ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

史上最多。35種類のキットカットを楽しめる限定セットが11月19日に発売

Photo by macaroni

キットカット日本発売45周年記念アソート 5,800円(税抜)
世界100カ国以上で発売され、いまも愛され続けているチョコレートブランド「キットカット」。1973年に日本で発売して以来、抹茶味や日本酒味など独自のフレーバーも支持されて、これまで350種類以上のフレーバーが発売しました。 日本発売45周年を記念し、史上最多35種類のキットカットを詰め合わせた記念アソートを2018年11月19日に発売。キットカット ショコラトリーの店舗や通販オンラインショップにて数量限定で発売中です(キットカット ショコラトリー 銀座本店は、11月14日より先行販売)。 今回の限定商品は、世界中のキットカットファンから新フレーバー案を募って第1位に選ばれた「いちごティラミス味」をはじめ、紅いも味・あまおう苺味・あずきサンド味などの「ご当地土産シリーズ」12種や、リッチでプレミアムなキットカット「キットカット ショコラトリーシリーズ」14種類を詰め合わせた、夢みたいなアソート。 パッケージや手提げ袋のデザインにもこだわり、キットカットの食べ比べを楽しめるだけでなく、見ためも楽しむことができます。

「ひとりで食べても、誰かと分け合っても楽しめる」

Photo by macaroni

35種類の限定アソート発売を記念して、藤田ニコルさんが登場。クリスマスを意識したカラフルな衣装でキットカットへの想いを語りました。「キットカットを食べる機会が増えて、クイズ番組の前はキットカットを食べて備えています」「1番好きなのはベーシックなキットカット。10月に限定発売した醤油風味もおいしかった」「クリスマスまでひとりなら35種類をひとりで食べる。誰かと過ごせるならふたりで食べたい」とのこと。 プライベートでもキットカットを食べることが多かったところ、セレブレーションパートナーになってからは、よりキットカットを食べるようになったそうです。
イベントではクリスマスツリーに藤田ニコルさんがサインをした45周年記念のオーナメントを飾りつけ。キットカット ショコラトリー 銀座本店に飾られる"逆さ"のクリスマスツリーは12月25日までです。海外ではインスタ映えすると話題で、日本でも新たなトレンドになりそうな予感!

逆さクリスマスツリーと一緒に楽しめる「いちごティラミスwithキットカット」

Photo by macaroni

いちごティラミスwithキットカット 1,200円(税抜)
キットカット ショコラトリー 銀座本店は、2018年11月15日(火)~2019年2月中旬の期間限定で「いちごティラミスwithキットカット」を発売。「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ高木康政さんが全面監修し、イタリアのデザート・ティラミスにキットカットへのこだわりやワクワク感を詰めこみました。 やわらかな甘酸っぱいいちごの香りとくちどけ、なめらかなマスカルポーネ、香り豊かなコーヒーの香り、トッピングされたいちごティラミスのキットカット。それぞれがマッチして、キットカットの食感もふんだんに楽しめます。

世界総選挙No.1のいちごティラミス味も数量限定で全国発売

Photo by macaroni

キットカット いちごティラミス味
「いちごティラミスwithキットカット」は、キットカット ショコラトリー 銀座本店のみのメニューですが「キットカット いちごティラミス味」は、11月19日(月)より全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで発売。 マスカルポーネチーズ、コーヒー、ココアからできたほろ苦いティラミス風味のクリームを挟み込み、苺の粒を入れたいちごティラミス風味のチョコレートで包むことで、いちごティラミスならではの味わいを実現しています。 キットカットを食べさせ合う男女のイラストが描かれたパッケージをアーティスト・木梨憲武さんが担当。"キットカットが繋ぐ人と人との絆"をテーマにしたデザインで、キットカット愛がたっぷり詰まっています。見ためにも楽しく、思わず誰かにプレゼントしたくなるオシャレさです。

友人や家族と一緒にキットカットを楽しんで

日本発売45周年を迎え、ますますパワーアップしているキットカット。受験生など頑張る人を応援したり、一年を通して大切な人に応援や感謝の気持ちを伝える定番アイテムとして親しまれ、いまでは誰もが知っている人気のお菓子になっています。 クリスマスパーティーや年末年始など大人数で集まることが増えるのこの季節。キットカットがその場にあるだけで、自然に笑顔と会話が増えそうです。 構成・文/柿澤萬純(macaroni編集部)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS