ハワイの定番土産「マカデミアナッツ」!種類とおすすめ厳選5商品

ハワイの定番土産といえば、マカデミアナッツチョコ!甘いチョコと噛み応えがあるナッツの組み合わせが絶妙ですよね。特に、ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコは、種類も豊富で、お土産に選ぶのも楽しい!バラマキ土産にもうってつけです。

2020年1月7日 更新

ハワイ土産の定番「マカダミアナッツチョコ」

ハワイの定番お土産といえば、マカデミアナッツチョコ!こりこりのナッツの触感とチョコレートの甘味がたまりません。人気の商品なので、各メーカーごとに工夫を凝らしたマカデミアナッツチョコを販売しているので、食べ比べをして楽しめるのもお土産として喜ばれる理由のひとつ魅力です。

だからといって、ハワイで販売しているマカデミアナッツチョコなら、どれもでも満足してもらえるという訳ではありません。きちんとマカデミアナッツの大きさとチョコレートの味、そのバランスがとれているかを見極めて、購入する必要があります。

おいしいハワイアンホーストのマカデミアナッツ!気になるカロリーは?

ミルクチョコにダークチョコ、ホワイトチョコに抹茶チョコと味の種類も幅広いハワイアンホースのマカデミアナッツチョコ。おいしいので、仕事中や読書中、手元にあると思わずパクパク食べてしまいますが、女性なら気になるのがそのカロリー。

改めて確認してみたところ、定番のミルクチョコやダークチョコは100gで590kcal、ホワイトチョコは568kcal、抹茶チョコは571kcalとなっていました。

大体ごはん(約150g)、2杯半といったところでしょうか。1日に1箱一気に食べなければ、そこまで、気にしなくても大丈夫そうです。

マカダミアナッツはオーストラリアが原産?ハワイで有名な理由は?

実は、マカデミアナッツは、オーストラリア原産。にもかかわらず、「ハワイ=マカデミアナッツ」となったのには、サトウキビが深く関わっています。

サトウキビの防風林として、1880年代にハワイに移植されたマカデミアナッツ。1900年代に食べ物としても活用できるとわかってからは、大規模農園が誕生し、パイナップルを上回る生産量を誇るようになりました。

ハワイアンホースのマカデミアナッツはどこ産?

ハワイアンホーストは、日系三世・タキタニ・マモル夫妻が立ち上げたブランド。マカデミアナッツチョコの生みの親ともいわれています。そんなハワイアンホースは、ハワイ産のマカデミアナッツを使用。

油や添加物を一切使わずに、ドライローストしたマカデミアナッッツは、噛み応え十分。オリジナルのチョコレートとの相性も抜群です。

スヌーピーにハローキティ......かわいいキャラクターとのコラボ商品も発売

ハワイを連想させるシンプルなデザインが特徴的なハワイアンホーストのパッケージ。実は、キャラクターとのコラボ商品も販売しているんです。

スヌーピーにハローキティ、ミッキーマウスなど世界中の人に愛されているキャラクターはもちろん、日本でお馴染みのぐでたままで、思わず集めたくなるかわいいパッケージデザインばかり。食べ終わった後、小物入れにして、楽しむこともできますよ。

普段使いできるトートバック一緒に販売されているので、お土産としてセットで渡せば喜んでもらえること間違いなしです!

ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコって、どこで買えるの?

ハワイ土産の定番・ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコ。日本にいる時、食べたくなったら、一体どうすればいいのでしょうか。そもそも、ハワイのどこで購入できるの?なんて方もいるかもしれませんね。それでは、実際どうやって購入すればいいのか、方法と場所についても見ていきましょう。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yunkoro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう