ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

じゃがバターがふりかけに!?

お弁当の彩りや、おにぎりの味付け、または食欲がないときのおかず代わりとして重宝するふりかけ。おかかや梅、たらこなど、数多くの種類が市販されていますが、この記事でご紹介するのは「じゃがバター」味の一風変わったふりかけです。 じゃがバターをごはんにのせるなんて想像できませんが、いったいどんな味なんでしょうか。

吉粋の「じゃがバターふりかけ」

Photo by macaroni

「じゃがバターふりかけ」1,402円(税込)
お祭りの屋台や居酒屋メニューで愛されているじゃがバター。じゃがいものホクホクとした食感と、熱で溶けたバターの風味がマッチしておいしいんですよね。 すでにそれだけで完成した味わいのじゃがバターを、あえてごはんにのせて食べたことがある人は、おそらくいないんじゃないでしょうか。 このじゃがバターふりかけは、フレークにしたじゃがいもにバターの風味を付けているので、ごはんにかけるだけでじゃがバター味になるんだとか……。

こだわりの北海道じゃがいもを使用

主役のじゃがいもは、生産量日本一を誇る北海道産のものを使用。朝晩の寒暖差が大きい北海道で育ったじゃがいもは甘みとコクが増し、旨みに変わるといわれています。 水と土の相性がいい北海道で愛情込めて育てられたじゃがいもは味が濃く、ふりかけになってもごはんに負けないしっかりとした風味が再現できるというわけです。

サクサクからのホクホクがたまらない…!

Photo by macaroni

じゃがフレークの食感はサクサクなのに、口に入れたとたん、しだいにしっとり感を増してホクホクに変化します。サクサクからのホクホクが、とても不思議な感覚です。 あとからふんわりと香るバターも食欲を刺激してくるので、ごはんが進んで止まりません! 決して味が濃いわけではなく、じゃがいもやバターの風味を生かした味付けなので、飽きずに食べ進めることができるのが魅力ですよ。 ごはんにかけるだけでなく、混ぜ込んでおにぎりにしてもおいしそうですね。

トーストやパスタにもアレンジ可能♪

Photo by macaroni

ごはんにかけるのはもちろんのこと、ほかの料理にもアレンジできるのがじゃがバターふりかけのいいところ。 バターを使っているので、洋風の食材との相性もいいんですよ。アレンジアイデアをご紹介しましょう♪
例えば、ゆでたパスタにじゃがバターふりかけをまぶしてサッと混ぜれば、バターが香るじゃがバターパスタに。少量のゆで汁やオリーブオイルを加えると、よりパスタに絡みやすいですよ。 さらに、マヨネーズを塗ってトーストした食パンにじゃがバターふりかけをかければ、手間なし簡単なお惣菜パンの完成。ちょっぴりカロリーは高めですが、じゃがいもとマヨネーズの相性がいいのは、だれもが知るところ。いろいろな料理でじゃがバター味を楽しむことができそうです。

いつもの味に飽きたら試してみる?

Photo by macaroni

おかかや梅のふりかけはありがちですが、いつものふりかけの味に飽きたときや、おかず作りを省きたいときなど、「じゃがバターふりかけ」があれば、ひと味違ったごはんを楽しむことができそうですね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS