ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

コーヒー豆の賢い選び方

「ブレンド」か「ストレート」で選ぶ

ひとつの豆を使用した「ストレート」はシンプルな口当たりが特徴で、いくつかの豆を混ぜて作る「ブレンド」は苦みや酸味のバランスが整っているのが特徴です。 コーヒー好きな人はストレートも楽しめますが、コーヒー初心者の人はブレンドが飲みやすいかもしれません。

「浅煎り」と「深煎り」で選ぶ

より苦みが増すのが「深煎り」で、マイルドになるのが「浅煎り」です。コーヒー本来の苦みをじっくり楽しみたい人は、深煎りがおすすめです。 中には深煎りと浅煎りをブレンドしたコーヒー豆もありますので、お好みで選ぶのがよいでしょう。

コーヒー豆の種類で選ぶ

コーヒー豆にはいくつかの種類があります。日本で一般的に飲まれているのは「ブルーマウンテン」といい、軽やかな風味が特徴です。 ほかにも酸味が強めの「キリマンジャロ」、甘味とコクが深い「モカ」などもあります。

「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」で選ぶ

ボディの違いにより、コーヒーのコクが変化します。もっともコク深いのは「フルボディ」で、コクが浅いのは「ライトボディ」。 コーヒーを飲み続けているうちに、自分好みのコクが見つかるはずです。

飲むペースに合った量を選ぶ

コーヒー豆は、商品によって内容量が異なります。時間が経過するとコーヒー豆の品質が落ちてしまうので、できれば飲むペースに合わせて選ぶとよいでしょう。 コーヒー豆は冷凍保存も可能ですが、おいしくいただくには冷暗所での保存が理想的。一度にオーダーする量は、1ヶ月分など期間を決めて購入するのがおすすめです。

厳選おすすめコーヒー豆10種

1. さっぱり後味が特徴のブレンド豆「STARBUCKS COFFEE フレンチロースト」

ITEM

STARBUCKS COFFEE フレンチロースト

内容量:1.13kg

¥3,300 ※2019年02月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

誰もが知るコーヒー店、スターバックスで一番深煎りのコーヒー豆・フレンチトーストです。お店でもお馴染みのあの味を、お家でいただくことができますよ。 香ばしくスッキリとした香りと後味で、カフェオレにも最適。お砂糖やミルクでアレンジしやすいオーソドックスなお味でもあります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS