入手困難な日本酒「十四代」とは?おすすめの飲み方と購入方法

十四代は山形県の酒造、高木酒造で醸造される最高級の日本酒です。十四代の特徴や歴史、その種類やおすすめの飲み方などまとめてご紹介します。ご褒美やお祝い、プレゼントに最高の1本を選んでみてはいかがでしょうか。

2019年2月19日 更新

最高級のプレミア日本酒「十四代」とは?

十四代という日本酒について聞いたことがありますでしょうか。山形県の高木酒造という酒蔵で製造されている日本酒で、人気が高く、最高級の日本酒と言われています。

平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会では、金賞を受賞!その質の高さが伺えますね。その種類は純米大吟醸酒以外にも、吟醸酒、純米酒などいくつもの日本酒を製造しています。

十四代はどんな特徴の日本酒なのか、その由来や種類などについてご紹介していきます。

酒蔵は「高木酒造」

十四代は山形県にある高木酒造で醸造されている日本酒です。高木酒造は1615年に創業し、以来現在まで日本酒造りを続けています。創業当初は「朝日鷹」というブランド名を使っていました。

ブランドの名前が朝日鷹から十四代に変わったのは、14代目から15代目に引き継がれるタイミングでした。何度も金賞を受賞する十四代をつくり出した裏側には、高木酒造の決して手を抜かない、こだわり抜いた酒造りへの思いがあります。

十四代という名前の由来

十四代という名前は、高木酒造の15代目総務、高木顕統氏が名付けの親。実は、名前を商標登録するときに、十四代だけでなく、十三代、十五代、十六代というすべての言葉を特許申請していたそうです。

そのとき、本来数字は特許申請が通らないものだったと判明します。しかし、十四代のみがなぜか商標特許の申請を通過することができたため、その名前に決まったというエピソードがあるのです。

十四代の種類は?

1. 十四代 本丸 秘伝玉返し

十四代の秘伝玉返しは添加するアルコールを自社の粕取り焼酎を使用しています。ラベルの十四代の文字がキラキラと輝いていて高級感がありますが、これは見た目のためだけでなく、冷暗所でも目立つようにとの理由で金色になっているのだそう。

たっぷり1,800mlなので、贈り物としてやお祝いの席にもおすすめできる最高級の日本酒です。

おすすめの飲み方

十四代、秘伝玉返しはほのかなフルーティーさが魅力の特別本醸造酒です。フレッシュなのどごしが特徴なので、すっきりしたいときや暑い夏などにもおいしくいただけますよ。クセも少ないので、客人に振舞うのもよいですね。

2. 十四代 純米大吟醸 龍泉

十四代目の純米大吟醸、龍泉は赤く独特の形をした瓶が特徴的です。そのラベルの瓶のデザインを崩さないようなデザインになっています。丸みを帯びた独特のデザインの瓶が発売当初からのものですが、現在ではもう少しシンプルなデザインのものもあるそう。

バニラのような華やかで甘い香りとやさしい甘味のある十四代らしい大吟醸です。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pom

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう