ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

フランス生まれのモナンシロップ

モナンシロップは1912年、フランスの中心にある古都ブールジュで生まれました。当時から品質はとても高く評価されており、1930年頃にはフランス国外への輸出もスタート。その結果、ヨーロッパにおいて"新たなノンアルカクテルブーム"を巻き起こすほどの大ヒット商品に! 今ではアメリカやアジアのマレーシアにも支社や工場を構えていて、フランスを代表する国際的ブランドとなったモナンシロップ。それほど多くの人々を魅了した、シロップの秘密に迫ります♪

モナンシロップの特徴

厳選された原料を使用

ひと口なめると、素材そのものの風味が楽しめるモナンシロップ。カラフルな色味からケミカルなイメージを持たれやすいですが、甘味にはサトウキビ由来のナチュラルな砂糖を使用しています。 創業当時から品質は特に強いこだわりがあり、ボトルには全て製造ナンバーを印字。これにより使用した材料や、さらには製造責任者まで把握することができるんですよ!徹底した品質に対するこだわりが垣間見えますね。

豊富なフレーバーの種類

現在公式サイトで確認できたフレーバーの種類は、なんとおどろきの79種類!どれにしようか迷ってしまいますが、のちほどおすすめ10選をご紹介させていただきますのでご安心を♪ 2018年に入ってからも新たなフレーバー「ジャスミン」や「キンモクセイ」などが追加されていて、新しいレシピへのインスピレーションを刺激してくれます。続々と増えていくモナンシロップから、ますます目が離せません!

世界各国で愛用されている

スタートはフランスから始まったモナンですが、いまや世界中で大人気となったモナンシロップ。世界各地に膨大な量をスムーズに届けるために、アジアやヨーロッパに現在4ヶ所の工場があります。さらに工場から届けられる国の数は、なんと140カ国にもなるんです!創業から100年以上にわたり、世界中にモナンシロップファンがいるんですね。

使い方やおすすめのレシピは?

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS