ローディング中

Loading...

今年の注目チョコレートといえば「タブレットチョコレート」。ただの板チョコではなく、カカオ豆の焙煎から板チョコになるまでを一貫して工房で手掛けたものをいいます。今回は、おすすめのタブレットチョコレートをまとめてみました!

① ブノワ・ニアン

ベルギー発祥のチョコレートブランド「BENOIT NIHANT(ブノワ・ニアン)」。
自身を“カカオフェビエ(カカオ豆からチョコレートを作るショコラティエ)”と名乗るブノワ・ニアン氏のチョコレートは、自社でオリジナルクーベルチュールを製造し、ボンボンショコラまで作ってしまうほどのこだわりが込められています。

ブレンドされていない1種類のカカオ豆を使用し、豆をミックスさせないことでピュアなテイストが生まれクオリティの高いチョコレートが生まれるのだそうです。
カカオ度数の高いこちらの『クーベルチュールチュアオ 74%』は、大人のバレンタインデーを送りたい方ぴったりですね。会社の男性上司や、甘いものが苦手な方におすすめ。甘くないチョコレートは、どこか特別な雰囲気を感じますよね。
日本では、高島屋のオンラインストアなどで購入できるようです。

② ハッチ

上質なハチミツを贅沢に使用した、高級コスメブランドとしてもおなじみの「HACCI(ハッチ)」。コスメを扱っているというだけあって、女性の心をつかむようなパッケージが人気となっています。
厚みのあるタブレットは今までにない食感で、ハチミツとアールグレイの香りが際立つおしゃれな味わいです。
かわいらしいパッケージに包まれたタブレットチョコレートは、おしゃれな友だちへのバレンタインギフトにもおすすめです。かわいいものをもらって、嬉しくない女性はいませんよね!もしかしたら、自分用にも買いたくなっちゃうかも……?

新宿や渋谷、大阪などに直営店があります。詳しくは、公式ホームページのショップリストをご覧ください。また、通信販売もおこなっているのでそちらもどうぞ。

③ マゼ

フランスの老舗菓子店「MAZET(マゼ)」。今年登場したばかりのタブレットチョコレートは、早くも注目を集めているのだとか。
マゼの代名詞である『プラズリン』というチョコレートは、フランスでは知らない人はいないといわれるほどフランスの伝統菓子として広く人々に愛されています。

「マゼ」のスペシャリテでもある人気フレーバーの数々を、今年はタブレットチョコレートで味わってみるチャンス!
また「マゼ」のおしゃれなパッケージは、食べ終わったあとでもとっておきたくなるほど。どこか中世のフランスを思わせるようなレトロな雰囲気のデザインが、高級感を漂わせていますね。

全国に直営店があり、通信販売もおこなっているのでぜひ「マゼ」のタブレットチョコレートを選んでみてはいかが?

④ ミニマル

世界中から良質なカカオ豆を仕入れ、店内工房で商品化までを一貫製造している“Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)”専門店「Minimal(ミニマル)」。
インドネシア・パプア州産のカカオ豆と国産の砂糖のみで作られたチョコレートを販売しているので、乳化剤や香料などは使っておらず素材本来の味や香りを楽しむことができます。
“カカオ産地世界一周の旅”をテーマにしたこちらの『Minimal Flight 2016』は、カカオ豆生産の世界トップシェアを誇る大陸、中南米・アフリカ・アジアの中から8カ国の豆を選び使用した8種類のチョコレートがラインナップ。
産地ごとに違うカカオ豆の繊細な特徴を堪能できる、“Bean to Bar”ならではの詰め合わせです。

直営店は、渋谷にあります。公式ホームページにて取り寄せることもできますが、すでに売り切れてしまっているので高島屋のオンラインストアからどうぞ。

⑤ ジョンカナヤ

1970年代にパリの高級レストランで味わった最新のスイーツの再現しようとしたグルマン、鮮治“ジョン”金谷氏。その末に生み出されたスイーツブランドが「JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)」です。
「ジョンカナヤ」で販売されているタブレットチョコレートは、『ミルク』『抹茶』『スイート』の3種類。

甘くまろやかな口どけとしっかりとしたカカオ感を堪能できる『ミルク』は、年代問わず愛される逸品です。通常の抹茶チョコレートよりも贅沢に宇治抹茶を使った『抹茶』は、濃厚な風味とまったりとした舌触りが特徴。カカオの強い風味がギュッと詰まった『スイート』は、しっかりとした食べ応えと柔らかな後味がクセになるブラックチョコです。
恵比寿とスカイツリー、栃木に直営店があり、公式ホームページからはお取り寄せもできるのでぜひご利用ください!

⑥ カカオサンパカ

おいしいチョコレートをお客様に届け、カカオとチョコレートの豊かな文化と歴史を現代に伝えることをコンセプトにした「CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)」。

人の手でしか作れない“心のこもったチョコレートづくり”を大切にしているので、職人の手によって丁寧に作られるチョコレートは 大きさや長さ、デコレーションも自然の形を活かして作られ、ひとつも同じものがありません。
「カカオサンパカ」のフラットなタブレットチョコレートは、厚みが約5mm。この形は割って食べるのにぴったりで、口の中でゆっくりと溶けていく厚さなのだとか。

フレーバーの種類も豊富で、『ミルク』や『ビター』はもちろん、『チアシード ココナッツ』や『アサイー バナナ』など美と健康を考えたチョコレートもそろっています。健康志向な友だちへ贈ってみてはいかがですか?
東京・大阪・石川に直営店舗があり、公式オンラインストアでも購入することができますよ!
おしゃれなタブレットチョコレート、いかがでしたか?おしゃれでこだわりのあるチョコレートばかりなので、バレンタインギフトとしても喜ばれること間違いなしです!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カフェ コーヒー スイーツ おしゃれ

名古屋女子がこぞって通う、伏見の「ザカップス」というカフェはご存知でしょうか?プロのバリスタが淹れる超本格コーヒーに、キラキラとしたキュートなスイーツ。新鮮野菜のフードメニューなど、女子のハートをつかんで離さ…

台湾 スイーツ

『ズームインサタデー』で紹介された、パフォーマンススイーツで有名な「イエローレモン」。カラフルでキュートなスイーツを、目の前で作り上げてもらえる台湾で大人気のカフェです。どんな素敵なスイーツがあるのか、ぜひチ…

コーヒー

たった1杯で1日のカフェイン摂取量目安を超えてしまう!別名・不眠症のコーヒーと呼ばれる「ブラックインソムニアコーヒー」が南アフリカに爆誕。近年、米国で販売が開始され、SNSでも話題騒然に。危険の淵に潜む甘美な…

チョコレート

2017年4月11日(火)、明治「ザ・チョコレート <深遠なる旨味抹茶>」が発売されました!ビーントゥバーの抹茶チョコってどんな味?「深遠なる旨味」って何?どんな素材を使っているの?実食レビューでご紹介します!

コロッケ 大阪 梅田

じゃがいも不足により、次々と販売休止が報じられているポテトチップス。カルビーもそのひとつです。ですが、そんなカルビーがこの度「カルビーポテト」として大阪梅田にコロッケ専門店をオープンしたことをご存じですか。フ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン まとめ

InstagramなどのSNSで話題の「スティックオープンサンド」を知っていますか?サンドイッチのように具材を挟むわけではなく、トーストしたパンに好きな具材を乗せたオープンサンドをスティック状にしたものです。…

アイスクリーム まとめ

セブンイレブンが2015年5月5日に発売した「濃厚カルピスアイスバー」。セブンイレブンのオリジナルブランドであるセブンプレミアムの商品で、プレミアムな雰囲気が漂っています。この濃厚カルピスアイスバーがかなりお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

ワイン

いつも飲んでるワインとはちょっと違うものが飲みたい時や、知人に贈るワインを探したい時にどんなものを選んだら良いかわからない……そんな方向けに、Amazonで始まった嬉しいサービスを…

神戸 スイーツ

神戸市北野にある「CAKE STAND(ケイクスタンド)」は季節ごとにメニューが変わり、プレートごとにデザインが変わり、繊細で上品で、でも温かみのあるデザート・料理、お店の方々で一度足を運ぶと虜になること間違…

mchi31

趣味は食べること。特技は美味しそうに食べること。休日の過ごし方はお...