ローディング中

Loading...

連載:おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜

この時期、安く買えておいしい完熟トマト。でも、完熟トマトはちょっとした傷からカビが生えがちです。おいしいトマトを買ったら、ぜひ「基本のトマトソース」作りに挑戦してみましょう。フライパンひとつで作れる手軽さもうれしいポイントです。

基本のトマトソースを手作り

いまが旬のトマト。トマトに含まれるビタミンCと、リコピンの抗酸化作用が、夏の強い日差しと紫外線から肌を守ってくれるので、この季節にはぜひ摂取したい野菜です。

トマトは品種改良が進んでいて、いろいろな種類やサイズのものがあるため、どれにしようか悩んでしまう方も多いかもしれません。糖度が高いものや、酸味のバランスがいいものなどそれぞれ特徴がありますから、お好みにあわせてそのまま食べたり、料理に使ったりしていただきたいですね。

手作りで素材の味わいを堪能

トマトには赤色の色素リコピンがたっぷり含まれていて、強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防効果が期待されています。赤色が濃ければ濃いほど、リコピンがたっぷり含まれていますが、完熟したトマトは、傷がつくとそこから腐ったりカビが生えてしまうこともあるので、保存には注意が必要です。

おいしいトマトをたくさん買ってきても、すぐには食べきれないですよね。この時期おすすめの保存食が、完熟トマトを使ったトマトソース。トマトにはグルタミン酸という旨味成分がたっぷり入っているので、無駄な調味料を加えなくてもおいしいソースができあがります。

「水煮缶やジュースなどのトマト加工品は、生のものに比べたら栄養素が少ないんですか?」と聞かれることがありますが、完熟状態のトマトを収穫後すぐに加工しているので、栄養成分は生のものとあまり変わらないと言われています。

ただ、日持ちをさせるために加工されていたり、塩分が強すぎたりすることが多いので、ぜひご自分で作ってみませんか?自分で作れば塩分の調整もできますし、なにより手作りした出来たてのおいしさは格別。ぜひ「手作り」の味わいを楽しんでいただけたらと思います。

トマトソースの作り方

材料

作りやすい量
・完熟トマト 5〜6個
・お好きなハーブ(おすすめはオレガノ。あとはタイムやバジルなど)少量
・塩 適量
・オリーブオイル 適量

下準備

・トマトはヘタをくり抜いておく。
・皮はむかずに、そのままつけておいてOK。湯むきする必要はありません。

トマトに含まれる旨味成分は種のまわりに最も多く含まれると言われています。種はとらずに、トマトを丸ごと使いましょう!

作り方

1. 少し深めのフライパンにトマトを丸ごと並べ、焦げ目がつくくらい強火で焼いていきます。

2. トマトにしっかり焦げ目がついてきて、トマト全体に火が入って柔らかくなってきたら、潰しながら火を弱めて中火にし、20分〜30分ほどしっかり煮詰めていきます。煮詰めていく際に、お好みでハーブを少量加えると風味が増します。

3. 塩で味をととのえ、火を止めます。

4. 粗熱がとれたら、煮沸消毒した密閉容器に入れ、最後にオリーブオイルをまわしかけ、表面を覆います。

ポイント

・トマトを煮詰める際に味見をしてみて、トマトの酸味が気になる方は少し長めに煮詰めてください。少し長く煮込むことで、酸味がまろやかになります。

・味を調えるための塩の量は、全体量の0.8%くらいがおすすめです。今回5〜6個のトマトを使うと、大体500ml程度の量ができあがりますので、この場合は4gの塩が目安です。 また、どうしてもできあがりの酸味が気になる方はひとつまみの砂糖を加えてもいいでしょう。

・仕上げに表面をオリーブオイルで覆うことで油膜ができ、乾燥を防げるほか、酸化防止にもなります。

保存方法と期間の目安

できあがったトマトソースは、密閉容器のまま冷蔵庫保管で1週間以内に使い切りましょう。

冷凍保存の場合は、チャック付きの密閉保存袋に入れて、しっかりと空気を抜き、冷凍庫へ。3〜4週間は保存できます。フレッシュなトマトがたっぷり手に入った時は、まとめてソースを作って冷凍保存しておけば、長く楽しめますよ。ただし、冷凍庫に長く入れすぎると冷凍庫のにおいがうつりやすくなりますので、なるべく早く食べましょう。

トマトソースを作っておけばこんな使い方も

このトマトソースは、しっかり煮込むことでトマトの甘みと旨味をギュっと閉じ込めたシンプルなソースのため、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。例えば、ピザソースとして生地に塗り、バジルやマッシュルーム、チーズなどの具材をトッピングしてもいいですし、パスタとあわせてソースとして使うのもおすすめです。

フレッシュトマトのソースを堪能!

次回は、このトマトソースを使った自家製パスタのつくり方をご紹介します。
パスタも意外と簡単にご自宅で作れますのでお楽しみに。

《おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜》の記事一覧

レシピ

ご自宅で余りがちな小麦粉を使って生パスタを作ってみませんか?時間もあまりかからずに気軽に作れるだけでなく、なによりできたての生パスタは乾麺にはないモチモチ感が魅力!前回ご紹介した完熟トマトのソースにもぴったり…

しょうが

料理をするのも億劫な暑い季節におすすめしたいマリネの作り方を紹介します。漬け込むことで食材を上手に保存する工夫「マリネ」。魚だけでなく肉や野菜、フルーツもおすすめ。さらに、しょうがの力をプラスした夏にぴったり…

今回は塩とお酢の力を使って保存を高める「らっきょう漬け」の作り方をご紹介。酢には強い殺菌効果があり、さらに酸性度を高めることで微生物が活動しにくい状況を作ります。らっきょうは出回る時期が限られているので旬を逃…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

焼肉のたれといえば、焼肉に使うものですよね。でも、焼肉以外の料理でも美味しく使えちゃうんです。どんなレシピに使えるのか、気になりますよね♡今回は、焼肉のたれを使ったレシピを10種類紹介いたします。

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

レシピ まとめ たまご

朝食にぴったりのスクランブルを、アレンジして食べちゃいましょう!そのままでももちろん美味しいんですが、アレンジするとまた違った味わいを楽しめます。いつものスクランブルエッグにちょっと飽きちゃった方必見です♡

レシピ まとめ パン おつまみ

余ったパンは冷凍庫に入れれば保存がききますよね。そして、保存が利くからといつまでも冷凍庫に入ったままになっていませんか?そんなパンを冷凍庫から出して、お酒のお供にアレンジしちゃいましょう☆お気に入りにレシピが…

プリン スイーツ レシピ まとめ

プールいっぱいにプリンやゼリーを作ってみたい!と思ったことないですか?プールは無理だけど、お腹いっぱいたっぷりプリンを食べたい!という願いがついに叶うかも!?おなかいっぱい土鍋プリンレシピ、集めてみました!ひ…

お菓子 アレンジレシピ まとめ

噛みごたえ抜群のハードグミとして世界中で人気の「ハリボー」。そのまま食べてもおいしいハリボーですが、さらにアレンジを加えておいしく食べている人が続出中らしいです!みんながやってる食べ方をさっそく紹介したいと思…

お弁当 まとめ

インスタグラムのフォロワー数1万人超えの @kaoringo さんの色とりどりなお弁当をまとめてみました。どのお弁当も具だくさんで色鮮やか!技アリの常備菜は参考になること間違いなしですよ。ぜひ真似してみてくだ…

鶏肉 レシピ まとめ ランチ 親子丼

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

オムライス レシピ スープ サラダ まとめ

みなさんは、オムライスの付け合わせにはどのようなものを作っていますか?スープやサラダ、お肉にお魚と、どのようなものを組み合わせてよいのか迷っているあなたにオススメです!お料理の種類ごとに、どのようなものが合う…

おつまみ

宮崎県発祥のファストフード「肉巻きおにぎり」は今やすっかり全国区で人気ですね。今回は、アウトドアでも食べやすい「肉巻きおにぎり棒」のご紹介!これなら手を汚さずに食べられるので、行楽にもってこいですよ!

さとみひろこ

フードディレクター / 食育指導士。ランチタイムの1時間を使った料...

http://thinkabouteat.jp/

ページTOPに戻る