ローディング中

Loading...

最近、非加熱で作るローチョコレートが出回り始めました。ローチョコレートは原則として、砂糖や乳製品を使わず、甘味料もハチミツやメープルシロップを使って作るのでビーガン食品としても注目されています。家庭でも作れるレシピをご紹介します。

1.一番簡単なローチョコレートバー

溶かしたココナッツオイル120ccとローカカオパウダー(無ければ普通の無糖ココアパウダー)大さじ6、メープルシロップ大さじ4、塩少量をボールに入れ混ぜます。チョコレート型に入れ、フリーザーに15分入れます。食べるまで冷蔵庫に入れておきます。

2.ローチョコレートトリュフ

デーツ、細かく刻んだカカオ、柔らかくしたココナッツオイル、無糖カカオパウダー、塩、シナモン、カイエンペッパーをフードプロセッサーに入れ、パルスの機能を使いペースト状にします。手に薄く油をつけ、生地を小さなボールにし、カカオパウアーをまぶします。

デーツは生のものが無ければ、乾燥のものを熱湯に10分浸け、完全に乾かして使います。

3.ローチョコレートチーズケーキ

アーモンドを粗く刻み、デーツ、ココナッツオイル、塩を加えブレンダーかフードプロセッサーにかけ生地を作ります。型にパーチメント紙を敷き、生地を広げ押さえて平にし、冷蔵庫に入れておきます。アボカド、ココナッツオイル、生のカカオパウダー、塩、ハチミツをブレンダーの高速で回し滑らかにします。型に入れ、フリーザーで1時間固めてから冷蔵庫に移して冷やします。

4.本格派のローチョコレート

カカオバターを小さく切ります。
55℃のお湯を用意します。カカオバターを小さなメタル製のボールに入れ、55℃のお湯で湯煎にします。カカオバターを違うグラスかメタルボールに移します。カカオパウダーを入れ、手でカカオバターと完全に混ぜ合わせます。生のはちみつと塩を加え、手でよく混ぜ滑らかにします。(チョコレートが固くなりすぎれば、再度55℃のお湯で湯煎にします。)
フレーバーをつけたい場合は、この時点で生地を分け、好きなフレーバーをつけます。
チョコレートを型に入れるか、または板チョコ状にし、ナッツやドライフルーツをお好みで入れます。

55℃の温度はとても大切で、これ以上でもこれ以下の温度でもうまく出来ないそうです。

5.ローチョコレートバナナピーナッツバタータルト

デーツ、生アーモンド、生カカオパウダーをフードプロセッサーで回し、ココナッツオイルを塗ったタルト型の底と側面に押させて入れ、フリーザーで固めます。
一晩水に浸けたカシューナッツ、よく熟れたバナナ、デーツ、溶かしたココナッツオイル、ピーナッツバター、生カカオパウダー、塩をフードプロセッサーで回しタルト型に入れ、フリーザーに入れ固めます。

6.ローチョコレートプディング

バナナ、アボカド、生アーモンドバター、生カカオパウダー、バニラエッセンス、海塩をフードプロセッサーで回して滑らかにします。器に入れ冷蔵庫で1時間程度冷やします。ココナッツホイップクリーム、ローストしたヘーゼルナッツ、ラズベリージャム、ザクロの実等をトッピングします。一日以内に食べ切ります。

バナナ、アボカド共、あまり熟れすぎたものはこのレシピには適しません。

7.ローチョコレートアーモンドバターファッジ

デーツ、生のカカオパウダー、カシューナッツ、ヘーゼルナッツをフードプロセッサーで回します。生地を型の底に敷き、指で押さえておきます。生のアーモンドをフードプロセッサーで回し、ピーナッツバター状にします。バナナ、好みの甘味料(ハチミツ、メープルシロップ、アガベネクター等)、ココナッツオイル、生のカカオパウダーを加え滑らかなクリーム状にし、デーツの生地の上に入れます。ラップをかけ、冷蔵庫で30分冷やします。生のカカオパウダーをふります。

*生のアーモンドをピーナッツバター状にするのは、長い時間がかかります。フードプロセッサーを回しすぎにならない様に1分置きに停止させます。この工程を省くには、あらかじめ生のアーモンドバターを使う方法もあります。
おわりに
ダークチョコレートが健康にいいと言われていますが、このローチョコレートも自然の原料で作られ身体に優しく、加熱処理がされないので、栄養も多いと注目され始めている様です。市販もされていますが、家庭でも是非、作ってみて下さい。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牛肉 レシピ 豆腐

厚揚げの中に牛肉を詰め込んで作る、心も体も温まる「厚揚げ牛肉豆腐」のレシピをご紹介します。お肉と煮汁の旨味が全身に染み渡ってくるような感覚を味わうことができますよ。とても簡単にできるので、ぜひこの料理を食べて…

レシピ カレー 白菜

「白菜カレー」のレシピをご紹介します。たっぷりの白菜入りでヘルシーなうえに食べ応え抜群。さらに、水を入れずに野菜の水分だけで作るのでうまみたっぷり!女性には嬉しい要素がつまったカレーなんです。いつのもカレーレ…

韓国 チーズ 韓国料理 新大久保 まとめ

韓国で大ブームを巻き起こした「チーズタッカルビ」。甘辛い鶏肉にとろとろのチーズをつけて、またはのせていただく絶品グルメなんですよ♩今回は、日本のコリアンタウン「新大久保」で、チーズタッカルビが食べられるお店を…

チョコレート

コンビニへ行くとレジ脇に置いてあるチロルチョコについ手を伸ばしたことはありませんか?色んなコラボ商品でも話題のチロルチョコが、モーツァルトをパッケージにした「モーツァルトチロル」を発売しました。いったいどんな…

レシピ ローズマリー 鶏肉 まとめ

香りの強いローズマリーは、お肉やお魚などの料理の臭み消しやアクセントとして欠かせないハーブのひとつ。特に鶏肉と合わせたレシピが人気です。あなたも生や乾燥のローズマリーを使って簡単でおしゃれな料理を楽しみません…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 卵かけごはん

ひと昔前「TKG(卵かけご飯)」という言葉がはやり、TKG専用のお醤油が販売されるなど大ブームになりました。しかし、卵かけご飯はブームなんて関係ないのです。日本人に永遠に愛される定番メニューですから。今回はお…

レシピ 調味料 まとめ

ふきのとうと味噌で作った「ふき味噌」は万能調味料です。その基本の作り方とふき味噌を使った料理のレシピをいくつか探してきました。春の旬をふき味噌で味わってみましょう♪ご飯も進みすぎて箸がもうとまらないかも(笑)

パスタ レシピ まとめ

この春はなんと「焼きパスタ」が流行するきざしがあるそうですよ。カップめんでは「焼きすぱ」という商品が新発売されるそうです。フライパンで炒めることで風味がよりUPするのがその魅力なんだとか。今回は焼きパスタのア…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ 作り置き

週末などを利用して作り置きをしておける「常備菜」はとっても便利で一人暮らしやスボラな人にもおすすめ!常備菜はレパートリーもたくさんあるのでいくつか作り置きしておいてもいいかもしれませんね♪さっそくレシピを紹介…

「家庭料理に強火は必要ない!」と言い切るのはフランス料理シェフで料理研究家の水島弘史さん。一般的に当たり前だと思われている料理のテクニックは科学的にみるとよくないことも。強火を弱火にするだけでも料理の腕前がグ…