「ビール券」の仕組みを徹底分析!購入方法&使い方まで

ギフトやプレゼントに利用されることの多い「ビール券」。大人になると、手にとる機会が増えますよね。今回は、そんなビール券についての基礎知識だけでなく、購入方法や使い方、利用できるお店、換金の際の相場まで、ビール券の疑問にお答えします!

ビール券とは?

あなたは、「ビール券(ビール共通券)」をもらったことがありますか?名前は聞いたことがあるけど、実際はどういうものか分かってない……という方、案外多いのではないでしょうか。

ビール券は、日本の酒店協同組合である全国酒販協同組合連合会が発行しています。全国の酒屋さんで、券面に表記されている商品と引き換えられる券です。

少しややこしい!ビール券の仕組み

ビール券は2種類ある

1. ビン633ml2本

ひとつ目は、633mlの大瓶2本と引き換えられる商品券です。850円で販売され、大瓶2本(784円)分の券として利用できます。

2. 缶350ml2缶

ふたつ目は、350mlの缶ビール2缶と引き換えられる商品券です。539円で販売され、缶2缶(494円)分の券として利用できます。

大瓶2本と350ml缶2缶、どちらのビール券も2018年4月1日に価格改定があり、値上げされています。また、この記事で記載している販売価格は"希望小売価格"なので、販売店によっては値段が変わることもあるので、確認をしてから購入するようにしましょう。

販売価格と額面が異なる

上で2種類のビール券の説明をしましたが、ここで、お気付きの方も多いと思います。そう、買ったときの値段と額面(実際に利用できる金額)が違うんです。一般的な商品券のように、1,000円で買って1,000円分の価値があるわけではありません。

ギフト、プレゼントとして、相手方への感謝の気持ちを込めて贈るものとして使われるのが一般的なんです。確かにお礼、ありがとうといった気持ちから渡しているところを見る機会が多いですよね。

額面の確認方法

ビール券の額面は、券面表側の左下に4ケタの数字があるので、そこで確認しましょう。「A-21-0784」と記載されているのであれば、その券は784円分の価値があります。

ビール券の購入方法

贈答用として多様されているビール券は、一体どこで手に入れることができるのでしょうか。基本的には、先ほど説明した「全国酒販協同組合連合会」に加盟している店舗で販売されています。

「全酒販」と書かれた青色のステッカーが貼ってあることがあるので探してみてください。多いのは百貨店(デパート)のサービスカウンター。ほかにも、加盟していればスーパー、酒屋さん、コンビニなどでも購入できますよ。

金券ショップはコスパ良し

金券・商品系の売買ができる金券ショップでは、比較的安くビール券が買えることがあります。額面より安い値段で買うのはむずかしいですが、額面と同じ値段で販売されていることはあるようです。参考までに、一度寄ってみるのもいいかもしれませんね。

通販でも買える!

実は、ビール券は通販でも買うことができます。ただし、送料の関係で通常価格よりも高い値段設定である場合が多いので、ご了承のうえで確認してみてくださいね。

ITEM

ビール券 633ml瓶2本

枚数:6枚 有効期限:2026年3月31日

¥6876 ※2018年11月2日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ITEM

ビール券 350ml缶2缶

枚数:6枚

¥3754 ※2018年11月2日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう