ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カルディ部門

「アリゴ」

Photo by muccinpurin

アリゴ 160円(税込) ※現在は販売終了
ここ数年、じわじわとブームになりつつあるフランスのチーズ料理・アリゴ。 鍋でチーズを溶かす手間なく、レンジで温めるだけで伸びるチーズ体験ができる便利なアイテムです。

Photo by muccinpurin

レンジで30秒チンするだけで、びろ~んと伸びるアリゴの完成!鍋を使うと焦げ付いたり、均一に溶けなかったりと失敗が多いアリゴが、こんなにも手軽に楽しめるなんて最高です! まるで餅のように伸びるアリゴに、パンや野菜をつけて召し上がれ♪

「赤ずきんクリームチーズ」

Photo by muccinpurin

「赤ずきんクリームチーズ」498円(税込) ※現在は販売終了
惜しまれつつも販売を終了してしまった「赤ずきんクリームチーズ」がひそかに復活。 味はもちろんのこと、そのかわいらしいパッケージに思わずパケ買いする人が後を絶たない、人気のクリームチーズなんですよ。

Photo by muccinpurin

チャイヴ、パセリ、オニオン、ホワイトペッパー、ガーリックを混ぜ込んでいて、とても香り豊か。 クリームチーズの概念を打ち破る空気をたっぷりと含んだテクスチャーは、パンやクラッカーにスッと伸びて塗り心地も最高です!

「ふわっふわ削りチーズ」

Photo by muccinpurin

「ふわっふわ削りチーズ」198円(税込) ※現在は販売終了
チーズを表現するには珍しい “ふわっふわ” というワードがまさにぴったりな「ふわっふわ削りチーズ」。 パッケージはぺちゃんこですが、開けてみるとかんなで削ったような薄いチーズが顔を出します。

Photo by muccinpurin

空気をまとったようにふわふわなチーズは、タラのすり身を使っているので、完全におつまみの味。 タラの香りとチーズのマイルドさが合わさって、つまみ食いが止まりません。そのエアリーな食感は、言葉での表現がむずかしいので、ぜひ実際に味わってみてくださいね。

業務スーパー部門

「チーズドック」

Photo by muccinpurin

「チーズドック」518円(税別)
お弁当やおやつとして人気のアイテムが「チーズドッグ」。アメリカンドッグのような甘い生地でチーズを包み、スティックを差して揚げたスナック感覚の商品です。 油で揚げるとなると調理へのハードルが上がりますが、すでに揚げてから冷凍してあるので、トースターでの調理が可能。

Photo by muccinpurin

筆者は油で揚げましたが、少ない油で転がしながら揚げることができるので後始末もラクラク。 風船のようにぷっくりと膨らんだチーズドッグは、大人も子どもも大好きな味です。

「ポンデケージョ」

Photo by akiyon

「ポンデケージョ」248円(税抜)
もちもち食感がくせになるのが、ブラジルのチーズ入りパン「ポンデケージョ」。 業務スーパーでは、ブラジルのポンデケージョ専門メーカー「ピフパフ(PifPaf)」のものを扱っています。このメーカーはレストランやホテルにもポンデケージョを卸しているので、味は間違いありません。

Photo by akiyon

トースターで焼いたポンデケージョは、外はこうばしくなかはもちっとした、例えるならばチーズもちのような食感。 素朴なそのおいしさは、おやつやメインの付け合わせに幅広く活躍してくれそうです。

「チーズフィンガー」

Photo by muccinpurin

「チーズフィンガー」218円(税別)
チーズの魅力はいくつかありますが、やはり「とろ~り」は外せないところですよね。 業務スーパーの「チーズフィンガー」は、カリッと厚めの生地でチーズを包んだ、想像しただけでおいしそうなスナックです。

Photo by muccinpurin

トースターで焼くこと4分。衣を割ってみるとなかからチーズがとろ~りと溶けだします。 アツアツはもちろんのこと、さめてもチーズの魅力は健在。手軽に調理できるので、お弁当のおかずにも喜ばれますよ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS