5位「オムレットロール&ハッピーダッフィー」

460円(税込)スーベニア付き1,000円(税込)
「これ食べられるの!?」と思わずにはいられないほどかわいらしい、ダッフィーフェイスのもちもちスイーツ「ハッピーダッフィー」。なかには、キャラメルクリームが入っています。 手に持って一緒に写真をとりたくなること間違いなし♪ そしてシェリーメイカラーのピンクがかわいいオムレットロールは、ふわふわ食感とたっぷりクリームが入っていておいしい!ダッフィーデザインのバスケット型スーベニアケース付きのセットも人気です。
ケープコッド・コンフェクション
かわいいダッフィースイーツは、ダッフィーのホームタウンであり、グリーティングもできるケープコッドのお店「ケープコッド・コンフェクション」で買うことができます。 さらにダッフィーの世界観を楽しみたいなら、併設のレストラン「ケープコッド・クックオフ」で食事をしながらダッフィーのショーが見られるイートインスペースもおすすめです♪

4位「寿司ロール(シュリンプ&チキンカツ)」

寿司ロール(シュリンプ&チキンカツ)550円(税込)
2018年の夏に登場したのが、エビ入りのチキンカツを、海苔と酢飯とカラフルなゴマで巻いた「寿司ロール」。シュリンプとチキンカツのふたつの味を楽しめ、しっかり酢飯で巻かれているので1本で十分ランチになるくらいのボリュームです。 パークのなかでもお米を使ったメニューは珍しいので、お米好きは必見です。
ベイサイド・テイクアウト
「寿司ロール」が食べられるのは、ポートディスカバリーでキャラクターと出会える大人気レストラン「ホライズンベイ」の隣にあるお店「ベイサイド・テイクアウト」です。 寿司ロールのほかにも、オレンジ味のチュロスやスムージーも販売!ファインディング・ニモのアトラクションが近くにあったり、パーク内でもよく通る道沿いなので一日を通して使える便利なお店です。

3位「うきわまん」

うきわまん(エビ)500円(税込)
これぞ、海をテーマにした東京ディズニーシーの名物フード!ピンクと白がキュートな浮き輪型の「うきわまん」です。ドナルドのかわいいマリンパッケージと、写真映えする見た目で学生や若者にも人気。 もっちりした生地に、プリプリ食感のエビがたまりません。手のひらサイズがちょうどよく、小腹を満たしてくれますよ。
シーサイドスナック
「うきわまん」がゲットできるのは、ポートディスカバリーにあるアクアトピアをさらに奥へ行った「シーサイドスナック」というお店です。 東京ディズニーシーの人気グルメだけあって、行列ができていることもありますが、テイクアウト専門店なので回転も早く思ったよりも待たずに買うことができますよ♪

2位「ユカタンソーセージドッグ」

1本500円(税込)
ただのソーセージドッグと、侮るべからず!食べたことのない人には、絶対に食べてもらいたいのが「ユカタンソーセージドッグ」です。 その理由は、ケチャップもマスタードもついてないのにおいしいというところ!ソーセージそのものに、ガーリック&スパイシーなしっかり味付けがされているのと、パリパリのフランスパンの組み合わせが最高なんです。ボリューム満点なので女子同士ならシェアもいいかも♪
エクスペディション・イート
「ユカタンソーセージドッグ」が販売されている場所は、パーク一番奥のロストリバーデルタにある「エクスペディション・イート」です。インディ・ジョーンズ®アトラクションのすぐそばにあるので、行列に並ぶ前に買って、並びながらランチタイムという効率のいい腹ごしらえもできちゃいます♪

1位「スパイシースモークチキンレッグ」

1本500円(税込)
ガッツリ系の食べ歩きグルメといえば、もうコレ!噛みしめるほどに旨味がジュワ〜っと口のなかにひろがる「スパイシースモークチキンレッグ」です。 1本食べるだけで十分お腹を満たしてくれる、ザ肉食系グルメ!辛めでスパイシーな味付けながら、骨からホロホロ崩れるやわらかいチキンで子供も食べやすい!大人ならアルコールドリンク片手に、豪快にかぶりついてほしいです。
ロストリバークックハウス
「スパイシースモークチキンレッグ」が買えるのは、ジャングルの世界観のようなロストリバーデルタにある丸太小屋「ロストリバークックハウス」です。 大人気グルメなので、いつも行列が絶えないのですが、パーク奥地ということで午前中は比較的空いていることが多いので狙い目です!お店ではアルコールの販売がありませんので、すぐに食べるのをグッとこらえて、ほかの販売店まで持ち歩きましょう。
※2019年7月25日時点の情報です

全部制覇してみる?食べ歩きを楽しもう

今回は、かずある絶品グルメの中から10点をご紹介しましたが、東京ディズニーシーにはまだまだ食べ歩きグルメがたくさんあります!オープン以来変わらぬ人気を誇る「ギョウザドッグ」、夏に欠かせない「ミッキーアイスバー」、モーニングに食べたい焼きたて「ミッキーデニッシュ」などなど。 ぜひ訪れた際には、アトラクションやショーの合間に、食べ歩きグルメも堪能してみてはいかがでしょうか。食べ歩きフードのお店は、パークの営業時間や天候などで早くクローズする場合もあるので、お目当てのものは早めにゲットするのがおすすめ。「今日はコレを食べるぞー!」と決めていくと、さらにパークを楽しめるはずです♪
※メニューの内容は予告なく変更になる場合があります。また、品切れや販売終了の際はご了承ください。 ※営業時間はパークの運営時間によって異なります ※天候、季節、時間帯により早めにクローズすることがあります。 ※20才未満の方の飲酒および飲酒運転は法律で禁止されています。
【文】つくり子
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS