ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

老舗洋食店の味!話題のご飯のおとも

Photo by akiyon

「老舗洋食店が作った “ご飯のおとも” がおいしい」と評判になっていると聞き、さっそくお取り寄せしてみました。「デミグラスハンバーグ」というネーミングから、てっきりレトルト商品なのかと思っていたら、それはなんと瓶詰め!

「瓶の中にハンバーグが入っているの?」「ラベルの写真の日焼けした人物は、もしかして……!?」と気になることだらけ!さっそく味見をして、どんな商品なのかお伝えします。

SNSでも注目の的に!

このご飯のおともは、有名インフルエンサーが紹介したことでたいへん話題に!SNSでも、「ご飯にのせたら最高!」「口に入れたら、もはやハンバーグ」「いろいろ使えて便利」などと、口コミでどんどん人気が広がりつつあります。

なかには、この商品を使ったアレンジレシピの投稿も!おいしいうえにいろいろアレンジしたくなる、楽しい商品のようです♪

3代目シェフも大人気!「日本橋たいめいけん」監修

この商品は、昭和6年創業の老舗洋食店「日本橋たいめいけん」が監修しています。たいめいけんといえば、3代目茂出木浩司シェフ!真っ黒に日焼けしたインパクト大のビジュアルで、お茶の間でもすっかりお馴染みの存在ですよね。

お店のメニューは映画『タンポポ』に登場したタンポポオムライスをはじめとして、カレーやシチュー、ラーメンまで。創業当時から変わらない味を楽しめるとあって、いつも行列の絶えない人気店なんですよ。

たいめいけん茂出木シェフ監修「ご飯のおとも デミグラスハンバーグ」

Photo by akiyon

480円(税込)
うわさのご飯のおともは、たいめいけん茂出木浩司シェフ監修「ご飯のおとも デミグラスハンバーグ」。黒地のラベルに溶け込んでしまいそうなほど日焼けした、笑顔の茂出木シェフが目印です。

小ぶりな瓶に100g入っていて、フタを開けたとたん洋食屋さんの香り!ミートソースのようなデミグラスソースのような食欲をそそる匂いで、もうお腹がすいてきてしまいました。

Photo by akiyon

原材料を見てみると、牛肉や玉ねぎ、にんじん、マッシュルームなどの具材をはじめとして、ぶどう酒やトマトケチャップ、みそ、おから……とたくさんの記載が!老舗洋食店ならではの配合なのでしょうね。

そして、うれしいことに肉の割合が多め!たっぷりのソースに肉や野菜の粒が絡まった、“おかずソース” です♪

オンザライスで名店の味を堪能

Photo by akiyon

まずは熱々のご飯にオン!するとソースが温まって、香りも色味もますますおいしそうに変化します。

ハンバーグのちょっと崩れた部分にデミグラスソースをたっぷりつけて、ご飯の上にのせてみたことってありませんか?まさにそんな感じです!

和の要素を感じる、唯一無二の味わい

Photo by akiyon

ソースはバターの風味が効いた、とてもまろやかな味わい。苦みを感じる一般的なデミグラスソースとは、まったく違うんです。みそやおからを使っているためか、和の要素もありますよ。

これはご飯に合う!このご飯のおともを作ってくれたたいめいけんに感謝します。さすが日本の老舗洋食店、唯一無二の味わいですね♪
Photos:8枚
ご飯のおともデミグラスハンバーグのボトルと、ご飯にのせた中身、スプーン
ご飯のおともデミグラスハンバーグのボトル
スプーンで持ち上げたご飯のおともデミグラスハンバーグ
ご飯にのせたご飯のおともデミグラスハンバーグ
ご飯にのせたご飯のおともデミグラスハンバーグをスプーンで持ち上げているところ
お皿に盛ったオムライス
お皿の上のミートパイ
お子様ランチとご飯のおともデミグラスハンバーグのボトル
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS