ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

コンビニコーヒーがぴったり入る!フランフラン「ルースト サーモタンブラー」

Photo by akiyon

Sサイズ 1,000円、Mサイズ 1,200円(税込)
フランフラン(Francfranc)の「ルースト サーモタンブラー」シリーズは、コンビニのコーヒーやコーヒーショップのテイクアウトドリンクを、カップごと入れられるタンブラー。2020年1月の販売開始以来、「おしゃれで保温・保冷性も抜群!」とたいへん話題になっているアイテムです。

サイズはS・Mの2種類あり、いろいろなコンビニ・コーヒーショップのカップに対応。またデザインも豊富で、シンプルなものから華やかな花柄のものまで10種類ほどあるなかから、好みに合わせて選ぶことができます。

真空二重構造で温度をキープ

Photo by akiyon

ルースト サーモタンブラーは、真空二重構造のステンレス製。長時間にわたり、“熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいまま” 飲み物の温度をキープすることができるんですよ。

それではさっそくS・Mどちらのサイズも購入して、使い勝手や気になる保温・保冷効果を確かめていきたいと思います♪

タンブラーに合うコンビニカップのサイズは?

ホットのレギュラーが入る「S」サイズ

Photo by akiyon

使い方はとても簡単で、コンビニカップをそのままタンブラーに挿入するだけ!ルーストサーモタンブラー「S」サイズの大きさはW75×D75×H95mm、容量が約260mlで、コンビニのカップだとちょうどホットコーヒーのレギュラーサイズ、またはSサイズが入ります。

実際に入れてみると飲み口がついたフタがはみ出て、飲む際にステンレス部分に口が当たらない作り。これなら衛生的でやけどの心配もいりませんね。手で持つ部分もまったく熱くないので、安心して持ち運べそうです。

アイスのレギュラー・ホットのラージが入る「M」サイズ

Photo by akiyon

「M」サイズは、大きさがW86×D86×H120mmで容量が約420ml。コンビニのカップだと、アイスコーヒーならレギュラーやラージサイズ、ホットコーヒーの場合はラージサイズが入ります。

コンビニ各社によりカップのサイズや形状は異なりますが、内部で浮いたり上部がはみ出してしまっても大丈夫。タンブラーに入れないものよりも、ずっと保温・保冷効果があるんですよ。手で持っても冷たくないので、しっかりとつかむことができてとても便利です。

オフィスや車中で大活躍!

Photo by akiyon

温度を長い間キープするので、仕事や勉強の合間のドリンクにうってつけです。アイスドリンクの場合でも、結露が流れて書類を汚してしまうなんてこともなさそう!またコンビニのカップをそのまま置くよりも、机の上が洗練された印象になりますよね。

Photo by akiyon

S・Mどちらのサイズも、車の中のカップホルダーに入ります。やわらかいプラスチック製や紙製のカップもタンブラーに入れると安定感がアップ。運転中でも飲みやすいんです。

おでかけのときにあらかじめタンブラーをセットしておくと、いつでも気軽にドリンクを買えて便利ですよ。

直接飲み物を入れてもOK!

Photo by akiyon

ルースト サーモタンブラーは、直接飲み物を入れることも可能。おでかけをしないときでも家で十分活用できます。コーヒーや紅茶のほか、ワインを入れるのもおすすめ!

その際、ドリンクを入れる前に少量の熱湯、または冷水を入れて余熱・予冷をしておくと、より保温・保冷効果がアップしますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ