カラバリ豊富♪ タイガースープカップの魅力はココ!

オフィスやアウトドアのレジャーなどにスープジャーを携帯する方が増えています。保温性が高く、作りたての味を楽しめるほか、おかゆやリゾットなどの調理もできる点が魅力。中でもタイガーのスープジャーはカラーバリエーション豊富と人気です。特徴やサイズなど人気の理由を詳しくご紹介します!

2019年2月27日 更新

タイガー「スープカップ(スープジャー)」とは

2012年に販売が開始されたタイガーの「スープカップ(スープジャー)」。おうちで作った具だくさんの食べるスープを携帯できる点が、女性を中心に高く評価されています。

作りたてのおいしさをキープしたまま、オフィスやホームパーティー、アウトドアなどに持ち運びできることから、販売数を伸ばしている人気商品です。

基本の使い方

温かいスープも冷たいスープも入れられるので、おうちで作ったスープをそのまま携帯できます。ポトフやシチューなど、大きな具の入ったスープも入れやすい構造が特徴。

また、熱湯で温めたスープカップ(スープジャー)に、熱湯とお出汁と温かいごはんを入れて数時間置くと、とろとろのおかゆも作れます。同様にアツアツのスープに乾燥パスタを入れておくとスープパスタも簡単にできあがりますよ。

タイガースープカップの魅力はココ!

使いやすい広口とまる底フォルム

口径が広く、大きな具材もこぼさずに入れることができます。また、底が丸いフォルムは具材を取り出しやすく、最後まで残らず食べ切る事ができます。

中までスポンジが入るので隅々までお手入れしやすく、衛生的です。

お手入れしやすいスーパークリーン加工

スープカップ(スープジャー)によっては、内面に小さな凹凸があり汚れやニオイが溜まってしまうものはありますが、タイガーのスープカップ(スープジャー)の内面には、なめらかで光沢のあるスーパークリーン加工が施されています。

さっと洗うだけでいつでも清潔さを保てます。

サイズは使いやすい3種類

【1】0.25L(250ml)

お子さんのお弁当や、少量のスープを携帯したい時におすすめのサイズがこちら。幅が9cm、高さが約11cmと大人の手の平にのるぐらいの小さなスープジャーは、オフィス用のバッグにもすっきり収まります。

ほっこりとやさしいカラーのサフランイエローは、毎日のランチタイムを明るくしてくれそうですね。

【2】0.30L(300ml)

女性のランチや、サイドメニューとしてスープを食べたい時は0.3Lのスープジャーがちょうど良いです。たとえば、パンやおにぎりのセットとしてスープを組み合わせる時は、このサイズだと満足できそう。

タイガーのスープジャーは保温効果が6時間で54℃と高く、朝注いだスープがお昼もまだアツアツ。午後のお仕事もおいしいスープで頑張れそうですね。

大人っぽいインディゴブルーは男性にも人気です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう