ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

熱中症対策に効果あり?塩飴の役割とは

塩飴とは?

塩飴は、砂糖や水飴といった飴の基本材料に食塩をプラスしたものです。暑い日の熱中症対策として注目を集め、プレーンな塩飴のほか、フルーツの風味をつけたものや塩にこだわりをもつものなど、さまざまな商品が登場しています。

塩飴の効果

熱中症対策といえばまず水分補給があげられますが、塩分摂取も重要なポイント。汗をかくと水分だけでなくミネラルも排出されてしまうため、ミネラルの補給も非常に重要です。 手軽に塩分補給ができる塩飴を水といっしょに摂取すると、熱中症対策が効率的にできるといわれています。また、塩飴には当分も含まれているため、エネルギー補給の効果も望めます。

塩飴の食べ方・注意点

手軽に気軽に塩分を摂取できる塩飴ですが、食べ過ぎると塩分と糖分の過剰摂取になり、血圧や血糖値の上昇をまねく可能性があります。熱中症予防のためでも、食べ過ぎには注意しましょう。 商品によっては、パッケージに1粒当たりの食塩相当量が記載されています。購入前にこちらをチェックしてみるのもおすすめです。

塩飴の選び方

塩飴には飴タイプとタブレットタイプがあります。タブレット型は高温でも溶けないためべとつかず、屋外でも食べやすいという特徴を持っています。 味は飴に塩をプラスしたシンプルタイプのほか、柑橘系の風味がついたものや、梅味、ミルク味などさまざま。味はもちろん、どこで摂取するのか、を考えて選びましょう。

おすすめ「塩飴」15選

1. 扇雀飴本舗「岩塩キャンデー」

ITEM

扇雀飴本舗「岩塩キャンデー」

¥158

容量:90g

※2019年4月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
岩塩の産地として知られる、ドイツ・ベルヒテスガーデンの再結晶岩塩を使用した商品です。甘みと塩味のバランスが絶妙。大粒の塩を感じられるので、塩分摂取がしっかりわかります。この飴じゃないと!というファンが多い商品です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS