ローディング中

Loading...

生しらすは、なんと言っても鮮度が一番大切な食材。同じ旬でも、すこし味わいが違うってご存じでしたか?今回は、そんな生しらすについてお話ししたいと思います。また、名産地である江ノ島・鎌倉の、生しらすがおいしいおすすめ店もご紹介!

新鮮第一の「生しらす」

しらすとは、イワシ・ニシン・イカナゴ・ウナギなどの稚魚の総称です。一般的に食されているしらすは、“かたくちイワシ”の稚魚であることがほとんど。

しらすは、体に色素がほぼなく、無色透明な色が特徴です。名前の由来は、その昔、白い砂利が敷かれた「お白州」という裁きをする場所が、しらすを干している様子と似ていることからきたとされています。

加熱していないものを生しらすといいますが、新鮮さを保つために急速冷凍技術がある現在では、冷凍から解答したしらすも生しらすといわれています。

生しらすと釜揚げしらすの食感の違いとは

生しらすは、水揚げ後すぐに食べる、もしくは新鮮なまま冷凍されたものを食べるため、ぷりぷりした弾力のある食感を楽しむことができます。風味もそのまま味わうことができるので、クセになること間違いなしです。

一度お湯にくぐらせた「釜揚げしらす」は、やわらかい食感になり口あたりがよく、醤油の絡みも生しらすより強くなる傾向にあります。

ちなみに乾燥させたちりめんじゃこの食感は固く、おにぎりの具材などに最適です。

生しらすの旬の時期はいつ?

かたくちイワシは1年通して産卵しますが、主に春と秋が産卵のピークです。沖合で産卵したあと、1~2ヵ月程度でしらすになり、沿岸部付近まで近づいてくるため、春から秋まで食べることができます。

漁獲量としては、4・5・7・10月とありますが、特に10月がしらす漁が盛んな月です。漁獲量からみても、しらすの旬の時期は“春と秋”といえるでしょう。春は小ぶりながらもぷりぷりした食感が楽しめ、秋には脂がのっている甘みが強いしらすを味わうことができます。

江ノ島・鎌倉はしらすの名産地

江ノ島・鎌倉は相模湾が目の前に広がり、海と密接な関係のある地域です。この相模湾では、年間400~600トンの漁獲量を誇り、船びき網のしらす漁が盛んな場所なのだとか。しらす漁業の大部分がしらす漁獲するだけでなく、加工・販売まで自らがおこなっているため、新鮮なしらすをいつも提供できます。

こうしたことから、相模湾のしらすは“湘南しらす”と呼ばれ、地元の方から愛され、神奈川県の名産として人気が高いのです。

生しらすが食べられる江ノ島・鎌倉のお店7選

ここからは、しらすの名産地である江ノ島と鎌倉の、「本当においしい生しらすが食べられる」お店をご紹介していきたいと思います。旬の時期に訪れれば、きっとあなたの期待を超える生しらすを、心ゆくまで堪能できるはずですよ。

江ノ島・鎌倉に行く前に、ぜひともチェックしておきましょう!

1.しらすや

江ノ島電鉄線「腰越(こしごえ)駅」から徒歩1分のところに、「しらすや」はあります。国道134号を挟み、目の前が腰越漁港です。しらす漁をしている「勘浜丸(かんはままる)」の直営店となっているため、メニューに並ぶ食材は、新鮮なものばかり!敷地内には直販所が設置され、生しらすが購入できるため、お土産としても大人気ですよ。

生しらす丼

http://macaro-ni.jp/33031

1,080円(税込)

あつあつのご飯の上に、きらきらと輝く大量の生しらすがのった「生しらす丼」が、こちらのお店のおすすめメニュー。直営店ならではの価格も、人気となる秘密かもしれませんね。強い磯の風味と、つるつるとした食感がたまりません!

ほかにも、生しらすだけでなく釜揚げしらす、ちりめん佃煮、しらすのかき揚げなど、しらすのいろんな姿を楽しめる「しらすづくし定食」(1,700円)も人気メニューです。すこし贅沢をしたいなと思ったとき、いかがですか?

店舗詳細

■店舗名 :しらすや 腰越漁港前店
■最寄駅 :腰越駅
■住所 :鎌倉市腰越2-10-13
■電話番号:0467-33-1779
■営業時間:11:00~22:00(L.O 21:30)
■定休日:木曜日
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14002304/
■公式HP:http://sea.ap.teacup.com/kanhama/

2.きむら

「きむら」は磯料理店であり、一見民宿であるかのような雰囲気が漂っています。江の島の参道から1本入った場所にあり、地元の漁師から愛されているお店です。アクセス方法としては片瀬江ノ島駅から約1kmに位置するところにあり、隠れ家的お店なんですよ。

ハーフ&ハーフ丼

http://macaro-ni.jp/33031

980円(税込)

海の幸が新鮮であり、なかでも生しらすと釜揚げしらすの「ハーフ&ハーフ丼」は、1度に2度楽しめる人気メニューです。同じしらすでも、生と釜揚げでは驚くほど差があるので、ぜひ試してみてくださいね。

ほかにも、「つぼ焼・焼はま定食」1,500円(税込)、「きんめ煮付定食」2,160円(税込)と、磯料理ならではのメニューが豊富です。

店舗詳細

■店舗名 :きむら
■最寄駅 :片瀬江ノ島駅
■住所 :神奈川県藤沢市江の島1-6-21
■電話番号:0466-22-6813
■営業時間:11:50〜20:00
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14000192/

3.江の島亭

江ノ島展望灯台に近く、片瀬江ノ島駅から徒歩30分程度かかりますが、海を眺めながら気持ちよく歩けるコースになっています。または藤沢駅の北口、横浜銀行前の3番停留所から江ノ島停留所まで乗り、そこから15分歩くルートもあります。広い店内は開放感があり、食事をしながら素晴らしい絶景を楽しむことができますよ。

海鮮丼(生しらす入)

http://macaro-ni.jp/33031

1,500円

海の幸がふんだんに盛り付けられた「海鮮丼」は、きれいに透きとおった生しらすがトッピングされています。生しらすが美味なのはもちろん、いくらやエビ、たこ、まぐろ、釜揚げしらすなどが盛られており、海のおいしい部分をすべて堪能できる贅沢な丼なんですよ。

ほかにも、海鮮ととろろのコンビネーションを味わえる「江ノ島亭まかない丼」(1,450円)などがおすすめ。純粋に生しらすだけを楽しみたい方は、「生しらす丼」(1,200円)もあるので、そちらをめしあがれ。

店舗詳細

■店舗名 :江之島亭
■最寄駅 :片瀬江ノ島駅
■住所 :神奈川県藤沢市江の島2-6-5
■電話番号:0466-22-9111
■営業時間:平日 10:30〜日暮れ後1時間/土日祝 10:30〜19:00
■定休日:不定休(荒天時休み)
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14002925/
■公式HP:http://www.enoshimatei.com/

4.江ノ島小屋

一軒家のようなたたずまいのお店であり、湘南の海が見えるテラス席が人気な「江ノ島小屋」。網小屋をイメージしてお店をつくっているために、安心感を抱きながら食事を楽しむことができます。場所は駅から近く、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩4分のところにあるため、訪れやすいですよ。

生しらす

http://macaro-ni.jp/33031

920円

生しらすのありのままを味わいたい方におすすめなのが、こちらの「生しらす」。きちんと1匹1匹に主張があり、ぷりぷりとした食感を堪能できます。生姜をきかせた醤油をつければ、日本酒が恋しくなるような味わいに。入荷があるときのみの提供なので、食べられるかは運次第です!

新鮮な魚のたたきと味噌を和えたものをご飯にのせ、さらにゴマだれで仕上げた「まかない丼」(1,430円)は、お店人気No.1のメニュー。「まかない」という名前がついているものの、その味わいは一度食べたらクセになるほどです。

店舗詳細

■店舗名 :江ノ島小屋
■最寄駅 :片瀬江ノ島駅
■住所 :神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12
■電話番号:0466-29-5875
■営業時間:7月〜9月 7:30〜15:30、16:30〜22:30、土・祝日前16:30〜23:00/10月〜6月 8:00~15:00、17:00~22:00
■定休日:12月31日、1月1日
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14005218/
■公式HP:http://enoshima-koya.com/

5.しらす問屋 とびっちょ 本店

「とびっちょ 本店」は、行列覚悟で行くお店です。食事もできますが販売もおこなっているため、お土産の購入や試食も可能。店内は2階席まであり、1階はカウンターとテーブル席、2階がテラス席と座敷となっています。ひとりでも、友達同士でも、ファミリーでも立ち寄ることができそうですね。

生しらす3色丼

http://macaro-ni.jp/33031

1,350円

生しらすは、その日に水揚げされたもののみを提供するというこだわりぶりの「とびっちょ」。生しらすのほかに、ネギトロといくらが盛られています。野菜もたっぷりと入っているので、女性にもうれしいですね。大きな丼ですが、ペロッと食べられてしまうほど絶品ですよ。

また、お店の名前が入っている「とびっちょ丼」(1,750円)は、日によって中身が変わる丼。入荷状況によってネタが変わるということは、その日そのときでもっともおいしい丼が味わえるということなので、かなり贅沢だと思いませんか?

店舗詳細

■店舗名 :しらす問屋 とびっちょ 本店
■最寄駅 :片瀬江ノ島駅
■住所 :神奈川県藤沢市江の島1-6-7
■電話番号:0466-23-0041
■営業時間:11:00〜22:00 ※荒天などにより、早めに閉店することあり
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14000795/
■公式HP:http://tobiccho.com/

6.鎌倉釜飯 かまかま 本店

鎌倉・小町通りの奥にある「鎌倉釜飯 かまかま 本店」。座席はテーブル席とカウンター席がありますが、平日はテラス席も用意されます。ごはんは伝統方式で釜で炊き上げ、おこげが楽しめるのもひとつの自慢です。鎌倉の街並みを肌で感じながら、散歩気分でお店に立ち寄ってみてください。

生しらす三色

http://macaro-ni.jp/33031

2,000円

きらきらと光る生しらす、つやつやとしたいくら、そしてオレンジ色がまぶしいウニの3種類がのった「生しらす三色」は、お店の1番人気です。それぞれ単体で食べるもよし、すべてを混ぜて食べても、いろんな味わい&食感が口の中でにぎやかに跳ね回りますよ。

ほかにも、季節によって食べられる「春五目」「秋五目」などもあり、海鮮の旨みだけでなく、季節の味わいを堪能できます。釜飯はシメとして、出汁茶漬けとしていただくのが定番とされており、最後のひと粒まで味わえるのはうれしいですね。

店舗詳細

■店舗名 :鎌倉釜飯 かまかま 本店
■最寄駅 :鎌倉駅
■住所 :神奈川県鎌倉市小町2-11-8
■電話番号:0467-25-3590
■営業時間:平日 11:00〜17:00/土日祝 11:00〜22:00
■定休日:無休
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14014112/
■公式HP:http://www.kamakama.jp/

7.池田丸

大漁旗が目立つ外観に、店内は広々した3階立てのお店です。地魚料理専門の「池田丸」は、地元の方に愛され街並みに溶け込んでいます。時間帯によって混み合いますが、3階は丼のみを注文する方優先となっており、回転率がとてもいいです。電車の場合、片瀬江ノ島駅から徒歩10分となり、海の目の前にお店があります。

しらす二色丼

http://macaro-ni.jp/33031

1,100円(税込)

生しらすと釜揚げしらすが、ひとつの丼にトッピングされた「しらす二色丼」。互いが身を寄せ合って盛られているその姿に、胸が躍りますね!すりおろし生姜や大葉が、風味にアクセントをプラス。さっぱりと食べきれるひと品です。

「池田丸」で提供されている魚は、どれも腰越沖で獲られたものばかり。こだわりが詰まった魚たちは、煮魚定食や焼き魚定食となり、あなたのことを待っていますよ。

店舗詳細

■店舗名 :池田丸
■最寄駅 :腰越駅
■住所 :神奈川県鎌倉市腰越2-12-10
■電話番号:0467-32-2121
■営業時間:11:30~14:30、17:00~21:00(L.O.20:00)※木曜日は夜営業なし
■定休日:不定休(祝日は営業)
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14000281/
■公式HP:http://www5c.biglobe.ne.jp/~ikeda-m/iked_mise.htm

家で生しらすが食べたいときは

タキシタ株式会社

http://macaro-ni.jp/33031

出典:ikasashi.com

駿河湾産生しらす 120g 600円/240g 1,200円/480g 2,300円(税込)

「タキシタ株式会社」では、静岡県にある用宗(もちむね)港で水揚げされたしらすを提供されています。水揚げされた直後、近くの工場で洗浄し急速冷凍しているため鮮度が抜群。1匹1匹、身が締まっており、魚が苦手な方でも臭みを感じることがないため、お子様にも人気のある商品です。

詳しくは、公式サイトをどうぞ▼

新鮮な生しらすが食べたい!

いかがでしたか?
江ノ島・鎌倉は、湘南の海とのつながりが強く、生しらすを食べるには最高の場所です。漁の状況や、天候によって生しらすが食べられない日があるため、行く前には確認していくといいでしょう。

江ノ島・鎌倉方面を訪れるには、ぜひ生しらすを食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ

「スイーツ カフェ キョウト ケイゾー」の『10分モンブラン』をご存知ですか?賞味期限がたったの10分しかないんですよ!テレビ番組で紹介されたこともあり、その名を全国にとどろかせることとなりました。今回は「1…

カップケーキ 東京 カフェ ケーキ スイーツ

今、イチゴがのったかわいいカップがインスタグラムで話題になっています。まるでキャンドルのようなフォルム。でもこれは飲み物なの?それともスイーツ?世田谷の「ブリックレーン」にあるというこのキュートなスイーツにつ…

いちご フルーツ まとめ

甘酸っぱい真っ赤なイチゴは、おとなも子供も大好物!海外からの観光客にも大人気のイチゴ狩りは、遠出しなくても意外と近場で楽しむことが出来るんです。関東でのおすすめのスポットや、いちご狩りのシーズンなど、イチゴ狩…

まとめ バウムクーヘン サンドイッチ スイーツ

羽田空港にあるカフェねんりん家の「バームクーヘンサンドイッチ」が大変話題になっています。バームクーヘンとサンドイッチが奇跡のコラボを果たしたひと品で、飛行機に乗る人しか食べられない激レアメニューとのことですが…

スイーツ 北海道

北海道札幌市にある「ミルク村」をご存知ですか?女子会や飲んだ後の帰りに、ちょっと立ち寄りたくなる大人女子に人気のカフェなんです!今回はその「ミルク村」から、一度食べるとハマるあっと驚く新感覚の絶品スイーツをご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

赤坂 新橋 お好み焼き まとめ

広島の方にも、都内で広島風お好み焼きが好きな方にもおすすめしたいお店まとめです。人気のお店を8選ピックアップしました。飯田橋、神田、旗の台、新橋と食べ歩きにもいいですね★今回の記事を参考にぜひ訪れてみてくださ…

居酒屋 バー おしゃれ バンコク まとめ

眠らない街として有名なタイのバンコクには、世界でも有数のキレイな夜景を楽しめる屋上にあるバー、いわゆるルーフトップバーがたくさんあります。そこで、連休に行ってみたいバンコクのルーフトップバーを9つ紹介しますよ…

ケーキ スイーツ ホワイトデー まとめ パンケーキ

通常のパウンドケーキよりも軽く柔らかい生地に、たっぷりの生クリームが特徴の新スイーツ、もう体験しましたか?今回は、今話題の「生パウンドケーキ」が買えるお店を5店舗をまとめてみました♪ホワイトデーやギフト、自分…

カフェ 恵比寿 代官山 まとめ

恵比寿&代官山にはカフェは多くあるものの、ベジタリアンの方向けのお店はなかなか見つけられない…そんな時に見てほしい、ベジタリアンの方向けメニューのあるお店をご紹介しています♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

福岡 スイーツ

北九州市の「カリーノ」は、地元九州産の素材にこだわったお菓子づくりで知られた名店。郊外に立つ、まるでお城のような店舗でイートインするもよし、おみやげに持ち帰って家でのんびり楽しむもよし。見た目も美しいお菓子で…

まとめ お茶 中国

花粉症は、くしゃみや鼻水・目のかゆみなどつらいもの…。ティーバックで煮出し、手軽にお茶を飲んで改善できればいうことなしですね。今回は、花粉症に効果が期待できるお茶を5つご紹介します。症状に悩んで…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...