思わずクスッ♪ まりあんさん作「#海苔文字弁当」に共感の嵐!

毎朝のお弁当作りって大変ですよね。そんななか、インスタグラマーのまりあんさん(@marian__bento)が作る「海苔文字弁当」が、クスッと笑えて、妙に共感できちゃうと話題になっているんです♪ そんな愛情溢れるお弁当をご紹介します!

2018年8月16日 更新

まりあんさんってどんな人?

まりあんさん(@marian__bento )は、高校生の息子さんと小学生の娘さんをお持ちの、ママさんインスタグラマーです。毎朝作る息子さんへのお弁当を投稿しています。よく見てみると、お弁当には海苔で描かれたメッセージが……!どれもユーモアに溢れていて、面白すぎるんです♪

母から息子への愛のメッセージ?それとも恐怖の警告文!? まりあんさんご本人によれば「毒舌母からツンデレ息子へ愛のムチ」 「母のひとり言」「愛の嫌がらせメッセージ」とのこと。それでは、実際に投稿を紹介しましょう♪

1. 全国のママ共感!「洗濯物出せよー」

男の子を持つママなら、間違いなく共感することでしょう!「うちもです!」という声が聞こえてきそうなメッセージ。「洗濯物出せよー」。

洗濯機を回し始めてから、「あ、部活のユニフォームがあった」「この体操服も」と洗濯物を追加される経験、きっとありますよね。「もっと早く言ってよ……!」という心の声を代弁するお弁当に、共感する方も多くいるようです♪

2. 後ろにあと何人?「3桁は許さん」

定期考査の最終日。息子さんから「3桁いくかも」との告白。母はテストの合計点かと思いきや、実はそれはまさかの学年順位!「学年の人数100人ちょいだろーが!」と嘆く母のつぶやきが、そのままお弁当になった「3桁は許さん」。

これを見た息子さんの奮起に期待!?

3. 誰もが通る道?「母にやさしく」

高校生の男の子って、母にそっけないですよね。まりあんさんの息子さんもまさに“ツンデレ王子”なんだとか♪ 最近は“ツン”の比率が高くなっているらしく、そこで出た言葉が「母にやさしく」。

自分の言いたいことだけ言って、母が話しかけると面倒くさがるという息子さんに「ガチの嫌がらせ弁当作ってやろーか」と思い立ったそう♪ お弁当がすてきなコミュニケーションツールになっているようなので、なんだか微笑ましいですよね!

4. アラフォー女子の叫び?「ババァ言うな」

最近、母のことを「ババァ」と呼ぶ息子さんに対し「ババァと言うな」と抗議文。「40過ぎても女子だと認めろ」と息子さんに求めるまりあんさんに、共感する方も多いようです♪

よく見てみるとソーセージで作った「ソーセー人」の人相がとっても悪いんです。ソーセ―人も怒っているんですね。細かい演出に思わずクスッ♪

5. するまで続く?「まじ片付けろ」

出しっぱなし、置きっぱなし、脱ぎっぱなし……そんな日常にイライラしているお母さんも多いはず。そんなときは「まじ片付けろ」。

片付けるまで毎日言い続ければ、息子さんも改心するでしょうか。世の母たち、試してみる価値ありかも?おかずの「ちくわどり」も“ピーピー”後押ししているようにみえます♪

まりあんさんに聞いた!海苔文字弁当のあれこれ

海苔文字弁当を作るようになったきっかけ

2016年10月に起きた鳥取中部地震で、市の給食センターが被害に遭ったそうです。

復旧するまでの約半年間、お子さまたちがお弁当持ちになったということで、お弁当作りが苦手だったまりあんさんは、見栄えをよくするため半分ウケ狙いで「海苔文字弁当」を作り始めたといいます。

海苔の切り方について

文字を印刷した紙と海苔を重ねて、「デザインナイフ」で切っているというまりあんさん。今後は、カットの様子をインスタグラムにアップする予定もあるそうです♪ 今はなかなか時間が確保できないのでむずかしいそうですが、楽しみに待ちましょう!

気になる息子さんの反応は……?

息子さんはやんわり反論してくることもあるそうですが、質問をすれば友達の反応も教えてくれるんだとか。高校受験の日には「文字弁にしたら怒るけど、やって(笑)」とリクエストもあったみたいです♪ 親子のコミュニケーションのきっかけにもなっているんですね!

息子さんへの愛情あふれるメッセージ

最後にまりあんさんからすてきなメッセージをいただきました。

「世のお母さんだけではなく、息子と同じような年頃のお子さんにも『お弁当を見て笑ってほしい!』と、海苔文字弁当の狙いも少しだけ変わってきました。息子にとっては半分迷惑かもしれませんが、卒業までの3年間は海苔文字弁当を続けていこうと思います」

今は高校1年生ということですが、息子さんの大学受験弁当が楽しみですね♪
※まりあん様(@marian__bento)、記事作成にご協力いただき誠にありがとうございました!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう