アジア通の太鼓判!カルディ「ナシゴレンの素」は本場の味を完全再現

毎回そのクオリティに舌を巻く、カルディの各国料理系調味料。多くの調味料をそろえることなく、現地の味を自宅で再現できる手軽さで、まるで旅行に行ったかのような気分にさせてくれます。今回ご紹介するのは「ナシゴレンの素」。東南アジア好きの筆者が、本場の味と比べつつご紹介します。

2019年8月28日 更新

さすがの再現度。カルディの世界の料理シリーズ

ナシゴレン

Photo by muccinpurin

毎回納得の再現度を見せる、カルディの世界の料理シリーズ。日本に居ながらにして、いや、おうちに居ながらにして世界各国の本格的な料理を楽しめるとあって、筆者もよく購入しています。

今回ご紹介するのは「カルディオリジナル ナシゴレンの素」。ご飯に混ぜて炒めるタイプのシーズニングです。

実は、三度の飯と同じくらい東南アジアが好きな筆者。もちろん、数えきれないくらいのナシゴレンを食べてきました。今回は、現地の味と比べつつ味わってみたいと思います。

東南アジアのピリ辛チャーハン「ナシゴレン」

ナシゴレンの素

Photo by muccinpurin

「ナシゴレンの素」140円(税込)

そもそもナシゴレンは、ナシ(ごはん)ゴレン(炒める)の意味をもつ、東南アジア中心に食べられるチャーハンの総称。

ナシゴレンとひとことでまとめられがちですが、醤油、塩こしょうで味付けをした「ナシゴレン・チナ(中国系)」、薄焼き卵をかぶせたオムライス風の「ナシゴレン・パタヤ」など、いくつもの種類が存在します。

屋台の王様」と呼ばれるほどさまざまな国で食べられ、東南アジアの屋台に行けばかならずありつけるほどのメジャーな料理なんです。
ナシゴレンの素

Photo by muccinpurin

カルディのナシゴレンの素は、シンガポール風とありますが、パッケージ写真から予想すると、一般的に食べられているピリ辛でコクがある味付けのナシゴレンのよう。インドネシアに旅行したことがある方は、食べた経験があるのではないでしょうか。

外装を開けると、なかには小分けの袋がふたつ。このひと袋で1~2人前のナシゴレンが調理できます。さっそく、ナシゴレンを作ってみましょう。

具材やごはんと炒めるだけ!

野菜を炒める

Photo by muccinpurin

まず、油で具材を炒めます。

今回は彩りを考えて赤パプリカ、ピーマン、ウインナー、小海老を使いましたが、お好みでどうぞ♪
ごはんとナシゴレンの素を炒める

Photo by muccinpurin

ごはんとナシゴレンの素を加えて、全体に炒め合わせます。

ごはんは固めに炊いておくのがおいしく仕上げるポイント。少し冷めたくらいのごはんを入れてほぐしてからナシゴレンの素を加えるとよくなじみますよ。
目玉焼きを焼く

Photo by muccinpurin

ナシゴレンができたら、目玉焼きを作ります。多めの油を高温に熱し、ふちがチリチリと音を立てるくらい焼くのが本場流。

目玉焼きというよりも、フライドエッグを作るイメージです。

できあがりです!

ナシゴレン

Photo by muccinpurin

ナシゴレンに目玉焼きと野菜を添えて完成です!クルプックと呼ばれる海老を使った揚げせんをのせるのも本場流。コンビニやスーパーで手に入りますよ。

紫玉ねぎは筆者のオリジナルですが、きゅうりは本場でも彩りとして使われます。きゅうりがなければ刻んだ水菜やレタスなどを添えても。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう