口コミで話題に!「下総醤油」のこだわりとラインナップ3商品

テレビ番組でも取り上げられ話題を呼んだ「下総醤油(しもうさしょうゆ)」。ちば醤油株式会社が手がける醤油のこだわりポイントや、ポン酢・生醤油といった4種類の商品をご紹介。見つけたら必ず欲しくなるお醤油がそろってますよ。

2018年6月18日 更新

下総醤油って?

産地や材料は?

「下総醤油(しもうさしょうゆ)」は、2015年にテレビ番組で取り上げられて以来、口コミでもおいしいと絶賛されているお醤油ブランド。

下総醤油は千葉県を代表する醤油ブランド・ちば醤油株式会社が作っています。その昔、ちば醤油がある土地は「下総(しもうさ)」と呼ばれていて、醤油の冠にはその地名がつけられました。

醤油の原料となる丸大豆・小麦・塩は、国産のみを使ったこだわりようで、嘉永7年(1874年)の創業からの伝統の味が保たれています。

作り方は?

下総醤油は、創業から受け継がれる伝統の製法が守られた醤油。

その伝統の作り方は、醤油の味の要「麹作り」から始まるんです。麹の原料の大豆と小麦を合わせ、麹室(こうじむろ)で3日かけて麹を作ります。麹を木桶に移し、発酵と熟成をじっくり繰り返しながら、最終工程の醤油の絞りに至るまで、長い年月をかけて、丁寧な手作業で行われています。

どんな味わい?

1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Cucina_mamma

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう