カジュアルなお茶会「野点」って?必要な道具やおすすめセット3選も

ちょっとハードル高めなイメージのお茶会。けれども野外でおこなう「野点」なら、作法も道具もとてもカジュアルなのです!ここでは野点の特徴や魅力、おすすめの茶道具セット3選などをご紹介。全国でおこなわれている野点イベントについても必見です♪

2018年12月3日 更新

外で楽しむお茶会!野点って?

茶道では野外でお茶を点てることもあります。それが「野点(のだて)」です。

室内と野外でのお茶会の違いは、使用する道具と作法。室内の場合、花入や掛け軸など、お茶を点てるための道具以外も道具が必要となります。しかし「野点」では、お茶を点てる道具のみで大丈夫というカジュアルさ。

お茶会といえば作法が気になるところ。ですが「野点」では、お客さんをもてなす心さえ大切にしていれば、かなり柔軟に対応できるのが特徴となっています。

野点に必要なアイテムは?

基本的に、お茶を点てる道具だけで成立するのが「野点」。そのため、道具は茶碗と茶筅があればよく、あとは湯を沸かす道具があれば大丈夫です。

野外用の熱源や保温性にすぐれた魔法びんなどでも楽しむことができます。より本格的な場合は、茶釜を移動式のものや仮設のかまどで湯を沸かすなどしますが、これは大規模な「野点」に限定されます。

また「旅箪笥」や「茶箱」、「茶籠」といった、茶道具を持ち運ぶための便利な道具もあります。

おしゃれな茶道具も

購入

茶道具というと、クラシカルな印象を受けるかもしれませんが、最近では現代風のおしゃれなものも増えています。

たとえば、アウトドアのジャパニーズブランドである「モンベル」から販売されている「野点セット」。セット内容は、茶せん、茶杓、茶碗、茶巾、盆2枚、棗(なつめ)。野点を楽しむための必要十分な茶道具がそろっています。そして、それらを手軽に持ち運ぶことができるケースが付いていて便利♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう