マイボトルを持ち歩こう。無印良品が店内で給水サービスを開始

無印良品が、プラスチックごみを削減する取り組みの一環として、2020年7月1日(水)より「自分で詰める水のボトル」の販売を開始しました。店内には給水機が設置され、飲料水が詰められる給水サービスもスタートします。

2020年7月3日 更新

ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

誰でも気軽に利用できる「給水機」が無印良品に登場!

地球資源の循環化および廃棄物削減のため、さまざまな取り組みを進めている無印良品。同ブランドはプラスチックごみ削減の一環として、「自分で詰める水のボトル」の販売を開始しました。

店内には給水機が設置され、飲料水が詰められる給水サービスもスタートします。

無料で飲料水が詰められるサービス

Photo by 株式会社良品計画

この給水機の飲料水には、水道水が使用され、ペットボトル入りの飲料を新しく買う代わりにマイボトルを持参すれば、誰もが気軽に飲料水を詰めることが可能です。

まずは「無印良品 銀座」や「無印良品 グランフロント大阪」のほか、各地域の拠点となる大型店舗や新店を中心に、113店舗に給水機を設置。2020年7月1日(水)より利用できます。

無印良品のマイボトル

「自分で詰める水のボトル」が販売

Photo by 株式会社良品計画

190円(税込)容量:330ml
無印良品では、7月1日(水)より、自分で繰り返し水を詰め替えることができるボトルが販売されます。持ち歩きやすいよう、バッグの中でかさばらず重くならない330mlの飲みきりサイズ。繰り返し使えるデザインで、飲みやすく洗浄しやすい広口設計です。

また、販売と合わせて、不要となった「自分で詰める水のボトル」の店頭での回収もスタート。新しいボトルへの買い替えの際や万が一破損してしまった場合などは、お近くの無印良品まで持っていきましょう。回収した商品をポリエステル原料にリサイクルすることで、プラスチックごみを削減し、石油由来原料の有効活用につなげる取り組みです。

ライフスタイルに合わせて選べる「ステンレス保温保冷マグ」

Photo by 株式会社良品計画

200ml 990円(税込)/ 350ml 1,290円(税込)/ 500ml 1,490円(税込)
保温性、保冷性に優れた「ステンレス保温保冷マグ」のラインアップに、200mlサイズが新たに登場。直径が約6cmと持ち運びやすく、開けやすいサイズです。また、真空二重構造により結露の発生を抑えます。

既存の350ml、500mlと合わせた3サイズの中から、ライフスタイルや給水の頻度に応じて選ぶことができます。

給水を日常生活に楽しく取り入れる「水」アプリが開発

Photo by 株式会社良品計画

さらに、給水を日常生活に楽しく取り入れてもらうためのツールとして、「水」アプリが開発されました。「自分で詰める水のボトル」発売と合わせて、7月1日(水)より、無印良品ネットストア「水」特集ページにてダウンロードできます。

このアプリでは、自身の給水量や、給水することで削減できるPETボトルの廃棄量およびCO₂排出量が可視化できます。また、給水機を設置している無印良品店舗の位置情報のほか、東京都水道局が「Tokyowater Drinking Station」として紹介する、公共施設など都内約700箇所以上の給水スポットも掲載予定です。

マイボトルを持ち歩こう

マイボトルは、無印良品に設置した給水機での利用はもちろん、自宅やオフィスでも気軽に利用することができるのでとても便利です。マイボトルを持ち歩くことで、新しいペットボトルを消費することなく「給水」という選択肢が広がっていけば素敵ですね。
Photos:4枚
無印良品の給水サービス
「自分で詰める水のボトル」
「ステンレス保温保冷マグ」
無印良品の水アプリ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS