連載

衝撃の食パン体験。橋本「午後の食パン これ半端ないって!」食べてみた

2018年9月15日(土)、神奈川・橋本に食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」誕生。オープンに先駆けて、話題沸騰間違いなしのふわふわ食パンをレビューします。小麦粉・塩・バター・レーズン、すべてにこだわり抜いたその味は一体……?

2018年9月14日 更新

橋本に行列のできるパン屋さん「これ半端ないって!」

これ半端ないっての外観

Photo by macaroni

9月15日、神奈川県・橋本になんとも気になる食パン専門店がオープンします。その名も「午後の食パン これ半端ないって!」。噂を聞きつけてプレオープンにお邪魔してきました。

プレオープンは11時からとのことで、11時に橋本駅に到着。お店は橋本駅から徒歩3分ほど、県立相原高校の真裏にありました。静かな住宅街に突如として現れた「これ半端ないって!」の看板。カウンターの左にはためく、ふわふわのパンを思わせる白いのれんが目を引きます。
これ半端ないっての内観

Photo by macaroni

カウンターの向こうには、焼き上がりの食パンが棚にずらりと並んでいます。メニューは2種類の食パンのみ。

選りすぐりの生クリームをたっぷり使用した、口どけなめらかな「半端ない熟成」(税別800円)。そして、オーストラリア産のサンマスカットレーズンにこだわったレーズン角食「仕方ない午後」(税別980円)。

カウンター前には誰も並んでいない……と思いきや、なんと、あまりに注目度が高く、11時のオープンから間もなく整理券配布が終了してしまっていました。なんとか、焼きたてのレーズンパン「仕方ない午後」を入手!柔らかくほかほかの食パンを赤子のように膝に抱え、電車に揺られてオフィスへ戻りました。

くすくす笑いがこみあげて「仕方ない午後」

半端ないって!の紙袋

Photo by macaroni

移動中ずっと、行き交う人々の視線を集めていたこの紙袋。

今回、プロデュースを手がけたジャパンベーカリーマーケティング株式会社の朝倉さんによると「『半端ないね』と言われた食パンがはにかんでる様子なんです」とのこと。なるほど……ふわふわほっぺを指でつつきたくなります。この感じ、シュールだけど好きです。

食べ方はとにかく"生"でそのまま!

ちぎったパン

Photo by macaroni

食べ方は、まずは豪快に手でちぎって。

「食パンって通常はスライスして食べますけど、そうではなく焼きあがったパンを塊のままちぎって食べてほしい。『え、こんな食べ方もあるの?』という楽しさを感じてほしいです」と朝倉さん。

ふわふわの感触を想像していたら、意外とみっしり。生地にみずみずしさを感じます。そして、ゴロゴロと入ったレーズンもみずみずしい。シャキシャキというオノマトペを使ってもいいくらい。
パンの中に入ったレーズン

Photo by macaroni

レーズンはオーストラリア産のサンマスカットレーズンを使用しています。

「カリフォルニア、トルコのレーズンなど色々試した中でとにかくジューシーな甘さが際立っていたのが、このサンマスカットレーズンでした。主役級の存在感を楽しんでほしいです」(朝倉さん)

噛んでいると、じわじわと生地のコク深い甘みが口に広がります。もう少し、あとちょっと、ついつい手が伸びてしまう。これは一斤ペロッと食べてしまいそうです、危険です。

シェアして食べるなら厚切り厳守

バターがのった食パン

Photo by macaroni

手でちぎって食べたい、けど家族で分けなくちゃという方は、厚めにスライスして食べましょう。厚みは3センチ以上推奨。

「焼かない状態でいかにおいしいかという設計をしている」から、ここはトーストせずにそのまま。

ちょい足しするなら、冷蔵庫から出したての有塩バターを3ミリ程度にスライスし、冷たいままのせてかぶりつくのがおすすめだそうですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう