ローディング中

Loading...

メロンは、他のフルーツと比べてちょっと高級なイメージがありませんか?そんなメロンを食べるときは、できれば甘くておいしい食べごろの時期に食べたいですよね。今回は、メロンの食べごろの見分け方や甘さを引き出すコツをご紹介します。

高級フルーツメロン、おいしく食べるには?

ほかのフルーツに比べて値段がやや高めなのが「メロン」。自分で購入するときや、贈り物にするときは、できるだけ甘くておいしいメロンを選びたいところです。特に贈り物の場合は、受け取った方が食べ頃を待たなくてもすぐに食べられる状態で贈りたいですよね。では、まずはおいしいメロンの選び方をポイント別にご紹介していきましょう。

まずはおいしいメロンの選び方

均整のとれたメロン

メロンの果皮は、網付きのメロンの場合でも、網なしのメロンの場合でも、色づきに均整がとれているものを選ぶようにしましょう。

重みがあるメロン

軽いメロンより、ずっしりと重みがあるメロンのほうが、種が入っている比率が低いでしょう。実が詰まっている証拠で、肉厚でおいしいものが多いです。選ぶときは、重さにも注意してみてください。

みずみずしい香り

おいしいメロンに近寄ると、みずみずしい香りがしてきます。目だけではなく、香りにも注目しておいしいメロンを見分けてみてくださいね。

網付きメロン

スーパーなどでよく見かけるのが網付きのメロン。このメロンの表面に広がっている網目が、おいしいものを見分けるポイントのひとつです。おいしいメロンは、網目がはっきりとしていて、高く盛り上がっています。さらに、細かい網目が均等に広がっているものがおいしいとされています。網付きメロンを購入する際は、この網目をよく見てみてください。

メロンの食べごろの見分け方

おいしいメロンが食べられる時期=食べごろは、短いといわれています。収穫後、1週間ほど熟成させたくらいがメロンの食べごろです。この時期を逃してしまって熟れすぎたメロンは、味が落ちてしまいます。しかし、頂きものにしろ購入したものにしろ、メロンの収穫日まではわからないことが多く、タイミングを計れないですよね。

そこで、これからご紹介するポイントで、メロンの食べごろを見分けてみてください。

メロンの香りが広がっているもの

おいしいメロンの選び方でもご紹介しましたが、食べごろになると、メロンの甘くてみずみずしい香りは強くなってきます。これが食べごろを見分ける一つのポイントです。メロンの皮の一部が少しみずみずしく、色が染み込んだように変化してくると、より一層メロンの香りが漂うようになります。

とはいえ、一歩間違えると、熟しすぎてしまいますので注意が必要です。

ツルがしなびてきているもの

メロンの頭の部分に伸びているツル。実は、これがしなびてきたら、食べごろのサインということなのです。見落としてしまわないように、毎日観察してくださいね。ツルは食べごろを判断するのにとても役立つので、ツルがしっかりと付いたものを買うのもポイントかもしれません。

底を押して柔らかいもの

食べごろを見分けるもうひとつのポイントはメロンの底。指で押さえて確かめてみましょう。メロンの底がやわらかければ、食べごろといえるでしょう。

メロンの正しい保存方法

メロンの保存は、どのようにおこなっていますか?メロンには、熟成するために適した保存方法があります。おいしいメロンを食べるためにも、正しい保存方法で熟成させてあげましょう。

そのまま寝かせる

完熟していないメロンは、そのまま寝かせておくと甘さが増すといわれています。果肉がやわらかくなるまで待ちましょう。

必ず常温で

メロンは冷やして食べるとおいしいので、すぐ冷蔵庫に入れてしまいがちですが、保存の際は、必ず20〜30℃の常温で風通しがいい場所でおこないましょう。冷蔵庫で保存をしてしまうと、熟成しなくなってしまいます。そして、いよいよメロンを食べるというときの2時間ほど前に冷蔵庫に入れて冷やすと、おいしく食べることができるでしょう。

保存上の注意点

食べきれなかったメロンをビニールに入れたり、ラップに包んだりして冷蔵庫に入れてはいませんか?これはNGです。メロンは、エチレンガスというガスを多く出します。このエチレンガスには、フルーツの老化を促進させる効果があるのです。そのため、このような方法で保存してしまうと、メロンがドロドロに溶けてしまうことがあります。食べごろが短いメロンなので、できれば早めに食べてしまってくださいね。

タッパーで保存

それでもどうしても食べきれずに余ってしまったメロンは、カットしてタッパーに入れて保存しましょう。カットしたメロンの賞味期限は短く、2~3日程度といわれています。もしたくさん余ってしまったら、ジュースなどにして早めに消費してしまうようにしてください。

冷凍保存をする場合

冷凍保存をすると、1か月程度は保存できるでしょう。ただ、そのまま解凍してしまうとベチャベチャなメロンになってしまいます。冷凍保存をしたメロンは、シャーベットのようにして食べるか、スムージーなどに使って消費することがおすすめ。

保存するときは、金属トレーにクッキングシートなどを敷いて、くっつかないようにメロンを並べて冷凍しましょう。この方法が難しければ、皮と種をとること、袋に入れるときに空気が入らないようできるだけ密閉することに注意してください。

メロンをおいしく食べよう!

メロンの選び方、食べごろの見分け方、そして保存方法についてまとめました!いかがでしたか?

冷たいメロンはとってもおいしいですが、保存中から冷やしてはいけないんですね。また食べごろがきたら、なるべく早めに消費したほうがいいとのことで、ならば、ジュースやシャーベットを楽しんでみてもいいでしょう。

高級フルーツのメロン。今度召し上がるときは、ぜひ今回の記事を参考にして、甘くておいしいメロンを堪能してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

シャキシャキの食感と程よい苦みがおいしいセロリ。皆さんはどう保存していますか?もしまるごと保存されている場合は、これからご紹介する保存方法を試してみてください!今回は、常備菜としても活躍するセロリの保存法やお…

賞味期限が切れてしまった生クリーム…。もったいないから使いたいところですが、乳製品だしすぐ腐りそうで使って良いのか、食べていいのか迷ってしまいますね。そんな気になる生クリームの賞味期限と保存方法…

毎日の朝食やお子さんのお弁当に欠かすことのできない食材、ウインナー。お値段が安くなった時に買いだめをしたものの、使い切れずに賞味期限が間近!という経験はありませんか?今回は捨てずに上手に冷凍保存し、おいしく解…

愛知 いちご パフェ フルーツ

愛知県犬山市はお城で有名な街……。その城下には実は絶品グルメがたくさんあるんです。中でも旬の果物がこれでもか!というほど味わえる、季節のフルーツパフェがおすすめの「芳川屋」さんをご…

みかん フルーツ

近年珍しい鍋がトレンドですが、颯爽と登場した「みかん鍋」という山口県大島のご当地料理に注目が集まっています。みかん鍋って、まさかみかんを鍋に……!? 作り方や、みかん鍋の定義などご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

クッキー お菓子 スイーツ

サクサク&ホロホロの食感が楽しい「さざれ石クッキー」は、クッキー好きな人にこそ試してほしい新食感スイーツ。お取り寄せサイトでも人気の個性派洋菓子の他にも、こだわりの素材を生かした美味スイーツを自宅で食…

レシピ お茶漬け まとめ

暑い季節になるとさっぱりした食べ物が欲しくなるもの。そこで、サラサラいけてダイエットにも効果的な冷やし茶漬けはいかがでしょうか?基本的な作り方と、おいしくてとっても手軽なアレンジレシピを集めてきました^^

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...