ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

絵本に出てきそうなホットケーキが焼ける!

2021年3月1日(月)、昭和産業から「まんまるおおきなホットケーキのもと」が発売されます。

簡単に見えて実は奥が深いホットケーキも、この “もと” さえあれば、まるで絵本に出てくるホットケーキのようにきれいに焼くことができますよ。発売に先駆けてひと足お先にホットケーキ作りにチャレンジし、使い心地をレポートします!

昭和産業「まんまるおおきなホットケーキのもと」

Photo by muccinpurin

「まんまるおおきなホットケーキのもと」378円(税込)
ムラのない焼き色とふわふわの食感。バターとたっぷりのはちみつをかけたホットケーキは、子どもだけでなく大人の心を掴んで離しません。とはいえ火加減がむずかしかったり、ぺちゃんこになってしまったりと、なかなかうまく焼けない、という方に朗報です。

このたび、昭和産業から発売される「まんまるおおきなホットケーキのもと」は、その名の通り、丸く大きなホットケーキが焼ける商品。まるで絵本に出てくるようなホットケーキの絵が描かれたシンプルなパッケージに、期待が高まります。

メレンゲ要らずでふわふわ♪

Photo by muccinpurin

「まんまるおおきなホットケーキのもと」の特徴は、メレンゲを使わずスフレのようなふわふわに焼きあがること。分厚くふわふわなホットケーキに憧れるものの、実際に焼いてみると中まで火が通らない、ふわふわにならない、という失敗をしたことがある方も少なくないはず。

ホットケーキって、工程としては混ぜて焼くだけとはいえ、むずかしいんですよね。

Photo by muccinpurin

まんまるおおきなホットケーキのもとは、生地をフライパンいっぱいに流すことで、特別な型や技術がなくても、ふんわり厚みのあるホットケーキを焼くことができます。

ひと箱に2袋入っており、ひと袋で内径20cmのホットケーキが完成。もっと大きなホットケーキを焼きたければ、2袋合わせて作った生地を20cmよりも大きなフライパンで焼く方法もありますよ。

実際に大きなホットケーキを作ってみた!

Photo by muccinpurin

「まんまるおおきなホットケーキのもと」ひと袋に対して、卵1個と60mlの牛乳を使います。直径20cmのフライパンを用意してくださいね!

1分間しっかりと混ぜるのがポイント!

Photo by muccinpurin

ボウルに卵と牛乳を溶きほぐし、ホットケーキのもとを入れて混ぜ合わせます。

Photo by muccinpurin

特にむずかしい工程はありませんが、この段階でしっかり1分間混ぜるのが最大のポイント

しっかりと混ぜ合わせた生地は、普通のホットケーキよりもきめが細かい様子。焼く前の生地からすでにふわふわ感が伝わってきます!

焼くときは蓋をして弱火でじっくり…

Photo by muccinpurin

フライパンを中火で熱し、ぬれ布巾の上に置いて一度冷まします。こうすることで熱が均一になり、ムラのない焼き色が付きますよ。

フッ素加工のフライパンに油をひかずに直接生地を流し、ひと袋のミックス粉なら4~8分、2袋のミックス粉を使った場合は10~15分、蓋をして弱火でじっくりと焼いていきましょう。

表面にプツプツと気泡ができ、生地の表面が乾燥したら裏返してOKのサインですよ。

Photo by muccinpurin

焼き色を見つつじっくり弱火で焼くこと6分、フライパンのフチからへらを差し込んで裏返してみるとごらんの通り。これまで見たことのないような美しい焼き色です、感激!

フライパンの厚さや火力によって焼き時間が変わるので、様子を見ながら焼いてくださいね。とにかく、終始弱火で焼くのがポイントですよ。
Photos:11枚
まんまるおおきなホットケーキのもとのパッケージ
まんまるおおきなホットケーキのもとの原材料表示
ふたつの袋に入ったまんまるおおきなホットケーキのもと
卵、牛乳、ホットケーキのもと
卵や牛乳とホットケーキのもとを混ぜる様子
ホイッパーから流れ落ちる生地
表面に気泡の空いたホットケーキ
均一な焼き色が付いたホットケーキ
バターをのせてはちみつをかけたホットケーキ
ホットケーキの断面
バターをのせてはちみつをかけたホットケーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ