal

3. ラタトゥイユ風おにぎり

続いては、洋食メニューをにぎったような「ラタトゥイユ風おにぎり」。ケチャップで味付けられたピラフ風ご飯に、玉ねぎ、人参、コーンのラタトゥイユを具にしています。
ピラフ風のご飯は、ナポリタンのような甘い味付け。酸味のある具が味に変化をつけています。とはいうものの、ご飯も具もトマト味がベースになっていて、平板な味は、ちょっと飽きやすいかもれません。スパイシーな要素や、チーズが入っていたらもっとおいしかったでしょうね。
価格:130円(税込み)
エネルギー:176kcal

4. ほうれん草とベーコンのピラフ風おにぎり

こちらもピラフ風のおにぎり。鮮やかなグリーンが、ヘルシーな印象。パッケージに、コーン、ベーコン、マッシュルームが入った、ほうれん草味と説明が書いてあったのですが、実際に食べてみると、あまりほうれん草の味はしなかったのが、正直な感想です。
野菜の味よりもバターの香りが目立ち、洋食屋さんで食べるピラフに似たまろやかさ。量は少ないのですが、細かく刻んだベーコンから、バターと合わさった旨味を感じます。ピラフ風といっても、しっとりしたお米なので、おにぎりの形でも食べやすくなっています。
価格:138円(税込み)
エネルギー:189kcal

サークルKサンクスの注目おにぎり3種

1. シーフードサラダ

サンクスで見つけたのは、お寿司屋さんでよくみかける軍艦メニューがおにぎりになったような「シーフードサラダ」。エビやカニカマ、とびっこなどのシーフードが玉ねぎ入りのマヨネーズソースで味つけられています。
マヨネーズと酢飯の酸味で、さっぱりと食べられます。とびっこのプチプチとした食感や、エビの弾力感など食感もよく、編集部でも人気の高かったおにぎり。ただ、女性からはカロリーの高さが気になるという声も。
価格:140円(税込み)
エネルギー:261kcal

2. おいなりさん栗さつま

サンクスから新発売したおにぎりは、秋の素材を先取りした栗入りのおにぎり。海苔のかわりに、お揚げで黒ごまいりのご飯を包んでいます。酢飯が使われていますが、酸味は弱く甘く味つけられたお揚げとゴマのこおばしさが印象的。
ダイス状にカットされた栗とさつまいもが入っていますが、その量の少なさはちょっと残念。せっかく秋の味覚は、大きめの具で堪能できたら嬉しかったですね。全体的に甘い仕上がりのおにぎりは、お食事としてよりも、小腹がすいたときのおやつに食べても違和感がない味です。
価格:138円
エネルギー:234kcal

3. 丸鶴監修 しっとりチャーハン

編集部全体が絶賛したのがこちらのおにぎり。マツコの知らない世界でも紹介された、丸鶴監修の「しっとりチャーハン」。35種のおにぎりの中でダントツの人気を得ました。甘く煮た焼豚の角切りがおにぎりの真ん中に入り、チャーハンは、たまご入りです。黒胡椒でスパイシーに味付けがされたチャーハンは、パッケージに書いてある通りとてもしっとり。
焼豚の甘さとチャーハンの塩加減がとてもバランスのよいおにぎりで、とにかくおいしい、のひと言につきます。ほかの丸型おにぎりに比べるとひと回り小さめのおにぎりですし、焼豚もふたかけ程度しか入っていないことを考えると、お値段は高めですが、それでもまた食べたい商品です。
価格:138円(税込み)
エネルギー:246kcal

夢見るおにぎりの未来

大手3社の定番人気品から、コンビニ各社の注目品まで、コンビニおにぎりを全35品厳選紹介した今回、いかがでしたか?まだ食べたことのなかったおにぎり、食べたことはあっても知らなかった特徴など、実際に食べた編集部員からは、驚きや感動の声が絶えませんでした。

時代の流れのせいか、近頃はどこのコンビニでもヘルシー系おにぎりの商品数が増えていますが、実際食べ比べてみると、こってりハイカロリーな「丸鶴監修 しっとりチャーハンむすび」が一番おいしかったりするんですよね。

女性消費者の取り込みを目的としたヘルシー系おにぎりの新商品はこれから先も続々と発売されるでしょうが、問答無用のおいしさをもった、高カロリーでも食べずにはいられない新たなおにぎりの登場にこそ期待したいところ。

ベーシックなおにぎりもよいのですが、名店や著名人監修系の味にこだわったおにぎりが増えていくと、おにぎり市場はさらに活性化していくような気がします。

この手前勝手な希望と展望が開発側に汲み取られ、よりおいしくて驚きのあるおにぎりがたくさん実現する……そんな近未来を期待しています!
(担当:植松、倉持、門、蒲原)

《macaroni編集部厳選!マカロニセレクション》の記事一覧

スイーツ パン屋 まとめ

クリスマス目前のこの時期、食べたくなるスイーツといえばシュトーレンですよね!今回は、人気ブラッセリーから発売されているシュトーレンに注目。12個の絶品シュトーレンを編集部で食べ比べ、おいしかったものをランキン…

おやつ おつまみ まとめ

数ある商品の中でも不動の人気を誇るコンビニチキン。最近では、スパイスや衣にこだわった本格的なチキンが手軽に買えますよね。コンビニ7社を駆け回って集めた20種類のチキンを、ランキング形式でご紹介します!栄えある…

まとめ 食べ歩き

東京ディズニーシーの楽しみといえば、アトラクションときれいな景色…そしてグルメも見逃せません!ディズニーシーならではのフード(スナック&スイーツ)、しかもすべて500円以内のおすすめグルメ15点…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

レシピ お菓子 スイーツ まとめ

全世界で有名なクッキー、オレオ。2つに分けたり、牛乳につけたりする食べ方は有名ですが、この世には他にも様々な食べ方を試している人たちがいっぱいいるんです。どれも魅力的な食べ方ですので、いくつかまとめてみました。

チョコレート スイーツ まとめ

今年のバレンタインのトレンドは「板チョコ」と最近話題になっていますね♪プレゼントするなら当然おしゃれな板チョコレートがいいでしょう!おすすめのブランドを紹介します。男性だけではなく、友達や家族にプレゼントして…

ドリンク まとめ

「鏡月」と聞くと、酒好きの人の家には必ず1本はあるイメージですよね!飲みやすくて美味しいと大好評のお酒。今回はそんな『ふんわり鏡月』をもっと美味しく飲む方法のまとめをご紹介します♫是非、試してみてくださいね。

まとめ

なんでもお得に手に入ると評判のコストコ。そんなコストコの商品の中でも、海外の商品は特にお得なんだとか。ここでは、他のお店で買うよりも絶対に安いコストコの格安品を、海外の商品に注目していくつかまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

新宿 和食 まとめ

今回は新宿にある人気の和食店をまとめました。伝統の味わいが楽しめる和食は、繊細な味は一口ごとに驚きと感動が生まれるほど繊細なおいしさなんだそうです。皆さんもぜひ参考にして訪れてみてはいかがでしょうか?

パン

ローソンの「エッグベネディクト」は、とろりとした卵、コク豊かなチェダーチーズ、濃厚なオランデーズソースが一体となってとてもおいしいそうです。マフィンの間にチーズを挟むことでさらに贅沢な仕上がりになっています。

macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。毎回独自の視点でおいしい情...