ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

内祝い用お菓子を選ぶときのポイント

賞味期限が長いお菓子を選ぶ

内祝いのお菓子はなるべく賞味期限が長いものを選びましょう。最短でも1週間、30日以上あれば最適です。内祝い用のお菓子は相手に感謝の気持ちを示す贈り物であり、当日中や2~3日の賞味期限が設けられていると困らせてしまうことも。

見た目や価格だけではなく、賞味期限にも気を配りましょう。

年上・目上の方へ贈るなら高級和菓子

ご年配の方や目上の方への内祝い用お菓子は、老舗の高級和菓子がおすすめです。パッケージや見た目が洗練されていて、贈り物としてぴったり。知名度のある和菓子店を選ぶと、より相手に喜んでもらえます。

ただし、高級和菓子の価格がいただいた品の額を超えないように注意しましょう。内祝いとして渡すお菓子は、半額~1/3が相場です。

おしゃれなお菓子なら誰にでも喜ばれる

普段自分ではなかなか購入しないおしゃれなスイーツ店のお菓子を選ぶと、年代や性別問わずだれにでも喜んでもらえます。スイーツに詳しくない場合は、百貨店にある洋菓子店や和菓子店を確認してみましょう。

パッケージだけではなく、お菓子の種類もチェックポイントのひとつ。2~3種類が入ったアソートタイプやフルーツが使われているお菓子は、カラフルで華やかな見た目が多く内祝い用のお菓子としてぴったりです。

内祝い用お菓子を選ぶときのマナー

内祝いのお菓子選びに厳しいマナーはありませんが、死を連想させる「4」と苦しみを連想させる「9」の個数が入ったお菓子は避けてください。

また、内祝い用のお菓子は1カ月以内に贈ります。贈るときはのし紙とご挨拶状を付け忘れることがないよう注意しましょう。現在は対面で内祝いギフトを渡すことに抵抗を感じる方も多いので、相手に了承を得てから郵送で贈るのがおすすめです。

【3,000円未満】内祝いのお菓子3選

1. 治一郎「治一郎のバウムクーヘン」

ITEM

治一郎「治一郎のバウムクーヘン」

¥1,480

内容量:1個 サイズ:約直径14.5×高さ4cm 賞味期限:弊社発送日を含め約2週間

※2021年4月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ